持たない旅のファッション、意外に使えたヘンな服。

lightdenim

基本的に、移動時にはデニムを選ぶことが多いです。

旅の荷物を減らすコツは、荷造り前のひと手間にあり。

しかし今回のベトナム旅行、ホーチミンは日中35℃オーバー、ニャチャンも32℃くらいあったので、少し移動するだけで汗だく状態。デニムなんてぶ厚いものを現地で身につけていられません。

暑い時期・厚い場所への旅。滞在時には涼しげなワンピースがあると捗ります。が、今回持参したアイテムの中で意外に役立ったのは「ヘンな服」でした。

持たない旅のファッション、意外に使えたヘンな服

white_dress

ニャチャンで大活躍したのは、白のワンピース…?

いや、一枚では着られないからワンピースじゃないな。シースルーのロング丈カットソーとでもいいましょうか。何しろ、スケスケウスウス真っ白な切りっぱなしの「布」。

この不思議布はその昔、フィリピン在住時に何がしかのパーティーで色縛りがあってしぶしぶ購入したもの。基本的にその時しか使わないものを買うのが嫌いなタチなので心からしぶしぶ購入したアイテムであります。そして、理由は忘れたけど結局着用しなかった記憶があります。

お値段は200PHP、当時で400円くらい。大した出費じゃないのに未だにねちっこく価格を記憶しているところが恨みがましくていいですね。

5年前にガンガン持ち物を減らしていた時期があったのに、このヘンテコなアイテムが生き残ったのは摩訶不思議。

1ヶ月間に捨てたものリストと買ったもの。

ペラペラなので場所を取らないし、なんとなく使えそうではある。もうちょっと持ち続けてみたろかい、という想いで、今まで温存してまいりました。

ニャチャンでは水着の上からこの布を纏った上にパーカー、足元はギョサン、という典型的な浮かれ外国人スタイルが便利でした。ホテルからビーチは近いし、カジュアルな店なら浮かれたまま入店できる雰囲気だったけれど、さすがに水着のままではうろつけないし、オーバーサイズT羽織るってのもちょっと違う。おかしな布でもややドレス感がプラスされ、何しろペラペラスケスケで涼しい、そして洗って干したらすぐ乾くのはありがたかったです。

しかしこの5年間に幾度も南国へ行っているのに、この不思議布を持ち出したのは今回が初めてなんですよね。なんでだろう。タイミングなのか。

その他には毎度おなじみの夏旅行アイテムであるカンガギョサンを駆使してやりくりするビーチリゾートの旅。移動時も軽やかにリネンパンツあたりを選んではどうかなと思わなくもないけれど、どうしてもデニムをチョイスしてしまうのは、汚れてもいいようにというわんぱくな理由から。

今回の道中でもまんまとデニムを汚す羽目になったのですが、その話はまたいずれ。

ベトナム旅行記、もうしばらく続きます。

 




関連記事

まだそのサンダル履いてるの?

昨日あのお方より、開幕宣言を拝受しました。 勝ち組兄さん家の電気料金はひと月約800円

記事を読む

雰囲気イケメン最強説。

雰囲気イケメン、っていつ頃から使われるようになった言葉でしょうか。 顔の造作自体が飛び

記事を読む

台湾一周 鉄道駅弁一人旅 その5. 高雄駅 台鐵豬腳便當。

台湾を鉄道でぐるりと一周する旅も既に5都市目。 関連 台湾一周 鉄道駅弁一人旅。

記事を読む

ルシアンペラフィネニットコーデ

使えるキャミソール、使えないキャミソール。

さほど深く考えずにノリで買って、でもどうにも使いこなせなくて手放す羽目になって、でも理由を考

記事を読む

なくても困らない、キャッチアップできない。

この1年間の活動が、まるっとなかったことになっていました。 スマホの話です。 ス

記事を読む

夜景をチラ見で地獄どうふ。大阪新世界はしご酒ツアー後編。

大阪新世界はしご酒ツアー、後編です。 関連 新今宮から通天閣を歩く 大阪新世界はしご酒

記事を読む

こなれた着こなし、ユニクロ着てて恥ずかしくない?

こなれた着こなしとかこなれ感なる、それは一体どういうスタイルのことを指しているのでしょうかと

記事を読む

MacBook Air '11

片付けられない人の頭の中は散らかり放題。

ものがなければ部屋はさほど散らからない、これ常識。 しかし「もの」なんてひとつもない

記事を読む

新今宮から通天閣を歩く 大阪新世界はしご酒ツアー前編。

久しぶりに大阪に遊びに行きました。 平日の昼下がり、神戸からJRに乗って、目指すは環状

記事を読む

よその子を勝手に可哀想がるの謎。

By: Joel Kramer[/caption] 子供の頃、変身もののアニメをよく見ていま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑