空いた時間を埋めたくて、部屋を片付けてばかりいる。

公開日: : 最終更新日:2018/02/13 ミニマルライフ, 生き方と考え方

room mate laura hotel_5

相変わらずマドンナは人気です。

関連 70代ミニマリスト主婦の財布。

私が子供の頃の実家は、今よりずっとたくさんんのものを狭い家に押し込んで生活していました。それでも、なぜいつもこの家はすっきりと片付いている(注:だからといって、おしゃれとかセンスがいいわけではない)のだ、と、友人の間で噂される程度には美しい状態を保てていたのは、偏に母の努力の賜物でしょう。

共に暮らしていた子供の頃はそれも当たり前でしかなかったのだけれど、親が高齢者と呼ばれる年齢になると、感じ方も変わってくるものですね。

ものが多いなりに片付いている家

同年代の友人のお母様は、異常なほどに買い物が好きで物持ちが良く、さらに、整理整頓も上手いらしい。

ストックがないと心配になるからか、毎度同じものを2つ3つと買う癖があるらしく、当然ものは鼠算級に増えていく。消耗品ならまだ消耗するチャンスはあれど、家具とか調理器具なんていうそうやすやすと消耗しないものも当然複数購入そして所持するので、実家は高齢者二人暮らしの室内とは思えない状態になっている。とは、友人の弁。

「これが乱雑なゴミ屋敷にでもなっていればまだわかりやすいんだけど、なまじ片付け上手なものだから、びっくりする量のものがそれなりにきちんと収納されている様が怖い」

のだとか。怖い、とは、天井まで積み上げられた本が地震で崩れ落ちたらどうしよう、とか、そういう怖さ。単純に心配で仕方ないようです。そりゃそうだ。

関連 実家断捨離の難しさ、本質は片付け以外にあるのかも。

あなたのご両親はすっきり暮らしている点が安心できていいよね。ウチなんて、母親が起きている時間は殆ど家の片付けに費やしているようなものだから。という友人の言葉はさすがに言い過ぎじゃないかと思ったけれど

「なんだか、わざと片付けなければならない環境にして、暇な時間を作らないようにしているようにも見える」

との観察眼には少々驚いたのでした。なんか、愛があるなあと。

常に忙しく、何かをしていたい

tokyostation

そういや昔、会社の同僚が

「週末に誰からも誘いがないと、なんで私ってこんなに人気がないんだろうってイライラしてしまう」

とかなんとか言っていたっけ。じゃあおまえから誘えばいいじゃないかとも思わなくはないし、まだ若く遊びたい盛りだからこその「イライラ」ではあったにしても、誰かから求められる、必要とされることで得られる満足感とか安心感、そして充実感みたいなものはあるんだろうな。と、孤独に強い私でも想像はできます。

関連 シンプルは孤独、そして何よりも面倒なこと。

件の友人のお母様も、その昔は忙しい旦那様やまだ小さい子供達の世話ばかりか、近隣に住まう親戚一同の一手に引き受けていたという働き者。誰かの為に忙しく立ち働くことが当たり前の環境が長らく続き、そのうち子は巣立ち、世話の焼ける親戚もいなくなり、旦那様も隠居生活に突入。

自分が家族に必要とされなくなったわけじゃないけれど、昔ほどは周りに手が掛からなくなった今、空いた時間を今度はものに向け始めた。ぽっかりと空いた時間を埋める方法は、ものを増やすことだった。

だって、ゆったりのんびり、なんかより、毎日やることがたくさんあるほうが楽しいし、生活が充実するもの。

時間があると、ろくなことを考えない

OXO ケトル

いやこれ、完全なる妄想というか最後の方はもはやおとぎ話級の作り話ですのであしからず。

でも、ものを減らせばその分時間に余裕ができるのは真実なのだから、ものを増やすことで時間を埋められると考えても矛盾はない。そして、端から見ればおよそ無意味で非効率な誰かの行為や習慣が、本人にはものすごく重要である場合も、ある。

常に何かをしていたい、ボーッとするのが苦痛、いつも忙しなく働きたい。そんな人だって確かに存在するからね。

関連 短所はこの際おいといて、もう長所に注力する。

暇な時間はボーッとお茶でも飲んでそれなりに有意義に過ごせるならいいけれど、時間があるとあれこれよくないことばかり考えて不安になるから、目の前のことしか考えられない多忙な状況に身を置いていたい、なんて時もあるでしょう。私も学生時代はその方式でバイトしまくったりしたし。考える隙もなくなり、お金も稼げてこりゃ一石二鳥だわい、と思っていた。

たとえお母様の不安解消に繋がるとしても、家族としては危険なほどにものを積み上げた家を全肯定するわけにはいかない。けど、もしもこの「単に時間を埋めたいのではないか疑惑」が遠からずの事実だったとすれば、解決策はあるのかな。興味関心を家の中以外の人や集まりや趣味なんてものに移すことができれば、そこで時間を消費して充実感を得られれば、ものへの執着は薄れるのかしら。

ミニマリストの持たない暮らし

暇な時間を埋めるかのように、ものを片付けて1日を終えているように見える。そう分析した友人の言葉に見え隠れする愛らしきものについて考える。もちろんこれも彼女の想像でしかないのだけれど、思慮浅い私では到底たどり着けないであろうその洞察力の源に思いを馳せる。

 




関連記事

MacBook Air '11

MacBook Air 11インチを購入。小さくて軽い、を最優先に考えた結果。

By: Alejandro Pinto[/caption] そろそろパソコンを買い替えたい。

記事を読む

したい暮らしに、出会おう「ぜいたくな暮らし」書きました。

久しぶりにお仕事ネタなど。 住宅情報のライフルホームズが運営する暮らし情報サイトでコラ

記事を読む

お気に入りのレザーブルゾンを着ない、その理由。

12月に入って最終防寒手段のダウンジャケットを解禁しました。 が、先日の寒さについてニ

記事を読む

ミニマリスト主婦の師走

例のアレもひとまずおとなしくなっているということで、今年も年末年始は帰省することにしました

記事を読む

働きたくない想いは、苦手意識を凌駕する。

今日は午後から2件約束がありましてですね。1件は「はじめまして」の約束。もう1件は既存クラ

記事を読む

自分の中に面白いものがなくてもいい。

孤独はたのしいです。 もともと一人で過ごすのが大好きなので、一人が寂しいとか、誰かに話

記事を読む

ギョサン デニム

ギョサンの季節になりました。

By: Basheer Tome[/caption] さて、春をすっ飛ばして夏を満喫中です。

記事を読む

旅の荷物軽減計画 折りたたみシューズで問題発覚。

By: Grannies Kitchen[/caption] 旅の荷物を減らしたい、そして好きな

記事を読む

行方不明のキティちゃんと出所不明のシャープペンシル。

By: darkday[/caption] 捨てました。 などと声高らかに宣言するよう

記事を読む

電車に乗らない日々、運命の街。

散々列車旅の話をした後でナンですが、普段の生活ではめっきり電車に乗らなくなりました。もちろん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

あの世にものは、持っていけないから。

銀座で酒を飲みながら、友人の現役引退後、つまり、定年退職後の

1人で飲むなら、定食で。韓国・ソウル一人旅で食べたもの その1。

昨年11月に出かけた韓国・ソウル。思いのほか高くついた韓国旅

おねだりした矢先の、老親の入院。

自分自身の老後計画のために、老親におねだりをかました私。正月

友達がいない中年の暮らしぶり。

たのしいたのしい年末年始休暇も本日で終了。明日から私の202

正月早々、老親におねだりをする50娘。

伝家の宝刀、寝正月をキメています。暮れに帰省して、簡単に近況

→もっと見る

PAGE TOP ↑