チェンマイの寺でお坊さんに教わったシンプルな瞑想法。

公開日: : 最終更新日:2017/05/01 ミニマルライフ, 旅人への道, 生き方と考え方

チェンマイ 瞑想

今回チェンマイまで足を伸ばしたのはとあるお寺で瞑想を体験するためでした。

参考 タイ チェンマイで瞑想修行。

「修行」というほど大げさなものではなく、お坊さんのお話を聞いて、一緒に瞑想して、をただ繰り返すというかなりのほほんとした体験。

もともと瞑想には関心があったものの仏教徒でもなくスピリチュアル関連も苦手な私。勢いで参加したものの、実際に体験するまでは少々不安がありました。

チェンマイで教わったシンプルな瞑想方法

シンプル 瞑想

宗教的な話ばっかりされたら嫌だなー、洗脳とかされないよね?なんて考えなくもなかったのですが、そんなことは全くなく、非常に温和で柔軟な思考を持つお坊さんに瞑想方法を教えていただきました。

気楽だったのはお坊さんが

「私はもちろん仏教徒ですが、世の中にはいろんな宗教を信じている人がいる。瞑想に興味があるけれど私は他の神を信じています、という人もいていいんですよ」

と言われたこと。なんとウェルカムなんでしょうか。洗脳の心配とか馬鹿みたいでした。

さて今回教わったのは「座り瞑想」と「歩き瞑想」の2つです。

座り瞑想の方法

  1. 楽な体勢で座禅を組んで座る
  2. 指を体の前で組む
  3. 「プッ」(吸う)「トー」(吐く)のリズムで呼吸する
  4. 目を閉じ、呼吸に意識を集中させる

歩き瞑想の方法

  1. 両足を揃えて立つ
  2. 「歩く」と決める
  3. 「右」「左」と出す足を確認しながら小さい歩幅で歩く
  4. 左右の足を交互に出すことに意識を集中させる

 

これだけ。

いや、お坊さんこれじゃわかりませんて!!本に書いているのと何も変わらないし!

と正直思いました。

実際、お寺に通っている間ずっと瞑想をしていたけれど、

「ああ、これが瞑想か!」

という境地には一度も至らず。

チェンマイまで行った意味はあったのか

チェンマイ 瞑想

と、これだけだと

「わざわざチェンマイまで行ったけど収穫なしでした~」

という話みたいですが、そうではありません。

わざわざここまで来たんだからどうしても効果的な方法とか瞑想で得られるメリットとかそんなことを教わりたい!なんて考えていた私。もちろんそれは決して間違いではないんですが、実は瞑想に成功も方法論もないのかも、と思い至りました。

というのも、最終日にお坊さんが

「あなたが、そして世界中の人々が今後もっと成功して、幸せを感じられるようにお祈りしますね」

と言われ目を閉じて過ごした数分間は、自分の感覚が妙に研ぎ澄まされ、意識が内側に向いて、とても静かで心地よい時間だったから。

ああ、方法論云々じゃなくて、この経験はきっと自分の人生に後々効いてくるんだろうな、という確信めいたものを感じたのです。

そもそも私が瞑想に興味を持ったのは自分のとっちらかった頭の中を整理する方法として有効だと感じたから。別に瞑想マスターになろうとか、瞑想の真実を探りたいとか、宇宙のしくみ云々なんていうのが目的ではなかったのです。

「今に意識を集中するだけで得られる心地よさが本当にあるんだな」

それがわかっただけでも十分でした。

今に集中する一番簡単な方法

初心者 瞑想

その後、お寺での瞑想体験のことを思い出すにつれ、あることに気がつきました。

瞑想で得られるのが

「過去や未来に纏わる雑念に惑わされることなく今この瞬間に意識を集中することで得られる心地よさ」

だとしたら、私はブログを書くことでその時間を過ごせているなあ、と。

もちろん書く時はいろんなことを考えながら、思い出しながら書いている訳ですが、基本的には「書く」ことに集中しています。というか、集中しないと書けません。他のことをあれこれ考えながら文章を書くほど私は器用ではないのです。

今やっていることに集中する。これって意外に難しい。

歩いている時とか、スマホでなんとなくブラウジングしている時とか、食事中とか、あるいは誰かの話を聞いている時でさえ、私たちはそれらを器用に「ながら」でこなしてしまいます。気の乗らないミーティング中にああ、これが終わったらあの書類作らなきゃ、なんてついつい別のことを考えてしまうなんていう経験が誰にでもあるはず。先輩や上司に「常に先のことを考えながら行動すべし」なんて教えられた経験もあるでしょう。

でも、今やっていることに集中して取り組めばまた違った世界が見えてくるかもしれない、とも思うのです。

残念ながらちょっと教わったくらいでは瞑想マスターにはなれませんでしたが、自分が集中できる時間を既に持っているのだと改めて気付けたこと、そして自分が陥りがちな思考の癖についてもハッキリ認識できたことなど、いろいろ得たものが多かったチェンマイの旅でした。

参考 瞑想、スパ、ヨガ。参加者の92%が女一人旅 癒しの旅




関連記事

今日捨てたもの 5/10 最後のブラウン系。

By: David Goehring[/caption] 今回の旅を最期の舞台にしよう、と決

記事を読む

2016年、買ってよかったものベスト3。

月初といえば毎度お馴染み定期ポスト、なのですが。 関連 これまでに捨てたものリストと買

記事を読む

新生活にパンツを100枚。

昔勤めていた頃、転勤ではじめての一人暮らしをすることになった後輩(26歳・男性)が 「

記事を読む

40代のファッション、無難さに逃げない方向で。

手持ちの服を使って今の時期のコーディネイトを複数組む。という仕事をしていて、あれ、こりゃ結構

記事を読む

実は嫌味を言われているとなぜ気づけたのか。

先日ツイッターのタイムラインに流れてきた、このまとめを読んで。 会社で「いつも爪がきれ

記事を読む

携帯電話を止めたのが一番よかったことかもしれない。

By: eyeliam[/caption] 昨年はいろんなモノを捨てたり、処分したり、手放し

記事を読む

スーツケースの重量と関西国際空港第一ターミナルの電源カフェ。

関空から出発するのは3年ぶりくらいでしょうか。 今回は同時期に関西方面にも用があったの

記事を読む

パソコンを眺めて1日が終わる。

恐ろしいのであまり考えたくはないのですが、就寝時間を除いた18時間のうち、相当な割合を画面凝

記事を読む

チェンマイ 瞑想

仕事を捨て去る。

気分的にはすでに年末大掃除ということで、空き時間にぽちぽち整理。 関連 今年中に捨てた

記事を読む

ファッショニスタから学ぶ、最高に楽しく生きる人生の極意。

By: Freya Spargo[/caption] この映画、日本に来ないのかしら?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

約10年ぶりにスマホを買った話。

いや、10年じゃきかない。「買った」という行為を軸に考えるな

アボカドの水耕栽培
癒しを必要としていない人が癒されている。

アボカドの水耕栽培にチャレンジしています。冒頭の写真は、連休

40代一人暮らしの晩御飯
40代一人暮らし、質素で豪華な普段の姿。

しつこいですが、平日禁酒中です。十味敗毒湯で「美鼻」を目指す

私なんて信用されなくて当たり前。

故郷ではしゃぎ倒したゴールデンウィークももはや遠い昔に思える

野菜たっぷり餃子とビール
餃子と漬ものとビールは、幸せの完成形。

平日の酒断ち継続中の今、過去の晩酌写真がいつもより魅力的に見

→もっと見る

PAGE TOP ↑