太りたくても太れない悩みの切実さ。

公開日: : 最終更新日:2020/08/18 健康と美容

gain

先日は一時帰国中の海外在住の友人と久しぶりに会っていました。
お互いの近況報告をし合いながら、これからの計画や仕事に関するブレストをするなど、とても有意義な時間を過ごすことができて嬉しかったです。

彼女に会うのは半年振りくらいでしたが、開口一番

「...痩せた?」

と言われてしまいました。

痩せ過ぎるのもよくない、ベスト体重を再定義

blackboardheart

自分自身はおろか、毎日顔を会わせている人はお互いの変化になかなか気づかないもの。その点、久しぶりに会う人の意見は非常に重要です。

ちょうど昨日も洋服にまつわる記事で体型の変化について書いたところでした。

参考 靴と鞄に求めるものが変わってきたのを実感する40代。

春に帰国した時は自分の体が重く感じる程に太ってしまっていたので、その後意識的に減量しました。おかげで入らなくなってしまったスキニーデニムが余裕で入るようになりお気に入りのアイテムを闇に葬らずに済んだと喜んでいたのですが、体重が減るのがあまりにも急激だったので自分でも少し気になってはいました。

が、その後の健康診断ではかなりいい数値を叩き出せたのでどこかに異常があるというわけではなさそう。

この友人の指摘もあり、長年これがベストだと思い込んできた自分の「適正スタイル」を、今後はやや修正する必要があるのではないかと考え始めました。

健康的にバランスよく増量したい

私はこれまで「自分が動くのに疲れないベスト体重」を持っていましたが、40代に入った今、その数値を上方修正すべきではないかと感じています。

若い頃は多少体重が軽くても、基本的な体力や筋力がさほど衰えていないので問題はなかったはず。

が、今後のことを考えると体力の低下を補える体を作り上げる必要があるのではないかと考え始めました。もちろん体力を維持することも重要なのですが、それは強い肉体という「ベース」があってこそだと思うので。

私は太れない体質ではないし、四六時中食べることばかり考えているような人間なので簡単に太れる自信があります。実際、東南アジア暮らしでかなり太ったし。

しかし問題はいかにして「健康的にバランスよく増量するか」ですよね。

理想はウエストキープでその他の部位に肉付け。現在手持ちのボトムを買い換えなくて済む範囲の増量です。体格が大幅に変わって度々洋服を買い換えなければならない状態になるのは、少ないモノだけで生活したい私にとっては負担。ゆえに、ここは譲れません。

痩せすぎの人も太りたくて悩んでいる

checking

ところで私の友人にとても華奢な人がいます。
彼女はあまりに細すぎて体力がなく、すぐに疲れてしまうことが悩みだと言っていました。でも、体質的に太れない、と。

聞けば食べることにあまり興味がなく、人と一緒に食事するのは楽しいから好きだけれど、自分一人の時は特に空腹も感じないので食べないで済ませることが多いとのこと。

さらに

「骨だけって感じ」
「痩せすぎなんだからもっと食べなきゃだめよ!」
「努力もしないのにガリガリでいいね」

などと、人に遠慮なく言われることに強いストレスを感じるのだとか。

太りたい、痩せたい、方法は同じ

世の中は「痩せたいけど痩せられない」女性で溢れているので、ふくよかな女性に対しては面と向かって体型のことをあれこれ言うのは失礼、とされている向きがあります。逆に「太りたいけど太れない」女性に対しては結構冷たいものなのかもしれません。

実際痩せ過ぎだから太りたい、という悩みを友人に打ち明けられても

「なにそれ、嫌味?」
「そんなの食べればいいだけじゃん」
「大した悩みじゃなくない?」

など冷たい返しで済ませてしまう人も多いのではないでしょうか。これ、言われた方はかなりショックらしいので気をつけましょう。

痩せたい人向けのダイエットサプリに比較すると圧倒的に少ないと思われますが、太りたい人のための増量サプリもあるにはある模様。

太り過ぎと痩せ過ぎは大きく違うようでいて、水着に抵抗があるとか体力が不安など、悩みの内容としては似ていますね。

調べてみると太りたい人が注視すべきポイントはバランスのとれた食事、筋力アップ、栄養補給、腸内細菌を増やす、など、痩せたい人のダイエット方法とほぼ同じ。

私の場合は圧倒的に運動が足りないのは明らかなので、無理のない範囲で筋力アップに努めたいと思います。運動、キライだけど。

地獄よりも、ダンスフロアへ連れてって。




関連記事

外でランチはもう古い?ランチタイムは消えるのか。

なんと!気がつけばもう2年が経過しているではないですか。 関連 休肝日は休胃日に。夕食

記事を読む

転ぶ女。

旅先でよく転んでいる。 記憶に、そして体に傷として残って覚えているだけで、ここ半年で2

記事を読む

40代のスキンケア、冬。旅に持参したアイテムはたった2つ。

昨年の夏にスキンケアに関する記事を書きました。 参考 40代のスキンケア。基礎化粧品を

記事を読む

ほうれい線対策。寝てる間に深くなるのを防ぐ寝方は?

By: Brenda Clarke[/caption] できるこことならいつだって上を向いて

記事を読む

湯たんぽの意外だけど効果的な使い方。

氷のように冷たくなるつま先の冷えを根本から改善すべく、対策に乗り出した2014年の秋。

記事を読む

カラーバターで白髪は染まるのではないか疑惑の結果。

カラートリートメントの一種であるカラーバターなるものがあります。 ジャー入りでペースト

記事を読む

「らくらくホン」の衝撃。

普段の生活はコンタクトで。手元の作業や読書など、細かい字を見るシーンではリーディンググラスを

記事を読む

パドルブラシ

湯シャン生活9ヶ月。一度もシャンプーしたことがない髪。

By: Dennis Wong[/caption] シャンプーを使わなくなってから9ヶ月が経

記事を読む

カリッとした毎日。白湯。

朝は一杯の白湯を飲むことから始める。

朝が早いからか、ここ数日ぐっと冷え込んできたように感じます。 うーんめっきり秋っぽい。

記事を読む

カオカオヘラヘラ 踊る女。

スポーツとか筋トレ的なことがとにかく苦手なので、体を動かすのならば踊りがいいのではないか。そ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

https://crispy-life.com/tag/%e7%84%bc%e9%85%8e/
鶏もも肉のソース焼き、タアサイのスープ献立。

卵とじやらそぼろあんかけやら、おじいちゃんが好みそうなやさし

「何もしない」に、忙しい。

さわやかな週末でございましたね。雲ひとつない青空の下、ご近所

新玉ねぎと卵の炒めもの、キャベツのツナ和え献立。
新玉ねぎと卵の炒めもの、春キャベツとツナのサラダ献立。

新玉ねぎに春キャベツの並び。積極的に季節を生活に取り込むぞと

今年の春こそ環境改善。

一体いつからこの話をしていたのでしょうか。身軽で簡素でモノが

牛肉とにんじんの塩煮献立
にんじんと牛肉の塩煮、白菜と落とし卵の味噌汁献立。

大ぶりに切ったにんじんがメインのおかず、牛肉とにんじんの塩煮

→もっと見る

PAGE TOP ↑