少ない服のコーディネイトと衣替え。

公開日: : 最終更新日:2017/04/25 ファッション, ミニマルライフ, 旅人への道

3月から4月をすっ飛ばして5月に帰国してみると日本はもう夏でした。

いや、夏は言い過ぎですね。
でも、もう結構暑い。

寒さにめっぽう弱い私は嬉しいです。

旅に出る前はまだ寒かったのでダウンジャケットを着ていた記憶が。当然、ハンガーラックには冬物がかかったままになっています。

というわけで遅ればせながら衣替えなど済ませました。

 

収納がない部屋の衣替え

衣替え、などと言ってみたものの、現在我が家には収納が一切ありません。

参考 収納がない部屋の収納を考える。

ゆえにやったことといえば

  • 冬物のアウターやストールの洗濯
  • ハンガーラックにかけていた冬物アウターをクラフトボックスに移動

以上です。

結局は嵩張る冬物衣類が視界から消えただけですが、ああ、冬は終わったんだな、と改めて実感。持ち物の数が少ないのでちょっとでも収納スペースがあれば全て収まるんだけどな…なんて思うものの、収納がないからこそここまで整頓できたという側面もあるので、まあよしとしましょう。

 

自宅に戻って感じたこと

久しぶりに現在の住まいに戻ってきてまず感じたのは

「この家はなんてきれいなんだ…」

ということ。
今回はタイとフィリピンの田舎町に滞在していたので余計そう感じるのかもしれませんが、自分がいない間もこうして綺麗に掃除してくれる人がいるというのは本当にありがたいこと。

参考 快適に過ごすせるシェアハウスの上手な選び方。

窓から心地よい風が入り、ほのかに石鹸の香りが漂う洗面所で顔を洗った瞬間、素直に感謝したくなりました。

そして自分の部屋にはまだまだモノが多いなあ、とも。

今回の1ヶ月あまりの旅で移動した回数は12回。
その間はスーツケースをぱっと開けて滞在、さっとまとめて出発、を繰り返していたわけですから相対的に自室にモノが多いと感じてしまうのでしょう。おまけに今回は自分のスペースが限りなく小さいゲストハウスのドミトリーにまでチャレンジしたものだから余計にそう思うのかもしれません。

少ない服で暮らすコーディネイト

部屋はもう少しすっきりさせてもいいかなあ、などと感じた反面、なぜかファッションに対する欲求は高まりました。
これは季節が変わったことも原因ですが、なぜだかもっとおしゃれを楽しみたいという気持ちになったのです。

そんなわけで今日は久しぶりにヒールで外出。
ネイビーのコットンカーディガンにデニム、パープルとブルーが基調の大判ストールにエナメルのパンプス、というシンプルなコーディネイトは旅の間と大きな違いはありません。それでも足元がヒールになるだけで全体の印象も自分の気分も変わるからやっぱりファッションって面白いですよね。

こんな気持ちになった時、以前なら

「よし、買い物行くか!!」

となったところですが、そこは確実に変わりました。だって、私は今日着たい服も明日着られる服も既に持っている。「おしゃれ=持っている服の数」という思考回路はどうやらほぼなくなってきたようです。

モノを持たずに身軽に暮らす

とはいうものの、少々古くなったアイテムを買い換える必要はあるし、本当に欲しいものに出会った時は迷わず購入するつもりです。私は自分の納得いくワードローブで今の自分に似合うおしゃれを楽しみたいだけで、アイテム数を絞ることに注力しているわけではないので。

ソンクランで少々焼けてしまった肌と抜けてしまった髪の色を戻しつつ、またここで日々の生活を楽しんで行こうと思います。

 




関連記事

5年以上前に買った服がよれよれになっていない理由。

By: stephen boisvert[/caption] cakesでパーソナルスタイリ

記事を読む

バッグインバッグ

荷物が少なければ鞄の中はすっきりするのか。

By: Maegan Tintari[/caption] 多くのモノを持たない生活をしている

記事を読む

予定はできるだけ少ないほうがいい。

By: flik[/caption] テキパキ動けるタイプではない。 そう自覚している

記事を読む

臭くないバブーシュ

ルームシューズの寿命、臭い。

底が抜けました。 いえね、数日前からルームシュースのヘタリ感には気づいておったのですが

記事を読む

ドミニック・ローホー シンプルを極める 成熟した自我とは。

ドミニック・ローホー氏。 シンプルライフを目指す人にはすっかり御馴染み、でしょうか。以前も著書を

記事を読む

捨てる女、出会いを求める。

あれから、ラジオをよく聴いています。 関連 好きなものだけの毎日が、出会いのチャンスを

記事を読む

今日捨てたもの 9/5 昔の部屋のカーテン。

毎日ひとつづつ捨てる月間は無事終了しました。 が、今後も何かを手放した時には備忘録とし

記事を読む

家を持たない旅暮らし。

8月ももう後半。 そして2016年も絶賛後半戦といったところですが、今年は現時点で既に

記事を読む

少ないアイテムをおしゃれに着こなしたい人におススメの本。

ミニマリスト志向の女性にとって、最も有効な断捨離方法は「洋服を減らすこと」です。 しか

記事を読む

Amazonのあわせ買い検索方法とお得に買い物する方法。

By: Stephen Woods[/caption] 先日生活用品があれこれ切れたのでAm

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

新橋ときそば
一旦上がった生活レベルが下げられない。

人間、一旦上がってしまった生活レベルは、なかなか下げられない

サンホワイト ワセリン
「最強クラス」を1週間使用した結果。

痛恨のstrongestステロイド処方から早1週間が経過。サ

天職と信じた仕事への情熱を失って。

天職への憧れを、誰しも少なからず持っているのではないか。でも

NY ホテルエジソン ツインルーム
サプリ飲み始め、初日の効果に驚く。

手湿疹対策として、ビオチンを飲み始めました。 ナチュラル志向

40代のファッション、服を変えるより簡単なやり口で。

ここ数年で、靴下を履くようになりました。まるで以前は裸足で野

→もっと見る

PAGE TOP ↑