オレンジ白菜と春雨のうま煮、わかめとねぎの和えもの献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

白菜と春雨のうま煮

安くて旨くて使い勝手が良いので、冬は白菜を食べがちですね。そして白菜は豚肉と合わせて蒸しがちですね。

オレンジ白菜を入手したので、重ね蒸しにしようと考えました。

白菜と豚肉の重ね蒸し、焼き野菜サラダ。

しかしながら、調理開始時に猛烈な空腹が襲ってきたので路線変更してピリ辛うま煮に。空腹時は春雨を追加しがちですね。

白菜と春雨のうま煮、わかめとねぎの和えもので晩酌

豚肉と白菜の春雨入りうま煮献立

  • 小松菜の味噌汁
  • 紅芯大根の即席漬け
  • わかめとねぎの和えもの
  • 白菜と春雨のうま煮

小松菜の味噌汁

小松菜の味噌汁

ゆでた小松菜と油揚げの味噌汁、出汁は昆布。最近この組み合わせの味噌汁が多い気がします。なぜなら小松菜が安いから。

紅芯大根の即席漬け

紅芯大根の即席漬け

薄切りにして塩もみした紅芯大根を塩昆布で和えた即席漬け。

わかめとねぎの和えもの

わかめとねぎの和えもの

薄切りにして水にさらした白ねぎ、わかめ、ツナをポン酢で和えただけ。

白菜と春雨のうま煮

白菜と春雨のうま煮

フライパンにざく切りにした白菜と軽く塩で下味をつけた豚肉、唐辛子を入れ酒をまわしかけ、蓋をして火にかけます。白菜から水分がたっぷり出たところでしょうゆを加え、乾燥した状態の春雨を入れて柔らかくなるまで煮ます。最後に水溶き片栗粉でとろみをつけ、ごま油をちょろっと垂らしたら完成。

白菜の甘みと豚肉の旨味をしかととらえる春雨。この組み合わせならばもっとがつんと濃い味濃い色町中華テイストに仕上げるという手もありますが、白菜ならではの甘みを堪能するのならばこれくらいの淡さがいいのです。オレンジ白菜の色も楽しめるしね。はて今日の献立には何が正解かと考えるも、寒くてやっぱり燗酒に。

日本酒にあうおつまみレシピ

白菜は鍋で使う野菜というイメージが強いけれど、生でサラダにするもよし、

たら豆腐、白菜のサラダで晩酌。

味噌汁に入れるもよし、

手羽元と大根のしょうが煮、白菜と落とし卵の味噌汁献立

漬ものもどんとこい、

モツの入っていないモツ鍋(もどき)で晩酌。

頼り甲斐がありすぎますね。

汎用性が高く癖もないので毎日食べても全然飽きない白菜、この冬も大いにお世話になりたいと思います。カラッと晴れた寒い火が続くと、久しぶりに干し野菜も仕込みたくなりますね。

 




関連記事

やりいかとじゃがいものオイル煮

やりいかとじゃがいものオイル煮、春菊とくるみのサラダ。

先日ひいかを煮てたいそう旨かったものですから。 ひいかと里芋の煮付け、キャベツの温サラ

記事を読む

はりはり煮献立

豚と水菜のはりはり煮、きんぴらごぼう献立。

本日は「はりはり」ではないかもしれませんね。通常は水菜にあまり火を通さず、鮮やかな緑を保つ

記事を読む

千葉県産・匠味豚のシュウマイ、きのこスープ献立。

お久しぶりです、晩酌献立です。どれくらい久しぶりかってアナタ、なんと8ヶ月ぶりですよ。前回

記事を読む

にんじんの煮物献立

晩酌献立 にんじんと牛肉の塩煮、小松菜のからし和え。

台南で牛肉湯という料理を初めて食べました。 関連 台湾一周一人旅 林百貨店に国立台湾文

記事を読む

手羽元と白菜の煮込み献立

手羽元と白菜の煮込み、ピーマンの塩昆布和え献立。

黒酢煮を作ろうと考えて、手羽元を仕入れる。 なのに夕方になってやたらと肌寒くなってきた

記事を読む

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。

大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶器市に出向いてがっさり大人買い

記事を読む

つくねと生のピーマン

家飲みつまみ 黄身つくねと生ピーマン、白菜のサラダ。

鶏団子はスープとか鍋物とか、とにかく 「茹でる」 という調理法を用いることが圧倒

記事を読む

ホエー(乳清)を使って簡単カクテル。

家では専らすぐ呑めるビールやワイン、日本酒がメインで、食後に楽しむのはウィスキーが定番。

記事を読む

黒はんぺん汁

黒はんぺん汁、玉ねぎの卵炒め献立。

いただきものの黒はんぺんを食べましょう第二弾です。 初回はお手並み拝見ということで、シ

記事を読む

招徳純米吟醸デザインボトル夏の戯れ

京都の酒 招徳 純米吟醸 夏の戯れで晩酌 かわはぎと豆腐の酒蒸し献立。

先日の金魚とはまた別の金魚で晩酌です。 新ごぼうとベーコンの炒めもの、トマトと卵のスー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑