暑い日は豚冷しゃぶでさっぱりと。

公開日: : 最終更新日:2018/10/11 家飯

pork-shabu

久しぶりに暑い日でしたね。

洗濯物もすぐに乾きました。

こういう日には冷たいものやさっぱりしたものが食べたくなります。

体が懸命に酸味を求めてるような。



 

今日のメニュー

  • ネギのマリネ
  • ニラ納豆
  • きくらげと白ネギの和え物
  • 豚冷しゃぶ

見事に冷菜ばかりですが。

marinade-whiteleek

ネギのマリネとニラ納豆は残り物の組み合わせです。

珍しくきくらげで常備菜を作りました。水でゆっくり戻したきくらげをさっと湯通ししたら千切りにしてごま油としょうゆ、多めの胡椒で和えます。今日は白髪ネギをプラスしました。

豚冷しゃぶの相方はサッと火を通したセロリの葉。安かったのでまたセロリを買ってしまった…。豚を茹でる時、湯の温度が高すぎると肉がかたくなってしまうので、沸騰させた鍋に差し水をして低めの温度でさっと茹で、色が変わったら引き上げて余熱でしっとりさせます。こうするだけでただ茹でただけの肉がやわらかく、格段に美味しくなるのが料理の面白さ。ポン酢を垂らしてレモンをぎゅっと絞ったら、黒七味でアクセントを。

料理は毎日すればするほど美味しくて経済的。今目の前にある食材をどの手順でどう調理するかはもちろんのこと、今日買った材料を明日どう調理するかも常に考えているので脳にもよさそうな気がします。料理って典型的な並行作業だもんね。

食い意地がはってる限りは、きっとボケないだろうなー。

 




関連記事

焼き蕪の柚子胡椒和え

一人家飲みつまみ 蒸し鶏のねぎソース、焼き蕪柚子胡椒和えで晩酌。

先週は肉抜きウィークだったので、休肝日明けは肉です。 肉、といっても鶏むね肉ですが。

記事を読む

手羽元と大根のバター煮

手羽元と大根のバター煮、柿と三つ葉の白和え献立。

バター煮、なんという魅惑的な響きなのでしょう。 と言いつつ煮ていないのですが。

記事を読む

塩つくねと生ピーマン

塩つくねと生ピーマン、三つ葉とえのきの梅おひたし献立。

焼いてよし、炒めてよし、和えてよし。苦くてニクいピーマン。 本日は、生で食べます。

記事を読む

150911d7

一人晩酌レシピ 9/11 蕪と豚のしょうが炒め、三つ葉のごまポン酢和え。

毎日家で食べている割に、我が家は調味料があんまり揃っていません。 というか、何しろ料理

記事を読む

豆腐とニラの塩炒め献立

豆腐とにらの塩炒め、しらたきとわかめのサラダ献立。

にらを炒めて食べたいなあと考えながら八百屋に行ったら、にらが安売りされていました。 食

記事を読む

さつまいもと豚肉の生姜煮

晩酌献立 さつまいもと豚肉の生姜煮、きくらげと葱の和え物。

前日から妙にさつまいもが食べたくなり、今夜は絶対さつまいもださつまいもだと念仏のように唱えな

記事を読む

塩手羽大根

塩手羽大根、揚げかまぼこで晩酌。

塩手羽大根。 こういう汁っぽい出汁っぽいものが食べたくなるのは秋が来た証拠でしょうか。

記事を読む

蒸し鶏献立

蒸し鶏とあわび茸のしょうが味噌、ピーマンの丸煮献立。

蒸し鶏最終日です。 鍋に山盛り作って毎日食べ続けるのが苦手、と散々言っている割にはこう

記事を読む

ゴーヤチャンプルー

ゴーヤチャンプルー、小松菜の梅和え献立。

夏だ夏だ、夏野菜だ! 先日のとうもろこしに引き続き、こちら今季初となるゴーヤの登場です

記事を読む

140819d2.min

お家で簡単サムギョプサル 1人暮らしの晩ご飯。 

今夜は訳あって早めに夕食を済ませなければなりませんでした。 ゆえに、ささっと簡単調理。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

rerise_2
白髪染めをやめたらどうなるか。

新しい白髪ケア用ヘアカラーを使い始めて、約1ヶ月が経過しまし

砂肝とねぎの塩炒め
砂肝のねぎ塩炒め、焼きしいたけ献立。

今夜は砂肝が食べたい。すごく食べたい。 そんな衝動に突き

掃除機はいるのかいらないのか
片付けの快感、ささやかなカタルシス。

掃除や片付けといった家事は取り掛かるまでは面倒極まりなくても、

ひいかと里芋の煮つけ
ひいかと里芋の煮付け、キャベツの温サラダ献立。

あれっ?ひいかって、春じゃなかったっけ?いや、春はホタルイカか

sanma
秋刀魚の塩焼きを頭から骨ごと食べる人。

40代ともなれば体にガタもこようというもの。頭からつま先まで、

→もっと見る

PAGE TOP ↑