にら玉、新玉ねぎと釜上げえびの和えもの献立。

公開日: : 家飯, 食べること

にら玉献立

偏食に拍車がかかりそうです。

元々野菜至上主義者ではあったのですが、頼りにしていたご近所店の品揃えが変わり、新鮮な魚介類の入手が困難となった一方で、豊富な品揃えと驚きの低価格を実現する個人商店が開店。

栄枯盛衰。ちょっと違うか。

とにかく、今後はより一層野菜もりもり生活になりそうです。

にら玉、新玉ねぎと釜上げえびの和えもの献立

にら玉、新玉ねぎと釜上げえびの和えもの献立。

  • 水菜の味噌汁
  • かくや和え
  • 新玉ねぎと釜揚げえびの和えもの
  • にら玉

水菜の味噌汁

水菜の味噌汁

油揚げと水菜を入れた、いりこ出汁の味噌汁。水菜はうっかり火を通しすぎました。

かくや和え

かくや和え

にんじんと大根の古漬けを塩抜きし、千切りのしょうがと大葉、すりごまで和えます。

新玉ねぎと釜揚げえびの和えもの

新玉ねぎと釜揚げえびの和えもの

薄切りにして水にさらした新玉ねぎと釜揚げえびをレモン汁、オリーブオイルで和えたもの。えびの塩気で新玉ねぎの甘みが引き立つのか、期待値以上のいいつまみ。

にら玉

にら玉

溶き卵に塩をひとつまみ加えよく混ぜ、油を熱したフライパンに入れふんわり炒めて一旦取り出します。4cm長さに切りそろえたにらをごま油で炒め、しょうゆをまわしかけたら卵を戻し入れ、ざっと混ぜ合わせたら完成。

しっかり味をつけたにらと、薄い塩味をつけた卵を、フライパンの中で和える、というイメージのにら玉。卵を炒めた油は太白ごま油、にらを炒めた油は焙煎ごま油です。今夜は冷やした純米吟醸を添えたけれど、ビールでももちろんよし。

日本酒にあうおつまみレシピ

にらと卵。定番コンビではありますが、調理法によって様々なつまみを編み出すことができる組み合わせです。ゆでたにらに生卵を添えるのもアリだし、薄味の出汁で卵とじにするという手もある。

にら月見、海苔と葱の冷奴。

豚肉とれんこんの塩焼き、にらの卵とじ献立。

にら。使えるし旨いし、頼りにしたいのは山々だけれど、一束200円とか言われると、いやさすがにそれはちょっと違うかな、となってしまう小市民ですみません。

件の新店は私の値ごろ感に応えてくれる気満々のようなので、ありがたいやらうれしいやら。野菜が安く手に入るだけで世界が明るく見えてしまう私のお目出度さはひとまず横に置いておいて、今後は食卓にさらに緑が増えそうです。

 




関連記事

きのこ鍋で晩酌。

寒ッ! なにこれ、すっかり春気分だったのにこの裏切り者! と悪態をつきたくもなる

記事を読む

焼きにんじん

焼きにんじん、蒸し鶏とねぎのサラダ献立。

日々の晩酌記録をつけるようになってから、ようやくにんじんの千両役者っぷりに気がついた私。

記事を読む

一人暮らしの家飲みメニュー 8/7 きくらげときゅうりの酢の物。

暑いときには体を冷やす食材を積極的に採って体内コントロールするとか、不便な時代を生きた方の知恵っ

記事を読む

福寿・神戸カップ

兵庫の酒 福寿 神戸カップで晩酌 豚肉と豆苗のおろし和え、白菜のしょうがスープ。

2016年の日本酒ツアーは兵庫県からスタートです。 関連 勝手に日本酒全国ツアー

記事を読む

スナップえんどうの卵とじ献立

えんどうの卵とじ、新玉ねぎとわかめのサラダ献立。

豆が旨いですね。大好物!という位置付けにはなかなかならない控えめな存在ながら、たまに食べる

記事を読む

キャベツと塩鮭の昆布蒸し鍋で家飲み一人鍋。

家を空ける前なので食材を買い込みたくない今夜。 豆腐と葱が残っていたので鱈豆腐がいいか

記事を読む

かぶの梅サラダ トマトソース焼きそば

トマトソース焼きそば、かぶの梅サラダ献立。

当初はキャベツと豚肉のオーソドックスな焼きそばを食べるつもりでしたが、ひとつだけ残っていたミ

記事を読む

とうもろこしと豚肉のしょうゆ炒め

とうもろこしと豚肉のしょうゆ炒め、トマトの塩昆布和え献立。

今季初とうもろこし、かな? 信州四賀 たべくら農園の無農薬夏野菜で贅沢晩酌。 初

記事を読む

秋刀魚の梅煮

秋刀魚の梅煮、オクラ長いもポン酢献立。

青魚食べたい。 最近店先で丸々とした鰺を見かけるたびにそう思っていたのですが、現在の調理環境は

記事を読む

テイクアウト界隈がエラいことになっていた。

先日、珍しくテイクアウトを利用しました。楽天リアルタイムテイクアウト経由でさくっとオーダー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

干しキャベツのロールキャベツ
寒空に野菜を干す。

久しぶりに、ベランダでキャベツを干しました。以前はちょくちょ

80代ミニマリスト主婦の幸せのかたち。

昭和10年代生まれの老夫婦にしては珍しく、ものの少ないすっき

→もっと見る

PAGE TOP ↑