ベトナム一人旅、ニャチャンで観光しない理由。

公開日: : 旅人への道

golden_train_58

ホーチミンから寝台列車に乗って、ニャチャンに到着しました。

ホーチミンからニャチャンへ、寝台列車の乗り心地。

ホーチミンは何度も来たことがあるけれど、ここニャチャンは初めまして。

せっかくだから、それなりに観光っぽいこともする気だったのですが、そうはならなかった。



ベトナム一人旅、ニャチャンで何もしない理由

golden_train_55

久しぶりのベトナム・ホーチミン。

やっぱり苦手なバイクの大群と、節操のない交通ルール。そして35℃オーバーの暑さに1日ですっかり体力を奪われてしまい、ニャチャン行きの列車に乗った時にはどこかホッとしている自分がいました。

ニャチャンはホーチミンよりもやや暑さはマシだし、交通量だって少ないはず。おそらく難なく徒歩散策ができるだろうと、気楽に構えていたのです。

golden_train_52

しかし、私の予想は、悪い方へ大きく外れる。

ニャチャンのバイク

ニャチャンもご覧の通りのバイク天国、いや、地獄で、横断歩道はあれど信号はなく、大通りは気が遠くなるほどの道幅がある。つまり、向こう岸が遠い。泣きたくなるほど、遠い。

当初の予定では、ニャチャン駅下車後は徒歩で隆山(ロンソン)寺に行き、その後また徒歩でニャチャン大聖堂へ。街をふらつきながらホテルにチェックインして、荷物を置いてシャワーを浴びてから周辺散策。そして翌日にはポー・ナガールへ足を伸ばして遺跡鑑賞、などと考えておりました。

nhatrang_2

ニャチャン駅から、写真のおじさん4人組のおかげで(というか、勝手に後についてまわっただけ)辛くも隆山寺まではたどり着けました。

nhatrang_3

nhatrang_4

山頂に真っ白な大仏が鎮座する寺。

nhatrang_9

早朝の寺内は観光客の姿もなく、とても静か。

nhatrang_5

大仏がいるところからの眺めが素晴らしいらしいけれど、そこまで階段で登る根気はないので下から眺めるに止めました。

nhatrang_8

隆山寺をゆっくり見回れたのはいいが、どう考えてもニャチャン大聖堂へ徒歩移動できる気がしない。まっすぐ歩くだけ、たったの15分の距離なのに、絶対たどり着けないと思ってしまう。おまけに、タクシーもあんまり通ってない。日本でGrabの設定をし忘れていたことが、ここへ来て悔やまれます。ベトナムの足は今やほとんどGrabなんだよねえ。

歩きながらタクシーを探すこと数分。ようやく反対車線に空車タクシー発見、無事停車。しかしそのタクシーにすらバイクが多くて歩み寄れない、哀れな外国人(私)の様子を見かねたドライバー氏、苦笑いで下車。わざわざこちら側までお迎えに来てくれた微笑ましいエピソードから、私のどんくささがおわかりいただけますでしょうか。

いや、もうこれはどんくさいとかどうとかいう話ではない。私は遺伝子レベルでアクロスザストリートできない人種なのよ、きっと。パクチー食べられないのと一緒。のはず。

ニャチャン一人旅の過ごし方

nhatrang_11

結局、その後はタクシーに乗ってビーチ近くのホテルに直行。荷物だけ預けておくつもりが幸運にも早めにチェックインできたので、一旦落ち着き、旅の予定を大幅に変更しました。

「観光は、しない。ビーチで毎日だらだら酒を飲んで、本読んで、昼寝して、適当な店を探して腹を満たし、日が暮れたら界隈を散策して、また酒を飲む。その繰り返しで行こう」

と。

nhatrang_12

酒飲んで食べて寝るなんてこと、別に東京でもできるでしょうに。飛行機5時間乗って異国に来て、さらに電車に11時間も揺られて来た場所で、わざわざやることかね?

nhatrang_15

 

ああ、もったいない、もったいない。このもったいなくも贅沢に時間を使う旅ってのが、たまらなく楽しいのです。

交通量が多いのが難点ではあるけれど、長い長い砂浜とカラッとした気候。それなりに美味しいものが気軽に食べられるレストランがこれでもかと立ち並ぶTHE・リゾートな街、ニャチャン。

nhatrang_10

海がものすごくキレイ!というわけじゃないので、ぼんやり外から眺めるのみではあったけれど、安全快適に過ごせるビーチリゾートとしては、なかなか居心地よいところですね。日本から近いし、物価は安いし、美味しいものも食べられる。

nhatrang_13

日が落ちたら散策して、特に買いたいもののないナイトマーケットに出かけるのもまた、くだらなくて楽しい。

nhatrang_14

夜店って、もはや雰囲気を味わうところですからね。

チェンマイナイトマーケット。人気のお土産は?

ストレスになりそうな観光は、しない。

「やらないことを決める」のは、可能性をばっさり切り捨ててしまう行為である一方、迷いを消す有効な手段だなあと、改めて実感したのでありました。

nhatrang_18

そんな「何もしない」ニャチャン滞在ではありましたが、泊まったところ、食べたものなどは、改めてまとめます。

 




関連記事

white_dress

持たない旅のファッション、意外に使えたヘンな服。

基本的に、移動時にはデニムを選ぶことが多いです。 旅の荷物を減らすコツは、荷造り前のひ

記事を読む

モアルボアル旅行記

モアルボアルへの行き方。モアルボアル滞在記録その1。

セブ島滞在中、3泊4日でモアルボアルに行ってきました。 モアルボアルは旅行者に人気のダ

記事を読む

きのこスープ

スープを3日間食べ続けて旅行の疲れを癒す。

旅行から帰るとかなりの確率で増量します。で、増量分は帰宅後3日で落とす、というスタイルがここ

記事を読む

subwaysta

僕らが旅に出る理由 その2 ~世界が広いことを知った30代~

40過ぎてシェアハウスに住んだり、どんどんモノを減らしたりしているのはいつも身軽でいたいから

記事を読む

suma1608_25

須磨ドルフィンコーストプロジェクトと海の家。

そもそも観光地的なところへはあまり足を運ばない性質なのですが、それが慣れ親しんだエリアでの滞

記事を読む

hochiminh_foods_26

ホーチミン一人旅で食べたもの、コムタムとフーティウコー。

ベトナム一人旅の食記録、パート2です。 ホーチミン一人旅、ビール片手に食べたもの。

記事を読む

1905kakegawa_29

天竜浜名湖鉄道に大興奮 日本散歩・静岡県

静岡県で天竜浜名湖線に乗ってきました。 静岡といえば、昨年の夏も海を見るべくドライブしてお

記事を読む

travelbag2

身軽な旅を実現するために大切なこと。

昨年のタイ旅行でホステルの便利さにすっかりはまった私。 関連 バンコク女性一人旅。ゲス

記事を読む

moalboal-4-2

モアルボアルで使えるアイテム。モアルボアル滞在記録 その4。

4回目となったモアルボアル滞在記、今回でラストです。 参考 モアルボアルへの行き方。モ

記事を読む

cebu-esl-2w3

英会話経験ゼロから短期間で淀みなく話せるようになった人の勉強法。

フィリピン・セブ島にて4週間の短期語学留学を体験中です。 関連 社会人の学び直し、年齢

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

れんこんと塩昆布の混ぜごはん
休肝日ごはん れんこんと塩昆布の混ぜごはん、にら玉。

食のシンプル化、といえば聞こえはいいが、単なる粗食化は進行する

ny_dt_41
50を過ぎてもまだ結婚できないあの人。

先週スタートしたドラマ「まだ結婚できない男」を観ました。

なすとひき肉の塩炒め
なすとひき肉の塩炒め、トマトと豆腐のスープ献立。

わたくし徒歩フェチなものですから、休日とはいえ家から一歩も出な

1909_shioya4
海の見える家で暮らしたい。

神戸・須磨散歩の続きです。 神戸ウエストサイド景勝ハンテ

えのきのたらこ和え、キャベツと卵の炒めもの献立
キャベツと卵の炒めもの、えのきのたらこ和え献立。

続・魚卵。 休肝日ごはん たらこ豆腐丼、えのきとキャベツ

→もっと見る

PAGE TOP ↑