お金は使うものじゃなくて貯めるもの。

By: JFXie

またまた旅の計画などを立てています。

ここ数年はなんだかんだと度々海外へ行っていますが、元々は海外はおろか旅行自体にあまり興味がなかった人間。一人で旅するようになったのは40を過ぎてからのことなのです。

関連 40代は一人旅に向いている。

けれどよくよく考えてみれば子供の頃からご近所を小道まで満遍なく練り歩いたり、新しくオープンしたお店を見つけてワクワクしたりと街散策はしていました。そんな小さな探検が大好きだったことを考えれば今こんな風になったのも自然な流れ、なのかもしれません。

それなのに大人になってから数十年もの間積極的に旅に出なかった理由は忙しさや語学力、経験値の足りなさもあるけれど、どうやら「お金」の問題も大きいような気がしてきました。

お金は使うものじゃなくて貯めるもの

manytipeofcoin

お断りしておきますが、私はお金が大好きです。
持たない暮らし云々言っていると清貧志向とか嫌儲家だなんて思われるかもしれませんが、全くそんなことはなく。本当にしたいことをして欲しいものを手に入れ、食べたいものを食べるためのお金を稼ぐことにはかなり前向きであります。

関連 持たない、買わない、小さな暮らし。いったいどれだけ貯めてるの?

とはいえ、世の中ゼニやゼニ!みたいなナニワ金融道気質でもないので金銭を得るためだけに嫌な仕事や悪どいことをしたいとまでは思いません。money can’t buy me loveってポールも言ってたし。

ところで前々から趣味がない、と公言していますが、実は30代半ばくらいまではお金を貯めることが趣味といっても過言ではない状態でした。
幼少の頃からお金を貯めたい欲が異様に強く、高校生になってすぐにアルバイトを始めたので10代後半にはそこそこまとまった額の貯金があったのです。周りの友達は欲しいもの、買いたいものがあるからバイトする、といった感覚だったけれど、私の場合は自分で働いてお金を稼ぐこと自体が目的だったような。

嫌なガキですね。

まあこれは育った環境によるところも大きいのでしょうが、幼少の頃から結構な大人になるまでずっと私にとってのお金とは使うものではなく貯めるもの、でした。

投資感覚の欠落

30過ぎた頃だったか、あまりの寒さに嫌気がさして冬休みに突然沖縄へ行ったことがありました。当時母にそれを話すととても嬉しそうに

「あら、自分の楽しみのためにお金を使うようになったのね」

と言われたことを覚えています。
いやいや私に守銭奴英才教育を施したのはアンタでしょうよという感じだったのですが、ガツガツ働いて貯めるばかりで旅行に行ったり趣味に勤しんだりすることのない娘の様子をそれなりに心配してくれていたのでしょう。

もちろん若い女性(当時)なりに友達と出かけたりブランドものを買い漁ったり話題のコスメやエステに手を出したり、なんてお金の使い方は一通りしていたのですが、

「まとまったお金を趣味や関心事、経験に投資する」

という感覚が大きく欠落していたのは事実。

だって、せっかく貯めたお金がブランド物でもおしゃれなインテリアでもない「目に見えないもの」に消えてなくなるのが怖かったんだもの。

お金はむやみに使わず、とにかく貯め続ける。堅実といえば堅実だけど、改めて考えるとなんかちょっと病んでますね。それが今なぜこうなった。まあこうしてあちこちウロウロすることが果たして経験や興味への投資になるのか、その投資にリターンがあるのかどうかは未だ皆目わかりませんけども。

老後のための貯蓄よりも大切なこと

tokyotower8

収入が上がるごとに生活スタイルをどんどん変えていくのは結構危険なことだし、車くらいは持ってなきゃとか年齢的にもそろそろマンション買おうかなとか、なんとなく流されるままに消費をするのは確かにおかしな行為ではあります。

関連 お金と自由と持たない暮らし。

とはいえ、有効なお金の使い方など一切考えず通帳のゼロが増えるさまを目標にするのも切ない。そしてそれが全て老後のためだとしたらさらに切ない。

まだ老後が全くピンときていなかった、というか自分が40代になることにすら現実味がなかった若い頃。このペースで貯め続ければ老後は安心なのかしら、なんてぼんやり思っていたのは別に心底老後が不安だったからではなく、周りがローゴローゴ言うから人生ってそんなもんかなと思っていただけ。

そういう意味では私もまんまと世間の論調に流されていたわけですね。

関連 おひとりさまのマネープラン。

あの頃に比べれば老後は俄然リアルになってきたわけですが、今となっては老後に備えた資産作りだけじゃなく、自分が本当に必要なものを知り上手にお金を使うこと、さらには能力を活かしつつ長く稼ぐ力をつけることにグッと意識が向いているのでした。

ミニマリストの持たない暮らし

そんなタイミングで転職したり独立したり、はたまたこれまでのキャリアとは全くのフィールド外で起業したりと40代にして生き方や働き方を変えている友人たちがチラホラいるのはなんとも刺激的で興味津々。

この辺りのお話は今後も継続して書いていこうと考えております。

 




関連記事

成田空港第3ターミナル

預け荷物20kgの目安と成田空港の電源カフェ。

いい天気! が、朝早くに出たのでさすがに寒く、薄手のパーカーだけで出かけるのはちょっと無理

記事を読む

大人がざわつく理由。

西側の友人から返ってきたメッセージに添えられた、割れた瓶やグラスが床に散乱する写真を見て、背

記事を読む

私が一番大変で、こんなに頑張ってるのに、誰もわかってくれない。

連休中、友人と焼き鳥などをつまみに昼からだらだら飲んでおりました。昼飲みに付き合ってくれる友

記事を読む

今日捨てたもの 8/4 思い出のある食器。

今月は小さなものでも1日に1つは手放していく月間です。 毎日続けたら、31個は減る計算

記事を読む

ホーム画面の謎。

By: raneko[/caption] ずっと不思議に思っていることがあります。 そ

記事を読む

片付け上手と整理下手、その特性を比較する。

By: tommerton2010[/caption] シンプルで物を持たない暮らしを実践し

記事を読む

おしゃれコンプレックスの正体。

By: ParisSharing[/caption] 自分のファッションセンスがずっとコンプ

記事を読む

口を開けば悪口ばかりの友人に辟易する。

人の悪口というものは聞いていてさして気分のよいものではないが、お互い合意の上での愛ある「弄り

記事を読む

音声入力で「自分の人生ロクでもないことばかり」をなくす方法。

音声入力に初めてチャレンジしてみました。昨日書いた記事がそうです。 才能に頼らない方法 正しさとパ

記事を読む

ものが少なくスッキリ、でも落ち着かない部屋。

By: Diana Parkhouse[/caption] 決まらない、決まりません。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑