一番好きな倶楽部方式。

公開日: : 家飯, 食べること

winterbeer

どうもダラダラしてしまうな。そんな自覚があったので、1年ほど前にルールを改善しました。

関連 一人晩酌のあり方を考える。

以降ほぼ新ルールに沿った生活しておるわけですが、改善だったのか改悪だったのかは未だ分からず。

ところで私が本当に一番好きなのは「タモリ倶楽部方式」であります。

作りながら飲む、飲みながら作る

tamori

一人の時にこれをやるといろいろ不都合があるので最近は封印していますが、ダラダラ飲みながら、次々つまみを作る、というとても行儀の悪い食事方法が好きです。

これをなぜか私はタモリ倶楽部方式と呼んでいる。でも、具体的にどんなシリーズだったか、またどの回だったかは思い出せず。確か、こういう企画あったよね。飲みながら、つまみ作るヤツ。

さて先日、地元に戻ったのをいいことに久々にこれをやりましてね。

まず、ねぎダレをたっぷり乗せた冷奴小松菜のおひたし、切っただけの鰹の塩たたきを並べ、ビールで乾杯。ちびちびつまみながらしばらく飲んで、冷菜ばっかりってのもなんだねえと、中盤あたりで舞茸を炒めてすだちを絞ったものを投入、さらに飲み続ける。そしてこの日のメインは私の独断と偏見により、神戸スタイルの味噌ダレ餃子。

関連 元町「瓢たん」で懐かしく新しい味噌ダレ餃子。

これまた中華料理店で買ってきたものを焼いただけです。

当初は人様のおうちにお邪魔して、わたくしがつまみを準備する、という企画だったこの夜。しかしよその台所を大荒らしするのも気がひけるし、喋りながらささっと作れるものにしようと考えた結果、普段の一人晩酌とそう変わらない絵面になってしまった。常日頃からささっと作れるものしか食べてないんだから、そりゃそうか。

調理らしきことはほぼせずに(ごめんね)、すぐおいしいすごくおいしい手抜きつまみしか並べられなかったけれど、飲みつつ食べつつ作りつつがことのほか楽しくてダラダラ4時間くらい飲みましたよ、という愉快なお話。やっぱりいいなあ、倶楽部方式。いや、作ってはないけどさ。

おつまみレシピブログ

若い頃はこういうカジュアルな倶楽部方式飲みでも気合入りすぎ材料買い込みすぎ食材あまりすぎの微笑ましい空回りをしていたような記憶があるけれど、結局こういうしょうもないつまみが落ち着くんだよねえ、などと妙なこじつけをしてみる。言い訳はいいから、次回はもう少し華やかな感じで開催しましょうかね。

 




関連記事

白菜とツナのうま煮

白菜とツナのうま煮、蒸し鶏とピーマンの塩昆布和え献立。

毎日の晩酌で並べているのは「名もないつまみ」ばかりです。 「筑前煮」とか「ビーフコロッ

記事を読む

エンサイの香味しょうゆ炒め、キャベツとえびの白和え献立

空芯菜とかつるむらさきとかモロヘイヤとか、熱を入れたらねばりが出る系の青菜全般、好きです。

記事を読む

にんじん炒め献立

にんじんの炒めもの、三ッ葉と油揚げのおろし和え献立 。

先日にんじんを爆買いしたんですよ。 まあ「爆」ってのは嘘なんですけど。単に買っただけ

記事を読む

家飲み献立 9/11 ビールにカイチアオ・ムーサップ。

ロールイカにセロリ、玉ねぎ、春雨、レモン…。 むやみに食材を増やさずに今あるものを活かして

記事を読む

あさりと白ねぎライム塩

あさりと白ねぎライム塩、ベトナムなます献立。

ちょうど旅の食記録を書いている最中に、ベトナムで仕入れた調味料を使った献立の順番が回ってきて

記事を読む

わかめ炒め、茄子とししとうのしょうゆ煮で冷酒。

煮干し出汁欲がすっかり満たされた、などと言っていたのですが。やっぱりまだまだ収まらぬ煮干しへ

記事を読む

照り焼きごぼうハンバーグ、水菜の煮びたし献立。

誰しも一生に一度ぐらいはハンバーグに情熱を傾ける時期があるのではないでしょうか。 私も

記事を読む

家飲み献立 9/18 三つ葉のサラダ、ザーサイ蒸し鶏など5品。

いやー、今日は3時起きだったのでさすがに眠い。 こりゃ今夜はいつも以上に早寝だな…でもそう

記事を読む

親子煮献立

親子煮、ゴーヤとツナのサラダ献立。

卵と鶏もも肉だけではさほど心は動かないが、そこに三つ葉が登場すれば話は変わってくる。

記事を読む

にんじんしりしり献立

にんじんしりしり、揚げなすの味噌汁献立。

毎晩食事と一緒に酒を飲むもので、飲酒を考慮した妙な献立が多いですが、基本は地味なものが好きで

記事を読む

Comment

  1. ちゅーなー より:

    crispy様

    家呑み記事ありがとうございます。

    甲府に来てからタモリ倶楽部方式になりました。
    いかんせんIHコンロ一つ、というアパートなので
    結果、材料を全部用意しておき冷めても大丈夫な物から
    作りつつ呑んでます。

    食べつつ食器を洗い、ついでに洗濯も。
    さらに締めのご飯も……。
    お行儀?何それ?美味しいの? 状態ですねぇ。
    つい酒が進むので注意しなくては、です。

    • crispy-life より:

      ちゅーなーさん

      わたくし、自宅でひとりタモリ倶楽部方式で飲み始めるとついつい調子に乗ってあるもの全部食べ飲み尽くしてしまうという恐ろしい癖があるので自粛しております。洗濯もしつつ作り、飲み、片付けとはなんとも手際がよいですね、素晴らしい!

      ところでコンロひとつのキッチンって実はクリエイティブな発想が浮かぶナイスな環境ではないかと思います。ここ20年ほど住居を転々としましたが、3口時代よりも1口時代のほうが何かと工夫していた気がします。

  2. 別府美人 より:

    こんにちは♪ (^o^)丿

    俳優の《升 毅さん》とかが出る時の『タモリ倶楽部』ですネ!(笑)
    確かに“ あの ”ダラダラ感は、見ているだけでも心地良いユルさですね~♪(笑)
    拙宅のキッチンは「厨房」っぽく造っていて、来客時の料理は、すべてゲストたちに作ってもらいます。(もと「洗面所」だったスペースには「鉄板焼きルーム」にしました♪)
    何故かふだん料理などしない人たちが★俄然★ハリキッてやってくれるのが面白いッス!
    せっかく人が一堂に集うなら、やっぱ【ライヴ感】を楽しみたいし、それが【ご馳走】ということだと思います★

    • crispy-life より:

      別府美人さん

      おお、厨房風キッチンですか。それは存分に倶楽部活動ができますね!

      友人とワイワイ言いながらのダラダラ飲みは家で一人で飲むのとは全く別の楽しみがあって面白いなあと久しぶりに満喫しました。どちらの飲み方も好きですが、おっしゃるようにタモリ倶楽部方式だとライヴ感があるのがいいのかも。あまりに楽しかったので、次回帰省時は鍋倶楽部、とすでに予約をしている次第です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

さつまいもとベーコンのグラタン
さつまいもとベーコンのグラタン、柿と白菜のサラダで赤ワイン

秋冬シーズンに入ると、突然食べたくなる。それが、グラタン。鍋

しつこい手湿疹。薬を使わず「鬼の保湿」で改善する。

夏前くらいからずっと、手荒れに苦しめられています。例のアレ予

ぶりあらのかす汁、油揚げのねぎ味噌チーズ揚げで晩酌。

年がら年中酒にあうつまみを準備する生活がもう何年も続いており

カメラ片手の銀杏狩りと、ひとり酒。東京散歩・墨田区

新しいカメラを購入したので、久しぶりに撮影散歩に出かけました

40代一人暮らし、1食分の食費はいくらか。

一人暮らしの食費は、いくらくらいが妥当なのか。外食、昼食、自

→もっと見る

PAGE TOP ↑