そのままでいいのに、手を入れるからダメになる。

公開日: : 最終更新日:2018/11/07 生き方と考え方, 読書, 食べること

炊飯器はいるのかいらないのか

白ご飯の旨さは冷めていた方がよくわかるものであり、炊きたてこそが美味いというのはむしろ思い込みである。

先日読んだ「おいしいもののまわり」にそんなことが書いてありました。

曰く、昔は炊きたてのご飯は贅沢品だったので家長や長男しか食べることができなかった。その特別感へ憧れから、ご飯は炊きたてが最高!みたいな考えが根付いているのではないか、と。

言われてみれば、そうかもしれん。未経験どころかこの目で見てもいない大昔の風習に未だになんとなく縛られているなんて、おかしなものですね。



そのままでいいのに、手を入れるからダメになる

 

普段の食事ではあまり白ご飯を食べない生活の私。当然炊飯機会は少ないのですが、現在の食生活になる前から炊飯器の保温機能が嫌いでした。

減らす計画、炊飯器はいるのかいらないのか。

保温したまま時間がたったご飯って美味しくないし、白ご飯をわざわざずっと温めておく必要性も感じられない。よって、炊飯器はその名の通り炊飯のみに使用しており、保温することはほとんどありませんでした。炊けたら出して、小分けにして即冷凍。

家族がいるなら保温機能の使い道もいろいろあるのでしょうが、一人暮らしの食卓ではまず不要。そのままで十分おいしいのに、なんとなく便利そうな家電に頼ってわざわざ不味くして食べるってのは本末転倒というか、悲しみさえ漂うお話ではありませんか。

などと偉そうな口を叩いてはおりますが、その昔弁当生活を謳歌していた時代はありがたくタイマー炊飯を活用していたんですけどね。

今日捨てたもの 憧れの曲げわっぱ弁当箱。

便利家電なんて云々いいながら、結局は自分だって文明の利器に頼り切って生きているのであります。

贅沢ってそういうこと

ガサエビ丼

もちろん、頼る利点があるからこそ偉い人がいろいろ開発してくれるのであって、新しい機能になんでもかんでもダメだしするつもりはありません。そして、手をかけ暇をかけ、こそが愛情だとも思わない。

働いていないという罪悪感。

道具はうまく使ってこそ生きる。何に重きを置くか、何を選び、何を捨てるかは、人それぞれ違うのだ。

本書には炊きたてのご飯しか食べられないという男性は、炊きたてこそが至高と思い込んでいるお母様によっぽど大事に育てられらんだろうとか、味のついていない白いご飯を食べられない子供はまだ本当に美味しいご飯を食べたことがないのではなどという記述もあり、たかが白ご飯ひとつからでも見方を変えればさまざまな想像ができるものだなと不思議な気持ちで読み進めました。

料理人の切り口で語られる食や道具について読んでいると、ていねいな暮らしとは縁のない私でも、きちんと正しい手順で炊いたご飯をおひつに移して、ふっくら旨い頃合いを見計らって食べてみたくなりますね。塩むすびに純米酒の組み合わせって、意外とイケるしね。ご馳走って、贅沢ってそういうこと。

見習うべきは、ていねいな暮らしなんかじゃない。

汚れの目立つ白いエプロンをあえて選ぶってのもいいな。私のような粗忽者が台所で白なんてまとったらば初日でダメになることは目に見えているけれど。

 




関連記事

160806ph_1

フィリピン航空(PAL)で行くセブ島、ロストバゲージを体験。

まあなんとかなるでしょう、と悠長に構えていたのですが。 関連 スーツケースの重量と関西

記事を読む

adventure

年を取ってから気づいた、人生で失敗したこと。

若い頃にはわからないけれど、歳を重ねたら気づくことって確かにあるものです。 参考 年を

記事を読む

heartcake

年末恒例 自分へのご褒美。 それ、ホントに嬉しいの?

年末商戦。 この時期になるとやたらと「自分へのご褒美に」というコピーがあちこちで躍るように

記事を読む

141121d2

家飲み献立 11/21 VIRONのレトロドールにヴァッケビアンケで赤白ワイン。

ボジョレーとは無関係にワインを飲もうと決めた金曜日。 東京駅近くにいたので、前から試してみ

記事を読む

愛知の酒 奥

愛知の酒 夢山水十割 奥 旬 季節限定 純米吟醸原酒で晩酌 まぐろ納豆。

来た、来ましたよ。 ぽっかりと穴が空いたままで後ろ髪を引かれていた日本酒全国ツアー、愛知県

記事を読む

油揚げの卵とじ

家飲み献立 3/22 蒸し鶏の葱ザーサイのせ、油揚げの卵とじ

今年は桜の開花がやや早め、ですよね。 4月に入って1週間くらいしたら見頃だろうと思って

記事を読む

益子高舘山 権現

栃木の酒 益子高館山 権現で晩酌 秋鮭の蒸し焼きおろしポン酢、水戸納豆。

順調に歩を進めている酒の旅。 旅、と言っても毎回いろんな土地の酒を選んで呑む、というだ

記事を読む

By: art_inthecity

平凡な毎日を楽しむことと、変えない怠慢は別のもの。

By: sushi♥ina[/caption] 他愛もない日常を暫く綴り続けていると、ふと自

記事を読む

せせり鍋

一人鍋で晩酌 鶏の塩鍋。

冷蔵庫を空にして出かけるために、鍋は外せません。 まあそうでなくても冬場は鍋率が高くな

記事を読む

160829_ienomi2

鶏もも肉と桃と泡。

小ぶりな桃が店頭に並んでいたので思わず手に取る。 果物は全般的に好きですが、桃は中でも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAG_1
40代の冬の服、可愛いと若作りの間で。

眠らせてしまいがちなアイテムの活用に成功している今秋。

秋刀魚と小ねぎのスパゲティ
秋刀魚と小ねぎのスパゲティで白ワイン。

秋刀魚、まだまだ行きますよ。 前回は贅沢(?)にも好物の

rerise_2
白髪染めをやめたらどうなるか。

新しい白髪ケア用ヘアカラーを使い始めて、約1ヶ月が経過しまし

砂肝とねぎの塩炒め
砂肝のねぎ塩炒め、焼きしいたけ献立。

今夜は砂肝が食べたい。すごく食べたい。 そんな衝動に突き

掃除機はいるのかいらないのか
片付けの快感、ささやかなカタルシス。

掃除や片付けといった家事は取り掛かるまでは面倒極まりなくても、

→もっと見る

PAGE TOP ↑