休肝日ごはん 玉ねぎとじゃがいもとわかめの味噌汁、ねぎ卵丼献立。

公開日: : 最終更新日:2019/02/03 家飯, 食べること ,

ねぎ玉子ごはん献立

味噌汁とごはんメインの晩ご飯「普通においしい」献立シリーズ。

早いもので今回で最後です。

「普通に美味しい」味噌汁とごはんの夕食。

1週間の実験、といいつつも3回しか書いていませんが、それには理由がありまして。

休肝日ごはん 玉ねぎとじゃがいもとわかめの味噌汁、ねぎ卵丼献立

玉ねぎとじゃがいもとわかめの味噌汁、ねぎ卵丼献立

  • 玉ねぎとじゃがいもとわかめの味噌汁
  • ぬか漬け
  • ほうれん草のごま和え
  • ねぎ卵丼

玉ねぎとじゃがいもとわかめの味噌汁

玉ねぎとじゃがいもとわかめの味噌汁

大きめに切ったじゃがいもと玉ねぎ、わかめの味噌汁。出汁は取らず。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはキャベツと紅芯大根。

ほうれん草のごま和え

ほうれん草のごま和え

ゆでたほうれん草を出汁しょうゆとすりごまで和えます。

ねぎ卵丼

ねぎ卵丼

卵は割りほぐして塩ひとつまみを入れ混ぜ、油をひいたフライパンでふんわり焼いて半熟状で取り出します。同じフライパンで斜めに切った白ねぎを入れ塩を振って焼き、卵を戻し入れて酒で香りつけしざっと混ぜたら完成。茶碗に盛ったごはんにのせていただきます。

あれ。やっぱり今夜も白ごはんの代わりに日本酒添えたら十分飲めるな、という見覚えのある内容になってますけど、ごはんだからこそのポイントもあるのです。

酒のつまみとしてもしばしば登場するねぎ卵。でも、つまみの時はしっかり焼き固めるパターンが多いのです。

葱と卵の炒めもの、大根と豚肉の味噌汁献立。

焼き入れバージョンも好きだけど、やわらかめに仕上げればごはんにとろりと絡んで旨い。ここにエビやら豚肉やら入れるともっと豪華になって丼らしくなりますが、ねぎしか入っていないこの質素さもまたいいのですよ。

休肝日ごはん

さて、1週間の人体実験と言いつつ、なぜ3食分しか記録がないのか。それは、道半ばにして謎の体調不良に陥ったからです。

たった3日で体重マイナス4kg、ウエストマイナス4cm。

酒を飲まないどころか飲まず食わずになってしまい、強制ファスティング&肌断食状態に。断食明けの回復食を経ての本日の献立、舌が敏感になっていることを考慮しての出汁なし味噌汁というわけです。野菜やわかめからもいい出汁は出ているからね。

張り切って始めた実験だったというのに、何がどう作用したのかわからない、というグダグダな結末となりましたが、

「ごはんと味噌汁はとてもいい、好き」

というシンプルな事実にたどり着けただけでも収穫があったというものです。

もし私が酒を止めたら、普段の食事はこのパターンのローテーションで全然いい。時間に余裕のある週末や気の乗った時だけやや手のかかるもの作って、たまには外食もして、それ以外はごはんと味噌汁、漬もの程度で十分だわ。

まあこれは好きなものを好きなように作っていればいい一人暮らしだから言えることだし、残念ながら酒を止める予定もありませんけどもね。

そして肝心の実験結果詳細に関しては、また別の機会に。

 




関連記事

ワインで家飲み アンチョビドレッシングのサラダ。

本日月曜日は休肝日かつ休胃日。 週末は外食することも多いし、早い時間から簡単なつまみと

記事を読む

こんにゃく麺で韓国冷麺風

休肝日のメニュー 冷麺。

またまた休肝日。 特にサイクルを決めているわけではないのですが、丁度細々とした食材も使い切った

記事を読む

白菜と豚肉の重ね蒸し献立

白菜重ね蒸し、炒め大根のスープで家飲み。

白菜が安く出ていました本当にありがとうございます。 いや、安いといってもこの時期の激安

記事を読む

粗食献立

味噌汁とごはんだけの夕食週間2020。

毎日の晩酌をことのほかたのしみに生きている私ですが、しばらく酒を断つこととなりました。しば

記事を読む

まぐろ納豆、ぬか漬けで晩酌。

お久しぶりでございます。ぬか漬け2017、本日より開幕です。 昨年はいつ開始したのだっ

記事を読む

https://crispy-life.com/tag/%e7%84%bc%e9%85%8e/

鶏もも肉のソース焼き、タアサイのスープ献立。

卵とじやらそぼろあんかけやら、おじいちゃんが好みそうなやさしげメニューがここのところ続いて

記事を読む

ぶりの酒蒸し

ぶりの酒蒸し、わかめの梅煮で家飲み。

先日書いた千葉の酒・五人娘。 関連 千葉の酒 五人娘 純米で晩酌 うるいのおひたし、生

記事を読む

菜脯蛋 切り干し大根入り卵焼き。

菜脯蛋、トマトと新玉ねぎの黒酢和えで晩酌。

先日友人から急に声がかかり飲みましょうということになり、何食べたい?と聞けば餃子、という返答

記事を読む

サグラダファミリア

シンプルな人はシンプルなものを作る論からの考察。

By: Steve Larkin[/caption] 小林カツ代著「食の思想」に、 「

記事を読む

肉団子とキャベツの煮込み献立

肉団子とキャベツの煮込み、焼き大根、熱燗で晩酌。

いやいや、お寒うございます。 ということで今季初の熱燗投入です。 日本酒は昔から

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑