長野の酒 真澄 純米吟醸で晩酌 甘くないだし巻き染めおろし、きくらげと大根の和えもの。

公開日: : 最終更新日:2017/03/07 家飯, 食べること ,

真澄純米辛口生一本

甲信越地方コンプリート!

北海道、東北、関東、甲信越とコマを進めています。

関連 勝手に日本酒全国ツアー

開始当初は地域関係なくその時々で手に入る地方の酒をランダムに呑めばいいや、なんて思っていたのだけど、順に進んで行くのは面白いですね。
まさに北から南へ旅をしている気分になれます。

長野の酒 真澄 純米吟醸辛口生一本

真澄純米吟醸辛口生一本

今回選んだのは真澄の純米吟醸 通称黒ラベル。取り扱い店も多いので長野の酒で真っ先に思い浮かべる銘柄のひとつではないでしょうか。

さて、長野といえば男女共に日本一のご長寿県。その秘訣は一体なんだ?と様々な研究がなされているようですが、この蔵のサイトでも長野の長寿に関して言及されています。

参考 真澄のふるさと信州諏訪(宮坂醸造株式会社)

長野県は全国屈指の長寿県です。とりわけ諏訪地方は男女ともに長生き。空気が薄いので心肺能力が鍛えられるからとか、農作業で汗を流すからとか理由は諸説ありますが、私は真澄の晩酌と味噌汁を欠かさないからだと信じています。

あらいいですね。ふるさと自慢に会社自慢、素晴らしい。

おすすめは冷酒ということなので軽く冷やして。ほう、香りは穏やかですね。
華やかなフルーツ香がぱああっと広がるタイプの吟醸好きには少々物足りないかもしれないけれど、辛口至上主義の私には好ましい純米吟醸。味わいはクリアなんだけど、少々ざらつきも感じたのはなぜだろう。試しに軽く燗もつけてみましたが、やっぱりこれは冷たいほうがいいですね。

近所の酒屋は真澄をたくさん置いているのだけど、狙いを定めた品は残念ながら売り切れ。よって定番とも言えるこの純米吟醸を選択したのだけど、普段の晩酌にはこれぐらいがいいかもしれないなあ。

真澄 純米吟醸 辛口生一本 データ

蔵元 宮坂醸造株式会社(長野県・諏訪市)
種類 純米吟醸
精米歩合 55%
長野県産 美山錦
兵庫県加東市山国地区産 山田錦
日本酒度  +4
酸度  1.5
アルコール度  15度

 

甘くないだし巻き染めおろし、きくらげと大根の和えもの

甘くないだし巻き献立

  • 白菜漬け
  • 野菜と豚肉の味噌汁
  • 小松菜の生姜オイル蒸し
  • きくらげと大根の和えもの
  • 甘くないだし巻き染めおろし

野菜と豚肉の味噌汁

野菜と豚肉の味噌汁

一口大に切った豚肉、白菜、大根を鍋で炒めて水を少量加えて煮込みます。野菜がくたっと柔らかくなったら味噌を溶き入れて完成。原了郭の黒七味を振っていただきます。味噌汁、といってもほとんどが具なので味噌風味煮込み、みたいな感じです。あるいは簡易豚汁汁少なめ、とか。

小松菜の生姜蒸し

小松菜のしょうがオイル蒸し

ざく切りにした小松菜をフライパンに入れ、千切りの生姜、塩、唐辛子、油を回しかけて蓋をして蒸し煮に。いつもはにんにく+オリーブオイルを使うことが多いオイル蒸しですが、今回は生姜+太白ごま油バージョンで。

きくらげと大根の和えもの

きくらげと大根の和えもの

水で戻して下茹でし細切りにしたたきくらげと塩もみした大根皮をごま油、醤油、酢、ゴマ、胡椒で和えました。

甘くないだし巻き染めおろし

甘くないだし巻き染めおろし

鰹節と昆布で取った出汁と塩、酒で下味をつけた甘くないだし巻き卵。大根おろしをたっぷり添えます。

豚肉と卵があるからきくらげ炒めにしようと思っていたのに、突然だし巻き気分が盛り上がってしまい急遽メニュー変更。結局こんな酒泥棒ばっかり並べてどういうつもりだ、という食卓に仕上がりました。まあ、いつものことです。

日本酒にあうおつまみレシピ

味噌汁、和えもの、だし巻きと大根使い回し過ぎィ!という感じですが、くったくたに煮込んだもの、塩もみした皮、おろし、となんともいろんな形で活躍してくれる野菜だわいと改めて感心。相変わらず大根をおろすのは苦手だけれど、だし巻きには大根おろしがないと始まらないからねえ。

そして、だし巻きは絶対に甘くない塩味派。これは酒のつまみ云々とは無関係で、幼少の頃からの好みです。生まれてこの方甘いだし巻きを焼いたことは一度たりともございません。そしてこの先もきっと焼かないでしょう、と高らかに宣言したところでみなさまよい週末を。

 




関連記事

大根と豚肉の梅しそ炒め

大根と塩豚の梅しそ炒め、春雨サラダで家飲み。

よい献立はそれぞれの料理のバランスが取れているもの。 例えば野菜と肉か魚、豆類、海藻で

記事を読む

ニラときくらげの卵炒め献立

ニラときくらげの卵炒め、えのきの梅しそおひたしで晩酌。

ガツンとした炒めものにはやっぱりビール、ですね。 密かに登場頻度が多い気がするきくらげ

記事を読む

セブ島の食と物価、フィリピンレストラン事情。

セブ島の物価について。2015年の春セブ島に来た時には円安とインフレの相乗効果でううむと唸っ

記事を読む

里芋のねぎ塩炒め

里芋のねぎ塩炒め、キャベツのおかか和え献立。

小ぶりな里芋が手に入った時は絶対にこれ! そろそろ定番料理になりつつある、里芋のねぎ塩

記事を読む

おかひじきときのこの味噌汁 ぬか漬け モロヘイヤ納豆 ごはん

休肝日ごはん モロヘイヤ納豆、おかひじきときのこの味噌汁献立。

モロヘイヤは今や日本国内ですっかりおなじみのネバネバ葉野菜となったのでしょうか。寂れた商店街

記事を読む

豚汁

豚汁を一人分だけ作る酔狂。

出かけていた日は帰宅途中の電車の中で、今夜の晩酌献立を組み立てることが多いです。 冷

記事を読む

休肝日ごはん 味玉ごはん、レッドキャベツのごま酢和え献立。

久しぶりの味玉が旨かったので、またまた同様の手口にて仕込んでおきました。 休肝日ごはん

記事を読む

ぶりと小松菜のしょうが蒸し献立

ぶりと小松菜のしょうが蒸し、蒸しなすサラダ献立。

あら、ここ数日魚多めですね。 福島の酒 榮川純米吟醸生貯蔵酒で晩酌 まぐろカマ塩焼き献

記事を読む

いり焼き豆腐

いり焼き豆腐、蒸し鶏ネギだれ。

さて、夕食の準備でもするか。 という段階になってから急遽メニューを変更しました。

記事を読む

たらと白菜のしょうが煮、しらすとピーマンの酒煎り献立。

昨日に引き続いて本日も鱈。 なんのことはない、2切れ買ったからです。鱈連打です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

肉体疲労児の栄養補給とクローゼットの停滞。

めずらしく、体がだるい。 都民の60人に1人がアレみた

→もっと見る

PAGE TOP ↑