「あなたみたい」と、言われても。

公開日: : 最終更新日:2020/09/09 生き方と考え方

最近、またまたFacebookのアカウント乗っ取りが流行っているようです。

メッセンジャーに送られる

「これ、あなたみたい」

というメッセージと動画リンク。クリックすると、自身が繋がっているアカウントへ無差別に同様のメッセージがばら撒かれる、仕組みなのか。多分。

この手のヤツ、私のアカウントにも何通か届きましたよ。

「あなたみたい」と、言われても。

うっかりスパムの媒介役となってしまった知人友人らは、平謝りしながら対処方法についてポストしたり、個々に謝罪メッセージを送ったり。

そんな様子を眺めていると、偉いなあ、と思うわけです。大人の対応だと。

さて、この手のメッセージが届いても、私はまず開きません。

なぜなら、普段やり取りをしている相手はほぼ限られており、久しぶりの相手から送られてくるメッセージにしては挨拶もなく簡素すぎるし「あなた」という呼びかけも、距離が近すぎてヘンだから。

さらに言うと、この手のメッセージじゃなくても、メッセージ自体を開かない。定期的に連絡が来る友人知人以外が、わざわざコンタクトを取って来るとは考えられないし、来たとしてもどう対処していいかわからない。

つまり、普段この手のツールでコミュニケーションを取っているリアル知人があまりにも少ないので、スパム手法にはひっかかりようがない。という、孤独人間らしさ満載のエピソードであります。それがどうした、と言われても、どうもしない。

おひとりさま、寂しい老後の真実は。

逆に、メッセージを瞬時で確認しちゃう人って、日頃から多くの人と頻繁に連絡を取り合っている人とか、久しぶりの相手にもかしこまらない人、はたまたリンク先を見ずにはおれない好奇心旺盛な人、ではなかろうか。

もちろん、リテラシーが低いとか、危機管理意識の希薄な人も含まれるでしょうが、個人的にはマイナスの印象はない。むしろプラス。こちらが大した被害を被っていないから呑気に褒め称えていられるんだけど、ガセネタを故意に拡散させるような行為とは違って、さほど責められることでもないんじゃないでしょうか。

そもそも、リアルにソーシャルなネットワークを持たない私がFacebookのアカウントなぞを保持している意味はあるんだろうか。今は仕事で使うこともイロイロあるけども、それが終わったらもう不要かな。

40代のおひとりさま暮らし




関連記事

将来に不安を感じることには意味がない。

By: Loren Kerns[/caption] 「ブレない人」 その響きはものすご

記事を読む

疲れやストレスが原因で歯が痛むことはあるのか。

歯が痛い。 先週だったでしょうか、久しぶりにそんな感覚がやってきました。 歯科通

記事を読む

忙しいのはイヤだけど、余白多すぎもまた問題。

師走は忙しいものと相場が決まっておりますが、いかがお過ごしでしょうか。みなさまがたのただでさ

記事を読む

モノを減らせば時間の余裕ができる。その時間をどう使う?

改めて書きます、といったまま書くのを忘れていたことがありました。 参考 モノを持たない

記事を読む

手書きで馬鹿が2割り増し。

悪い意味で驚きの記憶力なので、メモ必須、メモ大事。 改めてそう考える秋であります。

記事を読む

毛穴を維持する生き方。

新しい鏡の前で髪をくしゃくしゃとセットしていて、後頭部に違和感、というか、異物を認める。

記事を読む

こんにちは、の先制打。

By: 4johnny5[/caption] 改めて告げるまでもないのですが、割と単独行動が

記事を読む

見習うべきは、ていねいな暮らしなんかじゃない。

「ていねいな暮らし」なる表現がものすごく苦手なのは、自分がその対極に位置する人間だからという

記事を読む

魂の退社 50代で会社を辞めるという決意。

By: Vincepal[/caption] 「とにかく逃げ切り世代のやり方についていけなかった

記事を読む

40代半ば、最年長である場面が増えていく。

歳を取ったからといって、偉くも賢くもなれませんね。 だから年長者を敬う気持ちなんて不要

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

非常食の賞味期限を切らしがち問題。

多分やっちゃうだろうなと思っていたら、まんまとやらかしました

多機能とシンプルさの間で揺れる。

先日、以下のメールが届きました。 この度はお役に立てず

粗食献立
味噌汁とごはんだけの夕食週間2020。

毎日の晩酌をことのほかたのしみに生きている私ですが、しばらく

ストロベリーフィールズ
自分だけしか真実を知らない世界で生きる。

宣言した通り「YESTERDAY」を観ました。大規模な停電と

腹が痛くなるまで笑っていない。

とんでもなく愉快な様子や爆笑するさまを表す言葉に、腹を抱える

→もっと見る

PAGE TOP ↑