忙しい毎日のメリット、仕事はないよりあるほうがいい。

公開日: : これからの働きかた

hongkong_xmas21

ただでさえ気忙しい師走に、何を思ったか仕事を1本増やしてしまいました。

なぜ、今、この時期に。

我ながらアホかと呆れますが、ぶっ倒れていた時期に少し前から浮上していた案件の話が進み、意識朦朧ついでにうっかり請けてしまったのです。

仕事が増えるのはもちろんありがたいことではあるけど、久しぶりにワタワタしています。

仕事はないよりあるほうがいい

ibishotel-hongkong-17

ワタワタするのも当然のことで、今取り組んでいるのは全く経験のないジャンルの案件。当然、勉強しなければならないことが山積みで、うわあ、なんか忙しくなっちゃったなあと感じています。

フリーで活動していると、仕事はないよりあったほうがいい。断然いい。

40代の働き方、ないないづくしのメリットを活かす。

でも実際問題体はひとつしかないので、あれもこれもと欲張らず、キャパオーバーにならなないようにする必要は絶対にある。パンクしちゃうと結局は相手にも迷惑がかかるしね。

もともとテキパキ能力が皆無なもので、時間に追われまくる毎日を送るのは苦手です。しかし、ぼーっとした人間だからこそ、ある程度負荷をかける時期を設けた方がいいかもね、とも実感しています。

忙しい毎日のメリット

1日は24時間しかなくて、誰もが毎年ひとつづつ歳をとる。

これは揺るぎない事実で、残念ながら平等ではないこの世の中で唯一皆に平等に与えられた権利なのだけど、時の流れの体感速度はきっと人それぞれ違うはず。

分刻みで多くのスケジュールをこなさないと生きてる実感が湧かない!という活動派もいれば、毎日数時間は1人でぼーっと過ぎさないと疲れてしまう、なんてパターンもあるでしょう。

忙しいのはイヤだけど、余白多すぎもまた問題。

私の場合はどちらかといえば後者。時間に余裕のない毎日が続くと心が疲弊してしまう。けれど、逆に余裕がありすぎても派手に無駄遣いをしてしまうダメな人。さらに、別に考えなくてもいいことを考えたりする危険もあるので油断ならない。

空いた時間を埋めたくて、部屋を片付けてばかりいる。

よって、ここ最近のスケジュールは負荷大きめではあるものの、充実感や手応えも感じています。時間の無駄遣いは明らかに減りました。

習慣化が思いがけず役に立つ

shinbashi_7

そして、時間に制約のない働き方でありながらも規則正しい生活を続けてきたのはよかったな、と。

【勝手にHOW I WORK】社会人失格ノマドワーカー、crispy-lifeの仕事術。

おかげで朝一のミーティングに参加する際も思っていたほどは苦にはならず。もちろん通勤ラッシュに慣れていないので多少の戸惑いはあるものの、すっかり習慣となっていた早寝早起きがこんな風に役に立つとは思いませんでした。助かった。

なんて、普通にフルタイムでお勤めの方は朝の電車出勤なんて当たり前にできることでしょうが、そうでない人間にはなかなか難しかったりするのですよ。

もう働きたくないんです。

今後しばらくは生活のリズムも変わるし、スケジュールもややタイトになる。40半ばにしてわざわざ荊の道を行かずとも、という気もしなくはありませんが、期間限定の案件だし、新たなチャレンジの機会を得られたのはラッキーなこと。

ちょっとでも気を抜くと途端にだらけてしまう頭と体を鍛えるため、これも一種の「筋トレ」と捉えてやってみます。

 




関連記事

私、やりたいです。その眩しさと、ある仮説。

【前回のあらすじ】 ある日ふと出会って突然恋に落ちるという憧れの体験した人物を目の当た

記事を読む

チェンマイ 瞑想

仕事を捨て去る。

気分的にはすでに年末大掃除ということで、空き時間にぽちぽち整理。 関連 今年中に捨てた

記事を読む

積み重ね、積み減らす。2019年やることリスト。

今年の目標を紙に書き出して壁に貼り付けておく。そんな受験生方式を取り入れて、早3年目となりま

記事を読む

趣味のアレでお金を稼ぐ大型連休。

好きこそ物の上手なれはまぎれもない真実ですね。 マラソンなんて、走るのキライな人が上達

記事を読む

何をやっているのかよくわからない人。

地元へ戻った時、久しぶりに会った知人に今どういう仕事をしているのか、と問われたので答えると

記事を読む

お金は使うものじゃなくて貯めるもの。

By: JFXie[/caption] またまた旅の計画などを立てています。 ここ数年

記事を読む

50代で起業、異業種への転身。

そういえば、あの人は今どうしているのだろう。 ふとそんなことが頭を過って名前を検索して

記事を読む

休みの日に連絡しても絶対に反応しない後輩。

たのしいたのしい年末年始休暇も終了し、世間はすっかり通常モードに戻りましたね。もちろん私も戻

記事を読む

サイト閉鎖で考える切ないお仕事。

By: C.E. Kent[/caption] 愚痴らないこと嘘つかないこと負けないこと投げ

記事を読む

エールフランスラウンジ

キラキラしてない、普通の人生。

サロンなるものに参加したことが無いから中身知らないし、全部が全部そうじゃないのだろうけど。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

捨てたくなくて買わない人の夏の服。

古くなった定番衣類をちょこまか入れ替えた後、服を買わない生活

手羽元とキャベツのスパイス焼き献立
汎用性の高い、中東の香り。

味付けは塩胡椒でなんとかできると思っているものですから、ハー

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

→もっと見る

PAGE TOP ↑