「あなたみたい」と、言われても。

公開日: : 最終更新日:2020/09/09 生き方と考え方

最近、またまたFacebookのアカウント乗っ取りが流行っているようです。

メッセンジャーに送られる

「これ、あなたみたい」

というメッセージと動画リンク。クリックすると、自身が繋がっているアカウントへ無差別に同様のメッセージがばら撒かれる、仕組みなのか。多分。

この手のヤツ、私のアカウントにも何通か届きましたよ。

「あなたみたい」と、言われても。

うっかりスパムの媒介役となってしまった知人友人らは、平謝りしながら対処方法についてポストしたり、個々に謝罪メッセージを送ったり。

そんな様子を眺めていると、偉いなあ、と思うわけです。大人の対応だと。

さて、この手のメッセージが届いても、私はまず開きません。

なぜなら、普段やり取りをしている相手はほぼ限られており、久しぶりの相手から送られてくるメッセージにしては挨拶もなく簡素すぎるし「あなた」という呼びかけも、距離が近すぎてヘンだから。

さらに言うと、この手のメッセージじゃなくても、メッセージ自体を開かない。定期的に連絡が来る友人知人以外が、わざわざコンタクトを取って来るとは考えられないし、来たとしてもどう対処していいかわからない。

つまり、普段この手のツールでコミュニケーションを取っているリアル知人があまりにも少ないので、スパム手法にはひっかかりようがない。という、孤独人間らしさ満載のエピソードであります。それがどうした、と言われても、どうもしない。

おひとりさま、寂しい老後の真実は。

逆に、メッセージを瞬時で確認しちゃう人って、日頃から多くの人と頻繁に連絡を取り合っている人とか、久しぶりの相手にもかしこまらない人、はたまたリンク先を見ずにはおれない好奇心旺盛な人、ではなかろうか。

もちろん、リテラシーが低いとか、危機管理意識の希薄な人も含まれるでしょうが、個人的にはマイナスの印象はない。むしろプラス。こちらが大した被害を被っていないから呑気に褒め称えていられるんだけど、ガセネタを故意に拡散させるような行為とは違って、さほど責められることでもないんじゃないでしょうか。

そもそも、リアルにソーシャルなネットワークを持たない私がFacebookのアカウントなぞを保持している意味はあるんだろうか。今は仕事で使うこともイロイロあるけども、それが終わったらもう不要かな。

40代のおひとりさま暮らし




関連記事

よその子を勝手に可哀想がるの謎。

By: Joel Kramer[/caption] 子供の頃、変身もののアニメをよく見ていま

記事を読む

47歳からのニューヨーク留学 夢と現実と厳しさと。

先日ちらっと触れた本、読み終わりました。 白髪のロングヘアが与える印象。 「9番

記事を読む

作業効率、環境づくり。動けなくなって改めて考えたこと。

By: Thomas Duesing[/caption] 腰の痛みに翻弄された今週。

記事を読む

無印は買うな、の本当のところ。

By: Timothy Vollmer[/caption] 若かりし頃勤めていた会社での出来

記事を読む

自由きままに生きることの不自由さ。

By: Lauren McKinnon[/caption] 自由とは、辞書によれば 「

記事を読む

私を幸せにしてくれるブランドのちから。

モノに依存しない生き方、ねえ。 そこまで達観できたらいいなあと思うし物欲と煩悩にまみれ

記事を読む

おしゃれコンプレックスの正体。

By: ParisSharing[/caption] 自分のファッションセンスがずっとコンプ

記事を読む

今では全く共感できないSATC。

懐かしのドラマ「SEX and the CITY」がプライムに来ていたので思わず全話見直して

記事を読む

白髪のロングヘアが与える印象。

そうそう、誕生日といえば。 定型文メッセージの恐怖と、再開のタイミング。 先日知

記事を読む

おばさんバンザイ。

By: Matthew G[/caption] 「人間ある程度の年齢になると、男性は女性化し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

女は40から!とは、全然思えない。

テレビを持っていないので、しばらくは全く見ていなかったドラマ

親子煮、キャベツのわさび白和え献立。

酒のつまみとしての卵とじ、結構好きです。出汁をきかせてあくま

50歳目前での仕事探し。

2021年初の歯科検診にいってまいりました。歯科通いもかれこ

キャベツの味噌汁 ぬか漬け カブのサラダ ゆずドレッシング 里芋ネギ炒め
里芋のねぎ塩炒め、かぶのサラダゆず風味献立

手軽に使える食材であるいも類でありながら、下ごしらえがなかな

2020年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返ってああだこうだ書く行為も、すっかり恒

→もっと見る

PAGE TOP ↑