にら玉、新玉ねぎと釜上げえびの和えもの献立。

公開日: : 家飯, 食べること

にら玉献立

偏食に拍車がかかりそうです。

元々野菜至上主義者ではあったのですが、頼りにしていたご近所店の品揃えが変わり、新鮮な魚介類の入手が困難となった一方で、豊富な品揃えと驚きの低価格を実現する個人商店が開店。

栄枯盛衰。ちょっと違うか。

とにかく、今後はより一層野菜もりもり生活になりそうです。

にら玉、新玉ねぎと釜上げえびの和えもの献立

にら玉、新玉ねぎと釜上げえびの和えもの献立。

  • 水菜の味噌汁
  • かくや和え
  • 新玉ねぎと釜揚げえびの和えもの
  • にら玉

水菜の味噌汁

水菜の味噌汁

油揚げと水菜を入れた、いりこ出汁の味噌汁。水菜はうっかり火を通しすぎました。

かくや和え

かくや和え

にんじんと大根の古漬けを塩抜きし、千切りのしょうがと大葉、すりごまで和えます。

新玉ねぎと釜揚げえびの和えもの

新玉ねぎと釜揚げえびの和えもの

薄切りにして水にさらした新玉ねぎと釜揚げえびをレモン汁、オリーブオイルで和えたもの。えびの塩気で新玉ねぎの甘みが引き立つのか、期待値以上のいいつまみ。

にら玉

にら玉

溶き卵に塩をひとつまみ加えよく混ぜ、油を熱したフライパンに入れふんわり炒めて一旦取り出します。4cm長さに切りそろえたにらをごま油で炒め、しょうゆをまわしかけたら卵を戻し入れ、ざっと混ぜ合わせたら完成。

しっかり味をつけたにらと、薄い塩味をつけた卵を、フライパンの中で和える、というイメージのにら玉。卵を炒めた油は太白ごま油、にらを炒めた油は焙煎ごま油です。今夜は冷やした純米吟醸を添えたけれど、ビールでももちろんよし。

日本酒にあうおつまみレシピ

にらと卵。定番コンビではありますが、調理法によって様々なつまみを編み出すことができる組み合わせです。ゆでたにらに生卵を添えるのもアリだし、薄味の出汁で卵とじにするという手もある。

にら月見、海苔と葱の冷奴。

豚肉とれんこんの塩焼き、にらの卵とじ献立。

にら。使えるし旨いし、頼りにしたいのは山々だけれど、一束200円とか言われると、いやさすがにそれはちょっと違うかな、となってしまう小市民ですみません。

件の新店は私の値ごろ感に応えてくれる気満々のようなので、ありがたいやらうれしいやら。野菜が安く手に入るだけで世界が明るく見えてしまう私のお目出度さはひとまず横に置いておいて、今後は食卓にさらに緑が増えそうです。

 




関連記事

卵黄の醤油漬け

卵黄醤油漬け、三つ葉奴で家飲み。

気になっていたのですが、ここ数日写真がどうにもおかしい。 原因はカメラか?また故障か?

記事を読む

豚と白菜の重ね蒸し他全5品の献立。

台風一過。 風の強い一日でした。 やっぱり昨夜の頭痛は低気圧によるものだったよう

記事を読む

好物は何かと問われれば鰻と答えたい。 銀座 『ひょうたん屋』。

暑い。暑いですね。 しばらく涼しかったのでこのまま夏は来ないんじゃないかと余計な心配を

記事を読む

たぬき豆腐献立

たぬき豆腐、かぶの梅わさび和え献立。

あたたかい豆腐料理でいちばん手軽なのは、湯豆腐でしょうか。もしくは、温やっこ。 そのい

記事を読む

蒸し鶏とタアサイの柚子胡椒おひたし、新玉ねぎの卵炒めで晩酌。

たのしいたのしい休肝日明けの火曜日。 ふと過去記事をチェックしてみると、休肝日システム導入

記事を読む

食べることは生きること。

とにかく、食い意地が張っています。 何故こんな風になったのか、今となっては原因を思い出せないの

記事を読む

ゴーヤチャンプルー

ゴーヤチャンプルー、小松菜の梅和え献立。

夏だ夏だ、夏野菜だ! 先日のとうもろこしに引き続き、こちら今季初となるゴーヤの登場です

記事を読む

海老とセロリの卵炒め献立

海老とセロリの卵炒め、トマトと豚肉のしょうがスープ献立。

野菜ひとつと卵を炒める。というシンプルな手法が結構好きです。 卵のお相手となるのは白ね

記事を読む

マッサマンカレー アソーク

一人でもマッサマンカレーが食べたい!バンコク女性一人旅の食事 その1。

一人旅は気楽で楽しいけど、食事する時に困るよね。 そんな声をよく聞きます。 確かに、

記事を読む

海老とキャベツのにんにく蒸し

海老とキャベツのにんにく蒸し、ピーマンと葱の梅和えで晩酌。

昨日は休肝日、だったのでこれは週末の食卓です。 肉抜き週最終日、さて何をメインにしよう

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑