モツの入っていないモツ鍋(もどき)で晩酌。

公開日: : 家飯, 食べること ,

モツの入っていないモツ鍋もどき

いきなりの、鍋。

急に寒くなったとはいえ、なぜ今わざわざ食べるのだ、という感じの鍋。

でもモツ鍋ってオールシーズンいける鍋という気がしないでもありません。モツは旬関係ないし。

モツ鍋モツ鍋と連呼している割には毎度のことながらモツは入ってないんですけど。




モツの入っていないモツ鍋(もどき)で晩酌

モツの入っていないモツ鍋(もどき)で晩酌。

  • 白菜漬け
  • モツ鍋(もどき)

白菜漬け

白菜漬け

塩もみした白菜を唐辛子と昆布と一緒にタッパーで漬けておいた簡易白菜漬け。

モツ鍋(もどき)

モツ鍋(もどき)

昆布出汁と鶏がらスープを合わせ、酒、しょうゆ、みりん、薄切りのにんにく、唐辛子を加えてスープにします。あとは豚肉と豆腐、キャベツ、にら、もやしなどの具を入れて煮込むだけ。

こういう味付けにはやっぱり焼酎ですかね、ということで珍しく焼酎お湯割り謎を添えた季節外れの鍋晩酌となりました。季節の変わり目は温かいものを食べて胃腸を労らないといけまんせんからね。もちろんそんなことは後付けの理由ですけどね。

おつまみレシピブログ

内臓系苦手って人、結構多いよね。私の周りにもチラホラおられます。わざわざそんなとこまで食べなくてもよくない?と言いたくなる気持ちも確かにわからんでもない。モツは苦手だけどにんにくや唐辛子の入ったパンチのきいたスープは好みだわ、という方にはこのもどき鍋はなかなかよろしいかと思われます。

しょうゆ味のモツ鍋っぽい味付けの鍋、というだけで肝心のモツを入れていないのでどう考えてもモツ鍋じゃないのですが、雰囲気的にはモツ鍋。もちろん、モツを入れてもOKです(当たり前)。

モツ鍋にするのならば牛モツのほうが手軽ですが、豚のシロあたりも脂を取り除いて何度か茹でこぼすなどの下処理をきちんとすればそうそう手強くないなと最近思うようになりました。これはきっと、近頃ちょくちょく通っている焼きとんの店の煮込みが美味しいからだろうなと思う。

その昔は豚モツのあの独特のにおいが苦手で、やっぱり串に刺すなら鶏だろう、網で焼くなら牛だろう、となかなか東の豚文化を受け入れることができずにいたものです。それが今では好んで度々通う店もいくつか。単に豚に順応したのか、それとも昔は美味しい店を知らなかっただけなのか。

いずれにしても、美味しく食べられるものが増えたのは喜ばしいことであります。

 






関連記事

岩手の酒あさ開純米吟醸

岩手の酒 あさ開 純米吟醸ひやおろしで晩酌 タアサイと豚肉のしょうが炒め、かぼちゃの塩煮。

勝手に日本酒全国ツアー、順調に進んでおります。 関連 勝手に日本酒全国ツアー 自宅で全

記事を読む

きつね納豆献立

きつね納豆、大根と豆苗のしょうがスープ献立。

本体ニューヨーク満喫中につき連日晩酌記事にて失礼します。 今回の旅の食関連に関してもま

記事を読む

160429wine6

鯖のオイル煮、ラディッシュのバター添えで白ワイン。

鯖2days。2日目は生姜たっぷりの甘辛煮付けにしようと固く心に決めておりました。 そうな

記事を読む

140925d4

海老とセロリのタイ風サラダ他全5品。

妙に蒸し暑い1日だな…。 と思ったら、やっぱり夕方ザッと降りましたね。 蒸し暑い

記事を読む

砂肝ポン酢漬け

セロリと卵の炒めもの、砂肝のポン酢漬け献立。

なんらかの野菜ひとつと卵を炒める。お手軽かついいつまみになるのでこの手口はさんざん使い倒して

記事を読む

サバ缶と新玉ねぎのサラダ

鯖と新玉ねぎのサラダ、鶏出汁トマト春雨スープで晩酌。

新玉ねぎがあまりにも旨くて連打。 と言っても最初に購入したものを毎日少しづつ食べている

記事を読む

蒸し鶏ネギソースの献立とレシピ

蒸し鶏ネギソース、たらこおろしで家飲み。

なんということでしょう。昨日塩分がどうこう言っていた舌の根も乾かぬうちにこの献立。 魚

記事を読む

141111d

大根ステーキ他全5品で晩酌。

ひゃー。 今日はまた寒かったですね。 耳まですっぽり覆うニット帽で買い物に出掛けたら

記事を読む

鯖納豆献立

鯖納豆、酒粕漬け献立。

鯖缶ってそこそこ量が多い。 メーカーによりけりでしょうが、大体180g〜200gあた

記事を読む

ピーマンとじゃこの酒煎り

ピーマンとしらすの酒煎り、葱のナムル。 

カフェや電車の中でスマートフォンを凝視している人の姿が全く珍しくなくなった今日。 みん

記事を読む

Comment

  1. 別府美人 より:

    こんにちは♪ (^o^)丿
    私の「モツ鍋」もどきは、豚肉をごま油で炒めたところへ「お湯&ナンプラー」と野菜を投入して作っています★
    一発で味が決まるので助かっています。
    「ナンプラー」最強!!(笑)

    • crispy-life より:

      別府美人さん

      なるほど!確かに、ナンプラーを鍋の味付けに使うのはよさそうですね。これから寒くなると鍋ものが多くなってくるので、真似させてもらいます!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

1st_fuda_40
JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。

ついでだからと立ち寄っただけだった鳴門公園の楽しさに朝から大興

きのこの卵とじ
きのこの卵とじ、さつまいもとわかめの味噌汁献立。

芋と海のものの組み合わせって、妙な魅力を感じませんか。 じゃ

counter
おばさんが旅に出る理由。

おばさんって連れ立って旅行とか散歩とかしたがるじゃないですか。

naruto_24
神戸から高速バスで行く徳島の旅 その1 鳴門渦潮ワクワクタイム。

帰省先の神戸から高速バスを使って徳島に行ってきました。

さつまいものにんにく焼き
さつまいもにんにく焼き、ほうれん草と蒸し鶏のしょうが和え献立。

秋めいてきましたね。 相変わらず四季とあまり関係ない生活

→もっと見る

PAGE TOP ↑