持たない旅のファッション、意外に使えたヘンな服。

lightdenim

基本的に、移動時にはデニムを選ぶことが多いです。

旅の荷物を減らすコツは、荷造り前のひと手間にあり。

しかし今回のベトナム旅行、ホーチミンは日中35℃オーバー、ニャチャンも32℃くらいあったので、少し移動するだけで汗だく状態。デニムなんてぶ厚いものを現地で身につけていられません。

暑い時期・厚い場所への旅。滞在時には涼しげなワンピースがあると捗ります。が、今回持参したアイテムの中で意外に役立ったのは「ヘンな服」でした。



持たない旅のファッション、意外に使えたヘンな服

white_dress

ニャチャンで大活躍したのは、白のワンピース…?

いや、一枚では着られないからワンピースじゃないな。シースルーのロング丈カットソーとでもいいましょうか。何しろ、スケスケウスウス真っ白な切りっぱなしの「布」。

この不思議布はその昔、フィリピン在住時に何がしかのパーティーで色縛りがあってしぶしぶ購入したもの。基本的にその時しか使わないものを買うのが嫌いなタチなので心からしぶしぶ購入したアイテムであります。そして、理由は忘れたけど結局着用しなかった記憶があります。

お値段は200PHP、当時で400円くらい。大した出費じゃないのに未だにねちっこく価格を記憶しているところが恨みがましくていいですね。

5年前にガンガン持ち物を減らしていた時期があったのに、このヘンテコなアイテムが生き残ったのは摩訶不思議。

1ヶ月間に捨てたものリストと買ったもの。

ペラペラなので場所を取らないし、なんとなく使えそうではある。もうちょっと持ち続けてみたろかい、という想いで、今まで温存してまいりました。

ニャチャンでは水着の上からこの布を纏った上にパーカー、足元はギョサン、という典型的な浮かれ外国人スタイルが便利でした。ホテルからビーチは近いし、カジュアルな店なら浮かれたまま入店できる雰囲気だったけれど、さすがに水着のままではうろつけないし、オーバーサイズT羽織るってのもちょっと違う。おかしな布でもややドレス感がプラスされ、何しろペラペラスケスケで涼しい、そして洗って干したらすぐ乾くのはありがたかったです。

しかしこの5年間に幾度も南国へ行っているのに、この不思議布を持ち出したのは今回が初めてなんですよね。なんでだろう。タイミングなのか。

その他には毎度おなじみの夏旅行アイテムであるカンガギョサンを駆使してやりくりするビーチリゾートの旅。移動時も軽やかにリネンパンツあたりを選んではどうかなと思わなくもないけれど、どうしてもデニムをチョイスしてしまうのは、汚れてもいいようにというわんぱくな理由から。

今回の道中でもまんまとデニムを汚す羽目になったのですが、その話はまたいずれ。

ベトナム旅行記、もうしばらく続きます。

 




関連記事

By: MIKI Yoshihito

捨てなくてよかった昔の記録。

By: MIKI Yoshihito[/caption] モノを大切にし過ぎるあまりズルズル

記事を読む

nana3

バンコク女性一人旅。ナナ駅近くのゲストハウスに滞在する。

安価で便利なホステルを活用しまくってみた今回のバンコク。 実際に利用してみたホステルを紹介

記事を読む

hochiminh_foods_26

ホーチミン一人旅で食べたもの、コムタムとフーティウコー。

ベトナム一人旅の食記録、パート2です。 ホーチミン一人旅、ビール片手に食べたもの。

記事を読む

alicia-apartelle-cebu_9

布団の酷使とピンチの劣化。

シーズン毎に取り替えられることもなく、1年中酷使されている我が布団。 1枚でオールシー

記事を読む

redcar

田舎暮らしを検討したけど断念した理由。

根っから都会っ子の私は生まれてこの方都市部にしか住んだことがありません。 生まれも育ち

記事を読む

By: Nikkorz

冷え性かつ寒がりのくせに毛布を使ったことがない。

By: Kate Mereand-Sinha[/caption] いやー、雪でしたね。

記事を読む

沢の鶴資料館

灘の酒蔵巡り その5. 沢の鶴資料館から甲南漬へ 灘五郷リターンズ’16

あっちこっちへ飛びますが、今日は神戸の旅記録。 昨年行った酒蔵巡りが楽しかったので今年

記事を読む

By: Alejandro  Pinto

突然の誘いに対応できないご近所ファッション問題。

By: Alejandro Pinto[/caption] 近所のカフェで仕事をしていると友

記事を読む

editorsbag

鞄の中身は絶対に見せられない。

訳あって、友人宅の留守を預かることになりました。 「部屋にあるものなんでもテキトーに使

記事を読む

By: dave.see

一人旅の正しいお作法。

By: The U.S. National Archives[/caption] どうにも派

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

sugamo2_19
仕事は地獄、お楽しみは全て終わった。

先日、初対面の同業の方とお話しする機会があり、自分が現在携わっ

あさりと白ねぎライム塩
あさりと白ねぎライム塩、ベトナムなます献立。

ちょうど旅の食記録を書いている最中に、ベトナムで仕入れた調味料

hochiminh_foods_26
ホーチミン一人旅で食べたもの、コムタムとフーティウコー。

ベトナム一人旅の食記録、パート2です。 ホーチミン一人旅

stand_m
減らす美容。

酒を抜いたらよくなるけど、一度飲んだら振り出しに戻るが常ですね

小松菜の卵とじ献立
小松菜の卵とじ、キャベツと蒸し鶏のわさび和え献立。

お久しぶりの、晩酌献立です。恥ずかしながら帰ってまいりました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑