太りたくても太れない悩みの切実さ。

公開日: : 最終更新日:2020/08/18 健康と美容

gain

先日は一時帰国中の海外在住の友人と久しぶりに会っていました。
お互いの近況報告をし合いながら、これからの計画や仕事に関するブレストをするなど、とても有意義な時間を過ごすことができて嬉しかったです。

彼女に会うのは半年振りくらいでしたが、開口一番

「...痩せた?」

と言われてしまいました。

痩せ過ぎるのもよくない、ベスト体重を再定義

blackboardheart

自分自身はおろか、毎日顔を会わせている人はお互いの変化になかなか気づかないもの。その点、久しぶりに会う人の意見は非常に重要です。

ちょうど昨日も洋服にまつわる記事で体型の変化について書いたところでした。

参考 靴と鞄に求めるものが変わってきたのを実感する40代。

春に帰国した時は自分の体が重く感じる程に太ってしまっていたので、その後意識的に減量しました。おかげで入らなくなってしまったスキニーデニムが余裕で入るようになりお気に入りのアイテムを闇に葬らずに済んだと喜んでいたのですが、体重が減るのがあまりにも急激だったので自分でも少し気になってはいました。

が、その後の健康診断ではかなりいい数値を叩き出せたのでどこかに異常があるというわけではなさそう。

この友人の指摘もあり、長年これがベストだと思い込んできた自分の「適正スタイル」を、今後はやや修正する必要があるのではないかと考え始めました。

健康的にバランスよく増量したい

私はこれまで「自分が動くのに疲れないベスト体重」を持っていましたが、40代に入った今、その数値を上方修正すべきではないかと感じています。

若い頃は多少体重が軽くても、基本的な体力や筋力がさほど衰えていないので問題はなかったはず。

が、今後のことを考えると体力の低下を補える体を作り上げる必要があるのではないかと考え始めました。もちろん体力を維持することも重要なのですが、それは強い肉体という「ベース」があってこそだと思うので。

私は太れない体質ではないし、四六時中食べることばかり考えているような人間なので簡単に太れる自信があります。実際、東南アジア暮らしでかなり太ったし。

しかし問題はいかにして「健康的にバランスよく増量するか」ですよね。

理想はウエストキープでその他の部位に肉付け。現在手持ちのボトムを買い換えなくて済む範囲の増量です。体格が大幅に変わって度々洋服を買い換えなければならない状態になるのは、少ないモノだけで生活したい私にとっては負担。ゆえに、ここは譲れません。

痩せすぎの人も太りたくて悩んでいる

checking

ところで私の友人にとても華奢な人がいます。
彼女はあまりに細すぎて体力がなく、すぐに疲れてしまうことが悩みだと言っていました。でも、体質的に太れない、と。

聞けば食べることにあまり興味がなく、人と一緒に食事するのは楽しいから好きだけれど、自分一人の時は特に空腹も感じないので食べないで済ませることが多いとのこと。

さらに

「骨だけって感じ」
「痩せすぎなんだからもっと食べなきゃだめよ!」
「努力もしないのにガリガリでいいね」

などと、人に遠慮なく言われることに強いストレスを感じるのだとか。

太りたい、痩せたい、方法は同じ

世の中は「痩せたいけど痩せられない」女性で溢れているので、ふくよかな女性に対しては面と向かって体型のことをあれこれ言うのは失礼、とされている向きがあります。逆に「太りたいけど太れない」女性に対しては結構冷たいものなのかもしれません。

実際痩せ過ぎだから太りたい、という悩みを友人に打ち明けられても

「なにそれ、嫌味?」
「そんなの食べればいいだけじゃん」
「大した悩みじゃなくない?」

など冷たい返しで済ませてしまう人も多いのではないでしょうか。これ、言われた方はかなりショックらしいので気をつけましょう。

痩せたい人向けのダイエットサプリに比較すると圧倒的に少ないと思われますが、太りたい人のための増量サプリもあるにはある模様。

太り過ぎと痩せ過ぎは大きく違うようでいて、水着に抵抗があるとか体力が不安など、悩みの内容としては似ていますね。

調べてみると太りたい人が注視すべきポイントはバランスのとれた食事、筋力アップ、栄養補給、腸内細菌を増やす、など、痩せたい人のダイエット方法とほぼ同じ。

私の場合は圧倒的に運動が足りないのは明らかなので、無理のない範囲で筋力アップに努めたいと思います。運動、キライだけど。

地獄よりも、ダンスフロアへ連れてって。




関連記事

おなかぶよぶよ大作戦。

お腹ぶよぶよ大作戦。 というタイトルを下書きに入れたまま数週間が経過していました。

記事を読む

今日捨てたもの イッチスクラッチサイクル。

By: Jason Trbovich[/caption] 得意のLINEスタンプ顏を封印して

記事を読む

歯の詰め物をセラミックに変える。

この夏、もっとも大きな買い物をしました。 夏どころか、現時点では2017年度でも上位入

記事を読む

ホーム感、アウェー感。

「バリウムでアレルギー症状が出たことはありますか?」 問診で聞かれて、あ、そういや私、

記事を読む

続けて、変える。秋の健康・美容計画 2015。

By: Kevin Dooley[/caption] いやあ、寒くなりましたね。 新し

記事を読む

持っていることを忘れていたもので助かる。

足が妙にしんどいな。珍しくそんな風に感じるここ数日。 しんどいという表現はえらく抽象的

記事を読む

白髪ケア カラートリートメントジプシー卒業なるか。

毎度辛気臭い話ですみません、白髪ネタです。 先日バッサリ髪を切りまして。 田舎暮らしや社会貢

記事を読む

脱シャンプーの臭いと白髪問題。シャンプーを止めて6ヶ月が経過。

シャンプーを使わなくなって半年以上経ちました。 参考 湯シャン生活の記録 つい先

記事を読む

乾いた人生、シンプル・やめるが正解ではない。

By: Stein Magne Bjørklund[/caption] 思い返せばいつも乾燥

記事を読む

自力治療のその後と、新たな強敵の存在。

昨年の今頃は、手荒れに苦しんでいたのだなあ。 元々肌が弱く、幾度も手湿疹などの症状に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

100均に寄り付かない人間がまとめ買いしたもの。

ものを増やさずにシンプルに暮らしたい。そう考える人にとって、

納豆チーズオムレツ
納豆チーズオムレツ、なめこおろし献立。

居酒屋で見かけるとつい頼んでしまいたくなる地味メニュー、納豆

強力美白サプリの作用で、白髪は増えてしまうのか。

アトピーが原因で両腕に残ってしまった色素沈着のケアを記録して

納豆炒めのチシャ包み
「包みまくる」という、ぜいたく。

パリッとみずみずしい葉野菜、チシャ。いいですよね、大好きです

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

→もっと見る

PAGE TOP ↑