きのこディップで赤ワイン。

公開日: : 最終更新日:2017/06/19 家飯, 食べること ,

きのこのディップ

連日暑苦しいシチューネタで失礼します。

酒粕を使ったクリームシチューが思いの外シチューだったので、こりゃ赤ワインにもいいんじゃないかと思った次第。

シチューにも入れた椎茸の残りを早く食べてしまいたかったので、バケットに合うディップ的なものを添えてみました。

あくまでもディップ的でありディップに非ず、です。

きのこのディップ、酒粕クリームシチューで赤ワイン

きのこのディップと赤ワイン

  • グリーンサラダ
  • バケット
  • 酒粕クリームシチュー
  • きのこのディップ

酒粕クリームシチュー

酒粕クリームシチュー

昨日の残りもの。本日はワインと合わせたので白ボウルに盛りました。

きのこのディップ

きのこのディップ

フライパンにオリーブオイルと潰したにんにくを入れ弱火にかけます。香りがたったらみじん切りにした椎茸とえのきを加え酒を振り入れて蓋をし蒸し煮に。火が通ってカサが減ったら塩、胡椒で味付けして器に盛ります。バケットを添えて。

きのこ類はどちらかというと白を合わせたい食材ですが、濃厚な香りの椎茸ならば赤でも戦える。結果この組み合わせでよかったです。フードプロセッサーでガーッとペースト状にすればよりそれらしくなるのでは。

あとは彩りのベビーリーフのサラダを合わせた簡単ワイン晩酌献立。調理らしい調理ははきのこを刻む過程だけですね。ほぼ何にもしてないですね。

ワインを飲む日のおつまみ

きのこ刻んだだけのメニューについてしつこく書くのもどうかと思いますけども、きのこに酒を加えたのは白ワインを切らしていたからです。この組み合わせなら普通酒じゃなくて白ワイン入れるよね。

が、よくよく考えてみればシチューだって酒粕入れてるんだし、ディップに酒使ったところで何かが大きく崩れることはないだろう、と判断しました。

椎茸消費策というやや後ろ向きなきっかけにて食卓に登場したこのきのこディップですが、なかなかいけます。きのこの風味が強いので塩を控えめにしても物足りなさはなく、美味しいバケットにのせればワインがぐんぐん進む。

進むよ。

使い切りたかったとはいえ、ちょっと刻み過ぎちゃったかしらきのこの山を前にビビったけれど、いくら山と積んでもきのこのきのこ。難なくぺろっと平らげてしまいました。

きのこはいくら食べても軽くていいよね、と書きかけて、バケットも肉団子も食べてるんだから全然軽くなかったわと気づく。

そりゃ満腹になるわな。

 




関連記事

焼きネギ、紅芯大根のはちみつ甘酢漬け

白和え、焼きネギ、紅芯大根のはちみつ酢漬けで晩酌。

晩酌は毎日のことなので、残りものや余り食材をスライドさせて翌日に消費するなんてのは日常茶飯事

記事を読む

水菜とエリンギの塩ポン酢和え

晩酌献立 9/15 塩豚と大根のしょうが蒸し、水菜とエリンギの塩ポン酢和え。

驚きの品薄。 そして、野菜がちょっと怯むくらいに高い。 台風の影響もあるのでしょ

記事を読む

焼きかぶのトマト和え

焼きかぶトマト和え、キャベツとしょうがのスープ献立。

毎度のことながら、食材使い切り週間の献立は珍妙さが増しますね。 焼きかぶのトマト和え、

記事を読む

嵐のよるに。

40年以上生きていれば否が応でもいろんな経験をしてしまうもの。長く生きていればその分災害に合

記事を読む

鶏もも肉のパリパリ焼き献立

鶏もも肉のパリパリ焼き、ほうれん草ときのこのゆずびたし献立。

鶏肉の皮って美味しいけどちょっと避けたいパーツでもあります。 茹でた時の皮ってぶるんと

記事を読む

鯖缶と玉ねぎのサラダ レシピ

塩豚と大根のスープ煮、鯖缶と玉ねぎのサラダ。

ここ数日柑橘熱が高まって食後にぽんかんやらいよかんやらを食べています。 が。 外

記事を読む

手羽先のナンプラー漬け焼き

手羽先のナンプラー漬け焼き、えのき梅おろし献立。

骨つき肉にかぶりつきたくなったので、手羽先です。 手羽先ってのはいついかなる時も骨つき

記事を読む

塩豚とじゃがいものオイル焼き 献立

塩豚とじゃがいものオイル焼き、キャベツのおかか和え。

微妙な面構えの写真を晒してすみません。 と、いきなり謝罪。 いやあ、春ですね。

記事を読む

じゃがいもと白ネギのアンチョビグラタンで白ワイン。

焼酎をあんまり飲まなくなったので、ここのところの晩酌はほとんどが日本酒。たまにワイン、夏にな

記事を読む

外でランチはもう古い?ランチタイムは消えるのか。

なんと!気がつけばもう2年が経過しているではないですか。 関連 休肝日は休胃日に。夕食

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよ

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。
サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assada

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージ

未来はいつでも不確定、やりたいことが出てこない。

1月末か、2月初めには例の儀式をやるつもりだったんです。実は

→もっと見る

PAGE TOP ↑