朝礼での社訓唱和が熱くて怖い。

ota_67

就職活動中の大学生と話す機会がありました。

慣れないリクルートスーツに身を包み、慣れない大人と向き合い、慣れない言葉を操る毎日はなかなかハードな模様です。そうでしょう、そうでしょう。

彼女が狙っているのはさほどお堅い業界ではないのだけれど、それでも非体育会系の学生目線には奇妙に映る風景があり、不安になることも多いのだとか。

例えば、社訓唱和とか。

社訓唱和の気味悪さ

「大声で社訓?スローガンみたいなのをみんなで唱和するような習慣あるじゃないですか。あれ、どこの企業もそうなんですかね」

と、ものすごく納得いかないという風に話す学生さん。

なるほど。

私もそう多くの企業を渡り歩いてきたわけではないので日本企業はどこもそうなのか、と聞かれても答えられないのですが、社訓唱和じゃなくても朝礼のやり方などに傍目には謎めいた風習を持つ企業は少なくないのかもしれません。

関連 残業手当が出ないなら残業したくない若者は「社会をなめている」?

「なんか、怖いんです。洗脳されそうな気がするし、やたら熱いし、私ここで本当にやっていけるのかなって思っちゃって」

体育系系で厳しい上下関係の中礼儀や作法を身につけてきた人ならば企業のカラーに馴染むのにそう抵抗はないかもしれません。けれどアルバイトはおろか部活動すら経験したことがない彼女が聞き慣れぬ社訓を一斉に唱和する大人たちの姿を見て驚くのは仕方ないことでしょう。

私はどうだったかなあ、と考えて思い出す。学生の頃アルバイトしていたデパートであった、ありましたよ、社訓唱和。

それは愛とか美とか信頼とか努力とかなんだかそれらしい言葉をポエムっぽくまとめたもので妙に可笑しく、毎度オール口パクで参加しつつニヤニヤ笑って茶化し倒しておりました。

その上普段は口パクのクセに同僚との飲み会で笑いを取るためだけに完全暗記するという本格的に不謹慎な従業員だったので、件の彼女のように

「洗脳されそうで怖い」

などと考えたことはありません。ちょうど同じ年頃で、同じ非体育会系だというのに真面目と不真面目の違いここに極まれり。ていうかただのバカ。

伝えられないもどかしさ

nerima19

とまあ彼女が聞き慣れぬ社訓唱和に怯える気持ちも十分わかるのですが、想いが社内で共有できない、同じ方向を向けないもどかしさもわかるのです。

例えば街のちいさなレストラン。
オーナーシェフと共に働くスタッフ数人での運営ならばレストランのコンセプトや目指す味、店づくりについて特に確かめ合わずとも肌で学び感じ取れるのですが、これが多店舗展開になるとそうはいきません。

いつの間にか各拠点が独自の解釈をし始めて、オーナーが目指すものとは違う接客になったり、異なるカラーの料理を出したりと、同じ看板を上げていてもクオリティがバラバラ、なんてことになってしまう。

となると、マニュアルを作ろうとか、新メニューの開発は本部のみでとか、朝礼で社訓を唱和しよう、とかになってどんどん面白みのない普通のチェーン店っぽくなってしまう。

そんな歯がゆい経験を私もしたことがあります。形態はレストランじゃないけれど、伝え、共有するために想いを言語化する難しさをひしひしと味わった過去があるのでよくわかるのです。

社員が一丸となって同じ方向を向けるようにスローガンを作ろう。どうせならちょっとカッコイイ感じにしたいよね、とかやってると愛やら努力やらやさしさやらなにやら耳障りのいい言葉ばかりが並び、結局どこの企業も掲げているようなありきたりな社訓ができてしまう。毒にも薬にもならないポジティブメッセージ満載のJ-POPみたいなもんですわね。永遠に諦めることなく翼広げて大空へ自分信じてフライハイ的な。

もちろん世の中にはめちゃくちゃオリジナリティ溢れるナイスな社訓も存在するとは思いますが、企業規模が大きくなるとそうそう冒険もできなくてどこかで聞いたことのあるそれらしい感じに落ち着いてしまうのは仕方ないのかもしれません。

一人でも使える呪文の力

cebu-prices-16_2

そんなふんわりとした社訓の唱和に効力があるのかどうかはわかりませんが、言葉の力というものは確実に存在する。

これは別に多くの人たちが想いを共有しなければならない企業、団体に限らず、個人にも使える技ではないかなと思うのです。

というのも、私自身この力を結構利用しているから。そして相当助けられているなと。

ああああもうダメだわこれ、うまくいかない、やだやだハイハイやめたやめたやーめーたー、となってしまいそうな状況でもふと唱えると妙に落ち着いたり我に返ったりする魔法の呪文的なものを持っているとものすごく捗るのでおすすめです。

関連 自分を疑え。

自分だけのスローガン。
唱えるのは自分だけ、さらには主に心の中でときているので別にカッコよくなくてもそれっぽくなくても全然OK。超オリジナル、だからこそグサッと刺さって効き目抜群。これならみんなで唱和するのに抵抗がある恥ずかしがり屋さんでも大丈夫ですね。

スローガンのクオリティはどうであれ、敢えて言葉にするのはただ想いをみんなと共有したいから。そう考えてみれば、社訓唱和=洗脳、ただ怖いだけの習慣ってわけでもないかもよ?なんて話をさらっとしてみたのですが、真意が伝わったかどうかはわかりません。

就職活動頑張ってください。

 




関連記事

ハッキングが未来を切り開く?”学びたい”は人間の本能。

13歳ってこんなだっけ…。 >>参考 「僕の学校はスタバにあります」 13歳の

記事を読む

お花見ファッション、温度差考慮と負荷の重要性。

By: Peter Lindberg[/caption] 先日は今年初めてのお花見に。 こ

記事を読む

色あせた日常の底上げ、ポイントはふたつ。

大型連休も終了し、通常モードに戻りました。あーあ。 昨年のゴールデンウィークは特に何も

記事を読む

頑張らないあの人の朝ごはん。

朝ごはんにいたしましょう。 平日の午前10時。厳かなる言葉を添えて送られてきた写真には

記事を読む

40代、50代の望まない転職・再就職事情。

友人がこの度転職することになりました。 私より少し年上なのでまもなく50代にさしかかる

記事を読む

口を開けば悪口ばかりの友人に辟易する。

人の悪口というものは聞いていてさして気分のよいものではないが、お互い合意の上での愛ある「弄り

記事を読む

続ける、やめる。習慣を変えるための簡単な方法。

By: Didriks[/caption] 週に一度は休肝日を作ろうと決心してから早一ヶ月。

記事を読む

お金を使わない節約生活、のつもりはないのだけれど。

By: Katie Brady[/caption] 何しろ持ち物が少ないし、買い物も少ないし

記事を読む

犬のこと。

犬派か、猫派か? などという話題がたまに出ますが、私は犬も猫も好きです。でも、どちらか選ぶ

記事を読む

30歳過ぎたら絶望的、会えない長い日曜日。

「お酒飲めないと、人生損するよって先輩が言ってた」 ブランチがてら仕事をするために出か

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
非常食の賞味期限を切らしがち問題。

多分やっちゃうだろうなと思っていたら、まんまとやらかしました

多機能とシンプルさの間で揺れる。

先日、以下のメールが届きました。 この度はお役に立てず

粗食献立
味噌汁とごはんだけの夕食週間2020。

毎日の晩酌をことのほかたのしみに生きている私ですが、しばらく

ストロベリーフィールズ
自分だけしか真実を知らない世界で生きる。

宣言した通り「YESTERDAY」を観ました。大規模な停電と

腹が痛くなるまで笑っていない。

とんでもなく愉快な様子や爆笑するさまを表す言葉に、腹を抱える

→もっと見る

PAGE TOP ↑