1人暮らしの晩ご飯 8/8 にんじんだけで一品。

公開日: : 最終更新日:2020/05/13 シェアハウス, シェアハウスで料理, 家飯

minicarrot

昨夜があまりにも緑ばかりの食卓になってしまったので、今夜は赤いものを食べる、と決めていました。

赤いもの、というといつもトマトになっちゃうのですが、たまには違うものも食べなきゃね。栄養素はいろんな食品から採ったほうがいいって言うし。

今夜のメニュー

140808d

  • 人参の炒めもの
  • 甘くない中華風白和え
  • オニオンスライスのせ鯖の水煮
  • キュウリとわかめの酢の物
  • 砂肝ポン酢

あれ、なんか豪華ですね、週末だからね。

写真の人参の炒めものはウー・ウェンさんのレシピを参考に。

大好きな炒めもの

大好きな炒めもの

posted with amazlet at 14.08.08
ウー・ウェン
高橋書店
売り上げランキング: 25,929

千切りにした人参を白葱と一緒に塩胡椒で炒めるだけなのに、なんでこんなに美味しいんだろう。こういう素材勝負のシンプル料理、大好きです。

140808d2
ストック素材のきくらげとキャベツの塩もみ、刻んだザーサイを中華風の白和えに。それぞれにしっかり味がついているので、追加の味付けはごま油を垂らすのみでOKです。

140808d3
シェアハウスの共用キッチンでは魚を料理することが憚られるのでどうしても肉料理が多くなってしまいます。それでもたまには魚が食べたい。考えた結果、缶詰を活用することにしました。

鯖の水煮缶にスライスオニオンと大葉の千切りをのせるだけ。鯖にしっかり塩味がついているので、香り付け程度に醤油を垂らしてレモンをギュッと絞り、仕上げに黒七味を振りました。

これ、魚欲満たせて美味い。

缶詰だけだと味が濃く感じてしまうので、野菜とあわせるのはアリですね。

あとは簡単酢の物と本日ラストの砂肝ポン酢。これ、5日間は十分持ちます。

炭水化物なくても、あれこれ肴が5品あるとかなり満足できますね。
って、それは酒呑んでるからなんでしょうけどね。




関連記事

カシラの塩焼き

カシラ塩焼き、キャベツ味噌で家飲み。

やきとんってのが苦手でした。 今でこそ全国的に認知されている(多分)やきとん文化ですが

記事を読む

出羽桜 吟醸缶

山形の酒 出羽桜 吟醸缶で晩酌 タアサイと豚肉の酒蒸し、キャベツの梅おかか和え。

帰宅途中、あ、家に酒がちょっとしかなかったんだ!ということに気づく休肝日明けの火曜日。 もう家が

記事を読む

玉ねぎナシの肉じゃが レシピ

玉ねぎナシ肉じゃが、菜の花の胡麻和え献立。

新じゃが、新玉ねぎ、新キャベツ。 春らしい食材がちょこちょこ出回り始めていますね。 この寒いの

記事を読む

三つ葉の卵とじ献立

三つ葉と揚げの卵とじ、根菜の酒粕味噌汁献立。

寒い。 言ったところで何の解決にもなりませんが、寒いですね。 寒い夜には当然、あ

記事を読む

白ワイン

ワインで家飲み きのこのオムレツ。

ちょっと久しぶり? な感じの週末ワイン。 ちょこちょこ残っていた食材を使い切りたいば

記事を読む

塩手羽大根

晩酌献立 塩手羽大根、せりと柿の木茸のおひたし。

たのしいたのしい火曜の夜。 いやあ、休肝日明けはなんかこう、ヤル気が漲りますね。

記事を読む

葱味噌入り焼き油揚げの作り方

晩酌献立 油揚げの葱味噌焼き、干しほうれん草のオイル蒸し。

油揚げが好きです。 豆腐や納豆など豆製品はなんでも好きですが、油揚げの汎用性の高さは異

記事を読む

キャベツの塩昆布炒め

肉団子とかぶの味噌汁、キャベツ塩昆布炒め献立。

野菜を塩昆布で和える。いまや定番の酒のつまみですね。 手羽元黒酢煮、ピーマンの塩昆布和

記事を読む

砂肝ポン酢漬け

セロリと卵の炒めもの、砂肝のポン酢漬け献立。

なんらかの野菜ひとつと卵を炒める。お手軽かついいつまみになるのでこの手口はさんざん使い倒して

記事を読む

新ごぼうとベーコンの炒めもの

新ごぼうとベーコンの炒めもの、トマトと卵のスープで金魚。 

金魚です。 今日はベーコンを使った炒めもの。じゃあ日本酒よりソーダ割のほうがいいな、と

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

価格大暴落にうろたえてメルカリ。

今更ですが、先日メルカリデビューしてみました。大昔はオークシ

50がらみの誕生日はうれしいか。

By: Will Clayton お誕生日おめでとうございます

今年後半の運勢を占う。選択肢は、案外多い。

奥さん、7月です。 6月は一丁前に忙しぶってほとんどブログに手出し

今治タオルトゥシェ フェイスタオル
仕事と風呂の類似点。

推しを求めて旅に出ていた、のではなく、普通に仕事をしていまし

生きる目的、今夜はフラッシュモブ。

時間が有り余っていても何もできない不甲斐なさを感じている人は多いのか

→もっと見る

PAGE TOP ↑