一番好きな倶楽部方式。

公開日: : 家飯, 食べること

winterbeer

どうもダラダラしてしまうな。そんな自覚があったので、1年ほど前にルールを改善しました。

関連 一人晩酌のあり方を考える。

以降ほぼ新ルールに沿った生活しておるわけですが、改善だったのか改悪だったのかは未だ分からず。

ところで私が本当に一番好きなのは「タモリ倶楽部方式」であります。




作りながら飲む、飲みながら作る

tamori

一人の時にこれをやるといろいろ不都合があるので最近は封印していますが、ダラダラ飲みながら、次々つまみを作る、というとても行儀の悪い食事方法が好きです。

これをなぜか私はタモリ倶楽部方式と呼んでいる。でも、具体的にどんなシリーズだったか、またどの回だったかは思い出せず。確か、こういう企画あったよね。飲みながら、つまみ作るヤツ。

さて先日、地元に戻ったのをいいことに久々にこれをやりましてね。

まず、ねぎダレをたっぷり乗せた冷奴小松菜のおひたし、切っただけの鰹の塩たたきを並べ、ビールで乾杯。ちびちびつまみながらしばらく飲んで、冷菜ばっかりってのもなんだねえと、中盤あたりで舞茸を炒めてすだちを絞ったものを投入、さらに飲み続ける。そしてこの日のメインは私の独断と偏見により、神戸スタイルの味噌ダレ餃子。

関連 元町「瓢たん」で懐かしく新しい味噌ダレ餃子。

これまた中華料理店で買ってきたものを焼いただけです。

当初は人様のおうちにお邪魔して、わたくしがつまみを準備する、という企画だったこの夜。しかしよその台所を大荒らしするのも気がひけるし、喋りながらささっと作れるものにしようと考えた結果、普段の一人晩酌とそう変わらない絵面になってしまった。常日頃からささっと作れるものしか食べてないんだから、そりゃそうか。

調理らしきことはほぼせずに(ごめんね)、すぐおいしいすごくおいしい手抜きつまみしか並べられなかったけれど、飲みつつ食べつつ作りつつがことのほか楽しくてダラダラ4時間くらい飲みましたよ、という愉快なお話。やっぱりいいなあ、倶楽部方式。いや、作ってはないけどさ。

おつまみレシピブログ

若い頃はこういうカジュアルな倶楽部方式飲みでも気合入りすぎ材料買い込みすぎ食材あまりすぎの微笑ましい空回りをしていたような記憶があるけれど、結局こういうしょうもないつまみが落ち着くんだよねえ、などと妙なこじつけをしてみる。言い訳はいいから、次回はもう少し華やかな感じで開催しましょうかね。

 






関連記事

凍みこんにゃくのごま味噌炒め

シチュー、凍みこんにゃくのごま味噌炒め献立。

シチューはご飯のおかずになるか? 或いは、ご飯にかけるか? このあまりに平和すぎる論争は、

記事を読む

夏野菜の焼き浸し献立

エンサイとひき肉の炒めもの、なすと島オクラの焼きびたし献立。

エンサイってなんじゃらほい。 馴染みのない青菜だけれど、その姿形はよく知っている。調べ

記事を読む

手羽元黒酢煮

手羽元黒酢煮、ピーマンの塩昆布和え献立。

先日久しぶりに黒酢を導入しまして。 関連 トマト黒酢酢豚、三つ葉ときのこのおひたし献立

記事を読む

秋刀魚の酒蒸し

秋刀魚のしょうが蒸し、ネギ塩奴で家飲み。

お久しぶりです、秋刀魚です。 ついにこの時がやってまいりました。今季初秋刀魚、遅ればせ

記事を読む

141011d

家飲み献立 10/11 パンにぶどう酒。

今日は昼が遅かったので夜は抜こうかな…と思ったのですが、遅くになって小腹が減ったし、何か呑み

記事を読む

焼きれんこん献立

焼きれんこん、白菜のしょうが味噌煮込みで家飲み。

久しぶりの家飲みポストです。 本体は只今南の島で軟禁生活を送っていますが、出発前の晩酌

記事を読む

塩つくね

焼きつくねと生ピーマン、葱塩豆腐で晩酌。

先日オーダーしておいた日本酒が届いているぞ。しめしめ。 と勘違いして酒を買わずに帰宅し

記事を読む

141116d2

家飲み献立 11/16 野菜だけのスープとボイルドレバーで赤ワイン。

今日もいい天気でしたが、朝夕は本格的に寒いですね。 今朝は久しぶりに5時前という早い時間に

記事を読む

粗食晩酌献立

焼きピーマン、にら納豆で家飲み。

地味。 いつものことですが、タイトルからして地味すぎます。 基本的に野菜好きの粗

記事を読む

さつまいものにんにく焼き

さつまいもにんにく焼き、ほうれん草と蒸し鶏のしょうが和え献立。

秋めいてきましたね。 相変わらず四季とあまり関係ない生活を送っているもので、季節の変わ

記事を読む

Comment

  1. ちゅーなー より:

    crispy様

    家呑み記事ありがとうございます。

    甲府に来てからタモリ倶楽部方式になりました。
    いかんせんIHコンロ一つ、というアパートなので
    結果、材料を全部用意しておき冷めても大丈夫な物から
    作りつつ呑んでます。

    食べつつ食器を洗い、ついでに洗濯も。
    さらに締めのご飯も……。
    お行儀?何それ?美味しいの? 状態ですねぇ。
    つい酒が進むので注意しなくては、です。

    • crispy-life より:

      ちゅーなーさん

      わたくし、自宅でひとりタモリ倶楽部方式で飲み始めるとついつい調子に乗ってあるもの全部食べ飲み尽くしてしまうという恐ろしい癖があるので自粛しております。洗濯もしつつ作り、飲み、片付けとはなんとも手際がよいですね、素晴らしい!

      ところでコンロひとつのキッチンって実はクリエイティブな発想が浮かぶナイスな環境ではないかと思います。ここ20年ほど住居を転々としましたが、3口時代よりも1口時代のほうが何かと工夫していた気がします。

  2. 別府美人 より:

    こんにちは♪ (^o^)丿

    俳優の《升 毅さん》とかが出る時の『タモリ倶楽部』ですネ!(笑)
    確かに“ あの ”ダラダラ感は、見ているだけでも心地良いユルさですね~♪(笑)
    拙宅のキッチンは「厨房」っぽく造っていて、来客時の料理は、すべてゲストたちに作ってもらいます。(もと「洗面所」だったスペースには「鉄板焼きルーム」にしました♪)
    何故かふだん料理などしない人たちが★俄然★ハリキッてやってくれるのが面白いッス!
    せっかく人が一堂に集うなら、やっぱ【ライヴ感】を楽しみたいし、それが【ご馳走】ということだと思います★

    • crispy-life より:

      別府美人さん

      おお、厨房風キッチンですか。それは存分に倶楽部活動ができますね!

      友人とワイワイ言いながらのダラダラ飲みは家で一人で飲むのとは全く別の楽しみがあって面白いなあと久しぶりに満喫しました。どちらの飲み方も好きですが、おっしゃるようにタモリ倶楽部方式だとライヴ感があるのがいいのかも。あまりに楽しかったので、次回帰省時は鍋倶楽部、とすでに予約をしている次第です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

1st_fuda_40
JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。

ついでだからと立ち寄っただけだった鳴門公園の楽しさに朝から大興

きのこの卵とじ
きのこの卵とじ、さつまいもとわかめの味噌汁献立。

芋と海のものの組み合わせって、妙な魅力を感じませんか。 じゃ

counter
おばさんが旅に出る理由。

おばさんって連れ立って旅行とか散歩とかしたがるじゃないですか。

naruto_24
神戸から高速バスで行く徳島の旅 その1 鳴門渦潮ワクワクタイム。

帰省先の神戸から高速バスを使って徳島に行ってきました。

さつまいものにんにく焼き
さつまいもにんにく焼き、ほうれん草と蒸し鶏のしょうが和え献立。

秋めいてきましたね。 相変わらず四季とあまり関係ない生活

→もっと見る

PAGE TOP ↑