持たない旅のファッション、意外に使えたヘンな服。

lightdenim

基本的に、移動時にはデニムを選ぶことが多いです。

旅の荷物を減らすコツは、荷造り前のひと手間にあり。

しかし今回のベトナム旅行、ホーチミンは日中35℃オーバー、ニャチャンも32℃くらいあったので、少し移動するだけで汗だく状態。デニムなんてぶ厚いものを現地で身につけていられません。

暑い時期・厚い場所への旅。滞在時には涼しげなワンピースがあると捗ります。が、今回持参したアイテムの中で意外に役立ったのは「ヘンな服」でした。

持たない旅のファッション、意外に使えたヘンな服

white_dress

ニャチャンで大活躍したのは、白のワンピース…?

いや、一枚では着られないからワンピースじゃないな。シースルーのロング丈カットソーとでもいいましょうか。何しろ、スケスケウスウス真っ白な切りっぱなしの「布」。

この不思議布はその昔、フィリピン在住時に何がしかのパーティーで色縛りがあってしぶしぶ購入したもの。基本的にその時しか使わないものを買うのが嫌いなタチなので心からしぶしぶ購入したアイテムであります。そして、理由は忘れたけど結局着用しなかった記憶があります。

お値段は200PHP、当時で400円くらい。大した出費じゃないのに未だにねちっこく価格を記憶しているところが恨みがましくていいですね。

5年前にガンガン持ち物を減らしていた時期があったのに、このヘンテコなアイテムが生き残ったのは摩訶不思議。

1ヶ月間に捨てたものリストと買ったもの。

ペラペラなので場所を取らないし、なんとなく使えそうではある。もうちょっと持ち続けてみたろかい、という想いで、今まで温存してまいりました。

ニャチャンでは水着の上からこの布を纏った上にパーカー、足元はギョサン、という典型的な浮かれ外国人スタイルが便利でした。ホテルからビーチは近いし、カジュアルな店なら浮かれたまま入店できる雰囲気だったけれど、さすがに水着のままではうろつけないし、オーバーサイズT羽織るってのもちょっと違う。おかしな布でもややドレス感がプラスされ、何しろペラペラスケスケで涼しい、そして洗って干したらすぐ乾くのはありがたかったです。

しかしこの5年間に幾度も南国へ行っているのに、この不思議布を持ち出したのは今回が初めてなんですよね。なんでだろう。タイミングなのか。

その他には毎度おなじみの夏旅行アイテムであるカンガギョサンを駆使してやりくりするビーチリゾートの旅。移動時も軽やかにリネンパンツあたりを選んではどうかなと思わなくもないけれど、どうしてもデニムをチョイスしてしまうのは、汚れてもいいようにというわんぱくな理由から。

今回の道中でもまんまとデニムを汚す羽目になったのですが、その話はまたいずれ。

ベトナム旅行記、もうしばらく続きます。

 




関連記事

自分の中に面白いものがなくてもいい。

孤独はたのしいです。 もともと一人で過ごすのが大好きなので、一人が寂しいとか、誰かに話

記事を読む

何を着ても似合わない 持ってる服を全部捨てる?

By: Jorge Franganillo[/caption] 最近何を着ても似合わなくなっ

記事を読む

無印は買うな、の本当のところ。

By: Timothy Vollmer[/caption] 若かりし頃勤めていた会社での出来

記事を読む

冷蔵庫の霜取りにかかる時間(春)。

By: torbakhopper[/caption] しばらく家を空けるので昨日で生ものはキ

記事を読む

にじますのハーブ焼き

にじますハーブ焼き、小松菜としめじのスープで白ワイン。

釣り人から下処理済みのにじますをせしめました。 馴染みのない魚の調理、臭かったらいやだ

記事を読む

実はいらなかったと気づいたものを、再び取り戻すか。

例のアレが想像以上に長引いていて、良くも悪くも共存に慣れつつあるこの頃。行動が制限され、生

記事を読む

持たない暮らし 部屋着はいるのか、いらないのか。

By: Kris Carillo[/caption] 今の暮らしに部屋着はいるのかいらないの

記事を読む

見えない収納で一石二鳥。

吊り下げ方式を導入してから1ヶ月。 収納グッズの恐ろしさ 優柔不断なお片づけその後。

記事を読む

40代女性のファッションが難しい理由。

40代ともなれば生活や体の変化、体力の衰え、今後の仕事のやり方などなど、考えなければならないこと

記事を読む

モノを持たない暮らしなんて味気ないと感じる理由 。

先月限界点を大きく突破した箸を処分しました。 関連 暮らしの定点観測のすすめ。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

40代一人暮らしの晩御飯
40代一人暮らし、質素で豪華な普段の姿。

しつこいですが、平日禁酒中です。十味敗毒湯で「美鼻」を目指す

私なんて信用されなくて当たり前。

故郷ではしゃぎ倒したゴールデンウィークももはや遠い昔に思える

野菜たっぷり餃子とビール
餃子と漬ものとビールは、幸せの完成形。

平日の酒断ち継続中の今、過去の晩酌写真がいつもより魅力的に見

ミニマリスト主婦と、幸せを演じるということ。

みんな大好き、ミニマリスト主婦の定例ご報告です。ミニマリスト

豚肉とにんじんの塩焼き献立
にんじんと豚肉の塩焼き、かぶの梅和え献立。

平日禁酒週間を地味に継続。からの、GWを言い訳に無礼講中です

→もっと見る

PAGE TOP ↑