忙しいのはイヤだけど、余白多すぎもまた問題。

公開日: : 最終更新日:2018/12/04 生き方と考え方

suginami_79

師走は忙しいものと相場が決まっておりますが、いかがお過ごしでしょうか。みなさまがたのただでさえ忙しい毎日が、年を納めるからといって忙しなさ倍率ドンさらに倍で一人はらたいら状態でしょうか。

世間のみなさまと比較すれば私の忙しさなど極わずかなもの、誤差の範囲。師走レースに参加することすら叶わない通常運転ではありますが、いかんせん忙しなさに弱い単細胞なものですから、12月だというその事実だけでそわそわしてしまいます。

子供か。

忙しいのは苦手だし、嫌いでもあるけれど、忙しさも気忙しさも、使いようによっては役に立たなくもありません。

忙しいのはイヤだけど、余白多すぎもまた問題。

tsukiji150914

時間を贅沢に使うことへの罪悪感が希薄で、ぼんやり過ごすのが大得意です。おかげで空港での乗り継ぎとか、待ち時間とか、まとまった時間を潰すのに苦労することはまずありません。

ささやか過ぎる平凡な人生は退屈か。

日常でも旅先でも、分刻みのスケジュールをこなすことが苦手なので、心穏やかに過ごすためには時間の余白が多めに必要。

そう自負してはいても、したいこと、やらねばらなるないことがたくさんある、忙しない時間をありがたく感じる瞬間もまた多いのです。人間暇だとロクなことを考えないですからね。慌ただしい日々も、考えようによってはありがたい。

嫌な気分から素早く立ち去る方法。

もちろん、充実感を得ようと気力体力共にキャパオーバーしてしまうほどに予定詰め込みまくりってのもこれまた問題で。お金の使い方同様、自分がいちばんホッとできて、なおかつ効率の良い時間の使い方もみちみちと探る必要があるわけで。

空いた時間を埋めたくて、部屋を片付けてばかりいる。

私の場合、現時点ではやや余白過多。今後はもう少しだけ、空いた時間を有意義な手法にて埋める方向へシフトする予定です。

身近な超人から学ぶ気力体力の使い方

などと考えたのも、週末に友人らと出かけていたから。

下らないネタから実のある話まであちこちつつき倒した結果、みんなものすごい活動量だなあと感心してしまったのでした。

年齢はみな私より下だけれど全員40過ぎているのでおしなべて中年。やれ転倒して骨折した、持病で通院中だ、術後の経過を観察中だと、もれなく体に何かしらの不具合を抱えているにも関わらず、最も軽微な症状であった私の風邪的な何かを気遣ってくれるやさしさをも持ち合わせている。

何この人たち、超人…?

年がら年中自分のことで頭いっぱい手いっぱいの私は、友人らのうつわの大きさに毎度打ち震えるのであった。

会うたびに落ち込む友人関係。

うち震えながら、今年もお世話になりました、来年もひとつどうぞよろしくお願いいたします。と、心の中でつぶやきました。いや、実際口に出して感謝のひとつでも述べておけよという話なのですが、改めてそういうことするのも、なんか恥ずかしいし、気持ち悪いじゃないか。

その気になって目を見開いてみたならば、手本になる超人はそこかしこに転がっている。忙しい12月、彼ら彼女らを見習いつつ、気力体力を消耗し切らない程度に進めます。

 




関連記事

大変そうと労われるより、楽しそうだと笑われたい。

扱い慣れないデータを、これまた扱い慣れないツールを使ってどうこうしなくちゃいけない、という頭

記事を読む

一人暮らしのひとりごとと同じくらい怖いこと。

By: fady habib[/caption] 人生とはなんぞや。 そんな絶対に答え

記事を読む

ハッキングが未来を切り開く?”学びたい”は人間の本能。

13歳ってこんなだっけ…。 >>参考 「僕の学校はスタバにあります」 13歳の

記事を読む

プロになれなかった私のプロフェッショナル。

学生時代のアルバイトを含めれば、すでに30年以上も働いている計算になります。 30年

記事を読む

ひとりぼっちの帰り道。

By: Gavin St. Ours[/caption] 普段は家で一人もさもさ粗食を食む暮

記事を読む

自分の名前が書けなくて。

By: Caleb Roenigk[/caption] 本日は執拗に自分の住所氏名を書きまく

記事を読む

ハゲをハゲと罵っても構わないというロジック。

次は、高輪ゲートウェイ。高輪ゲートウェイでございます。 アナウンスで新駅が開業していた

記事を読む

片付けられない私とファサーの心理学。

By: Ella Mullins[/caption] 最近眠れて眠れて仕方ない、のくだりで布

記事を読む

続けた先にある未来。

By: Natalie Lucier[/caption] 今朝駅前で素足に下駄履きの紳士を見

記事を読む

片付けは後回し、先送り。未完了タスクの蓄積が明日の自分を苦しめる。

By: Nafis Ahmad[/caption] 案ずるより産むが易し、という言葉があります。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ゴーヤと厚揚げの黒酢炒め
いつもと少しだけ違う色。

節酒習慣のおかげで飲酒量はぐっと減りましたが、たまに晩酌もし

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

→もっと見る

PAGE TOP ↑