現実から目を背けて生きる人。

公開日: : 健康と美容

mikli

生活や精神状態の他に、ある程度の年齢になれば安定すると思い込んでいたものに、視力がある。

中年以降は手元の小さな文字が見えづらくなる、いわゆる「老眼」の症状は出てくるものの、遠くが見えづらい近視の状態は落ち着いていく。例えるならば、子供に比べて大人の虫歯は進行しにくい、みたいなもの。

んなわけない。

久しぶりに検眼をしてみたら、度数が全然変わっていてがっかりしたのでした。

実は見えてなさすぎる

どれくらい変わっていたかというと、前回(といっても5年以上前)に測定した際の度数は「-1.50」。免許を取る際に教習所の検査でひっかかって生まれて始めて作ったメガネが「-0.50」だったことを思えば、これでもずいぶん悪くなってしまったと思っていたのですが、今回の数値はなんと「-3.00」。

昨年免許更新時に視力測定パスしてるけど、あれ、絶対見えてなかった自信ある。

後悔しない生き方なんて。

だって、今のメガネかけても視力0.3くらいしか出てないもの。まあ、車は乗らないからいいとしても、見えてない。見えてなさすぎる。

しかし-3.00では過矯正な気もするので、試しに-2.75のレンズを入れてもらったところ、世界はとたんに輝いて見えました。つまり、驚くほど視界がくっきりしたのです。ああ私、これまで真実から目を背けて生きていたんだな。

現実から目を背けて生きる人

setagaya_34

毎度毎度老化ネタばかりで恐縮ですが、目といえばもちろん老眼も進んでいるし、数年前から蚊も飛んでいます。なんという中年テンプレでありましょうか。

気になる目の症状で調べる

目の前に蚊や糸くずのような物が飛んで見えたり、雲のようなものが浮いて見えたり、墨を流したように見えたりする病気を飛蚊症(ひぶんしょう)といいます。

どれもこれも、ある日突然自覚する症状ではなく、徐々に変化するものだから、体も意識もその不具合をなんとなく受け入れて、なんとなくやり過ごし、なんとなく慣れてしまい、今に至る。やれやれ、変化ってこういうものなんでしょう。

老いていくってこういうこと。

「どうですか?やっぱり、もう一段階あげましょうか?」

長年目を背けていた現実世界にひれ伏す中年の様子を伺っている眼鏡屋のお兄さんに、

「いいのいいの。世の中には知らないほうがいい真実とか、見ない方が平和なものとかね、あるじゃない」

と答えておく。

返す言葉が浮かばず苦笑いのお兄さんをよそに、数年ぶりに対峙するクリアな視界に軽いめまいを覚えるのであった。そして結局、メガネはまだ新調していない。

 

 




関連記事

頬杖をつく癖をなおしたい、ゆがみとたるみの原因になっている。

足を組む癖を止めよう、と思い立ってから約3週間が経過しました。 >>参考

記事を読む

ナチュラル志向とは無関係に、サプリを摂らない。

「4年ぶり・アンカウンタブル登板」の皮膚科受診から、2週間が経過しました。4年ぶりの診察、

記事を読む

シンプルケアはこれひとつ、にはならなかった。

昨年春に起きたトラブルが収まった後、スキンケアを変更しておりました。 関連 皮膚科で受

記事を読む

ファスティング(家断食)の記録 その7 ~感動のゴールテープ~

数年前に実施したファスティングのレポート、いよいよ最終日となりました。 この日は1週間ぶり

記事を読む

湯たんぽの意外だけど効果的な使い方。

氷のように冷たくなるつま先の冷えを根本から改善すべく、対策に乗り出した2014年の秋。

記事を読む

自炊ダイエットの効果とやり方。キツかったデニムがするり!

先日「時代は家呑みダイエット」という記事でも書きましたが、やっぱりきちんと痩せてきている、と

記事を読む

初心者 瞑想

私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」を持っているものです。

記事を読む

手湿疹ケア1ヶ月

手湿疹を治したい、から1ヶ月。現在の手の状態。

By: Ky[/caption] 長年の悩みでありながらもあまり真剣に対策を講じてこなかった

記事を読む

右軸偏位は治るのか?健康診断 心電図の結果。

旅から戻ってすぐに病院に健康診断の結果を聞きに行きました。毎年8月に健康診断を受けることに

記事を読む

ニラ納豆

食べて飲んで、人体実験。

なんだかんだで観終わった後にセンター街を抜けるのは気分的にしんどかった。 関連 見習う

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑