つまみを作ったり、食べたりするイベントについて。

公開日: : 最終更新日:2019/06/01 やりたいことほしいもの, ブログ運営, 食べること

ajisai

奥さん、6月です。

というか、いきなりの暑さにもう夏が来たのかと思いましたね。いや、6月といえばもう暦の上では夏ですね。と季節の挨拶を絡めつつ、月初の定期ポストです。

ブログ運営の話

現在、ブログ絡みでちょっと考えていることがありまして、まあ奥さん聞いてくださいな。

2019年5月の閲覧数TOP3

鹽竈神社

1.2019年の運勢はいかに?今年の運勢を無料で占う【随時更新】

2.最低限の調味料8つ!これだけあれば料理初心者も十分自炊できる。

3.持たない旅のファッション、意外に使えたヘンな服。

以上が5月度の閲覧数TOP3でした。

相変わらず占いまとめが上位に来ておりますが、これ、みなさんそろそろ2019年後半線のことを考え始めているからなんでしょうね。せっかくだから、また下半期のまとめも追加しましょうかね。という気になっております。

書いている本人は占いを全く見ないという矛盾はあれど、もはや季節の風物詩的な存在になりつつあるもので、そんな謎の行動もいいかなと思っています。

つまみを作ったり、食べたりするイベントについて

手羽元の黒酢煮

話は変わって、5月の連休中に友人宅で集まって持ち寄り宴会をやったんですよ。

総勢10名くらいが、好き勝手かつ無計画に酒やつまみや材料を持ち寄って、ある者(私)は持参した野菜を洗って切っただけのものを出し、またある者は自宅で仕込んできた肉を焼き、切り分ける。地元の市場で購入してきたあれこれの食材を器用にちゃちゃっと調理する上級者もいれば、寸胴を持参し凝ったスープを煮込む猛者もいる。

当然、食卓に並ぶ食材には一貫性などなく、酒もビールから日本酒からワインから焼酎からウィスキーからもう行ったり来たりでどうしようもない感じ。

でも、これが滅法楽しかったし、旨かった。

腕に覚えありの達人(プロ含む)が振舞ってくれた本格的な料理はもちろん、あ、豆腐あるからこっちのきのこであんかけにする?なんて突発的に決まるメニューもおもしろく、私が切って塩を振っただけのトマトでさえ、うんうん、合間にこういうの挟みたくなるよねーなどと全肯定してくれるやさしい世界。というか、ただの酔っ払い。そうそう、これ。私の好きなやつだわ、と思いました。

一番好きな倶楽部方式。

実は今、キッチン付きの会場を使ったイベントをやらないか的な話が、なくもないんです。以前アンケートを取った時も、年明けにイベントをやった時も、食べる系のイベントをやって欲しいという意見はチラホラあり、私とてもちろん興味がないわけではない。

出会いを求めて小さなスナック、こんな話が聞きたくて。

しかし、私が参加者のみなさんに料理を振舞うことは技術的に不可能だし、その役を誰かに押し付けるわけにもいかず、ならばこの倶楽部方式にするのか。いやいや、せっかく人が集まるのにただ食べて飲んでだけじゃもったいないから、何かしらの学びは欲しい。じゃあゲストを呼んで何かしらのレクチャーをしてもらう?などと、いろいろ考えている最中であります。

相変わらずもじもじしているもので、実現するのはいつになるかわかりませんが、やってみたい気はある。

こんな「つまみを作ったり、食べたりするイベント」。みなさん、ご興味ありますかね?というボールをふわっと投げつつ、今月もカリッとした毎日。をよろしくお願いいたします。




関連記事

尾の身塩焼き

まぐろ尾の身塩焼き、小松菜の塩昆布和え献立。

鮪の尾の身って結構気軽に手に入るのだな、と。 築地市場の店なんかではステーキなぞになっ

記事を読む

魚の献立 10/2 さんまのホイル蒸し、春菊のごま和え。

今日は昼過ぎの雨に思い切りあたってしまいました。 突然の雨に見舞われても、結局捨てる運

記事を読む

ほんの少し、を楽しむ贅沢。

先日は昼ごはんとはいえないような時間にしっかりしたものをたっぷり食べてしまったのでいつものような晩酌

記事を読む

休肝日ごはん 納豆チャーハン、白菜の黒酢スープ献立。

休肝日の晩ご飯、またまたチャーハンの登場です。 前回はシンプルの極みでしたが、今回は具

記事を読む

年末年始はアワビ祭りで贅沢晩酌。

師走です。年末です、クリスマスです、そして来れお正月。 みなさま、ここぞとばかり贅沢し

記事を読む

家飲み献立 豚と小松菜で常夜鍋。

なんだかあっという間に11月も終わりですね。 明日から12月。 ということは、本

記事を読む

豚肉とキャベツのソース炒め

豚肉とキャベツのソース炒め、玉ねぎとわかめのゆかり和え献立。

ソース焼きそば、旨いですよね。たまに無性に食べたくなりませんか。 そう頻繁には食べない

記事を読む

牛すき煮献立

牛すき煮、新玉ねぎとわかめのサラダで晩酌。

牛すき煮。なのにピンが肉ではなく焼き豆腐にきている。 そうです。本日の主役は実は焼き豆

記事を読む

2018年、買ってよかったものベスト3。

年始恒例、買ってよかったものベスト3、いきましょう。 開始当初は「買った」よりも「捨て

記事を読む

コピーサイト観察。更新止まった?

すっかり日課となった、コピーサイト観察です。 >>参考 コピーサイト? 

記事を読む

Comment

  1. ソラ より:

    はじめまして。
    偶然こちらのブログに行き着き、神戸が私と同じ地元との事で、ここ数年、アラフィフのわたくし、勝手に親近感を覚えています。淡々とした言葉の流れも心地良さを感じずにいられません。
    ツマミと飲みの会、素敵すぎるじゃあありませんか。
    できれば関西地区でも開催して頂きたいものです。
    その日がくることを待ちわびびながら、ブログ楽しませていただきます。

    • crispy-life より:

      ソラさん

      コメントありがとうございます。

      あなたも私も神戸っ子!さあさおいでよ神戸の祭りですね!
      実は同郷のよしみといいますか、兵庫県出身、または在住の読者さん、ちょこちょこおられるんですよ。ありがたい限りです。

      イベント開催歴まだ1回しかないのですが、関東以外でも出張イベントが開催できるようになったら楽しいなあ、という妄想は常に抱いております。ツマミイベントならその土地の美味いものとかご当地レシピを盗めそうですしね。いいなあ、楽しそう…(また妄想)。

      関西開催の実現を願いつつ、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

  2. Yosh より:

    つまみを作ったり、食べたりするイベント、ぜひ開催してください!!楽しみにしています。
    それまでに料理の腕をあげときます~。

    • crispy-life より:

      Yoshさん

      挙手、挙手ですね!

      記事に書いた「倶楽部飲み」の日も、チャチャッと調理してくれる方が数名おられて、それはそれはうれしくありがたく美味しかったのですよ。自分が器用ではないし、人に料理を作ってもらう機会があまりない(不憫)ことも手伝ってか、ご馳走がさらにご馳走へとランクアップして幸せな時間でした。

      イベント実現の際には、ぜひキッチン隊にご協力お願いいたします!

  3. kyoko より:

    先日知人開催のそれに参加しました。こだわりある人に調理は任せ、乾物と甘味で攻めた無精ものですが……

    面白そう!人がお料理なさるのを見ているの、大好物です。
    どんな規模でなさるにしても、アシスタントがご入り用では…お仲間で足りなかったら、厚かましくも立候補させてください~!

    • crispy-life より:

      kyokoさん

      ここにも倶楽部方式賛同者が!ああいう場って特にきっちり仕切らなくてもどうにかうまく回るから不思議ですよね。もちろん規模にもよりますけども、手を上げてくださる方が何人かおられることだし、ちょっと考えてみます。ありがとうございます!

  4. まるい より:

    挙手、挙手ですよ!

    • crispy-life より:

      まるいさん

      挙手!挙手ですね!?

      毎度ウジウジ一人で考えがちですが、挙がった手のひらを眺めていると、言ってみるもんだなあ…とじんわりしてしまいます。いや、見てはいませんけども、ありがとうございます!

  5. meme より:

    イベント後のアンケートで、
    まさにこういうのをリクエストした記憶がある。
    にもかかわらず、出遅れてくやしい。
    (挙手、挙手であります。)

    • crispy-life より:

      memeさん

      挙手、挙手ですね!?

      やるやる詐欺はいつものこと、今回も実現までのらくら時間がかかりそうなので、全然出遅れてなんかいません。むしろ早いくらいです。手を挙げてくれる方がおられることだし、実現したいな、しようかな(のらくら)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

干しキャベツのロールキャベツ
寒空に野菜を干す。

久しぶりに、ベランダでキャベツを干しました。以前はちょくちょ

80代ミニマリスト主婦の幸せのかたち。

昭和10年代生まれの老夫婦にしては珍しく、ものの少ないすっき

→もっと見る

PAGE TOP ↑