お金は使うものじゃなくて貯めるもの。

By: JFXie

またまた旅の計画などを立てています。

ここ数年はなんだかんだと度々海外へ行っていますが、元々は海外はおろか旅行自体にあまり興味がなかった人間。一人で旅するようになったのは40を過ぎてからのことなのです。

関連 40代は一人旅に向いている。

けれどよくよく考えてみれば子供の頃からご近所を小道まで満遍なく練り歩いたり、新しくオープンしたお店を見つけてワクワクしたりと街散策はしていました。そんな小さな探検が大好きだったことを考えれば今こんな風になったのも自然な流れ、なのかもしれません。

それなのに大人になってから数十年もの間積極的に旅に出なかった理由は忙しさや語学力、経験値の足りなさもあるけれど、どうやら「お金」の問題も大きいような気がしてきました。

お金は使うものじゃなくて貯めるもの

manytipeofcoin

お断りしておきますが、私はお金が大好きです。
持たない暮らし云々言っていると清貧志向とか嫌儲家だなんて思われるかもしれませんが、全くそんなことはなく。本当にしたいことをして欲しいものを手に入れ、食べたいものを食べるためのお金を稼ぐことにはかなり前向きであります。

関連 持たない、買わない、小さな暮らし。いったいどれだけ貯めてるの?

とはいえ、世の中ゼニやゼニ!みたいなナニワ金融道気質でもないので金銭を得るためだけに嫌な仕事や悪どいことをしたいとまでは思いません。money can’t buy me loveってポールも言ってたし。

ところで前々から趣味がない、と公言していますが、実は30代半ばくらいまではお金を貯めることが趣味といっても過言ではない状態でした。
幼少の頃からお金を貯めたい欲が異様に強く、高校生になってすぐにアルバイトを始めたので10代後半にはそこそこまとまった額の貯金があったのです。周りの友達は欲しいもの、買いたいものがあるからバイトする、といった感覚だったけれど、私の場合は自分で働いてお金を稼ぐこと自体が目的だったような。

嫌なガキですね。

まあこれは育った環境によるところも大きいのでしょうが、幼少の頃から結構な大人になるまでずっと私にとってのお金とは使うものではなく貯めるもの、でした。

投資感覚の欠落

30過ぎた頃だったか、あまりの寒さに嫌気がさして冬休みに突然沖縄へ行ったことがありました。当時母にそれを話すととても嬉しそうに

「あら、自分の楽しみのためにお金を使うようになったのね」

と言われたことを覚えています。
いやいや私に守銭奴英才教育を施したのはアンタでしょうよという感じだったのですが、ガツガツ働いて貯めるばかりで旅行に行ったり趣味に勤しんだりすることのない娘の様子をそれなりに心配してくれていたのでしょう。

もちろん若い女性(当時)なりに友達と出かけたりブランドものを買い漁ったり話題のコスメやエステに手を出したり、なんてお金の使い方は一通りしていたのですが、

「まとまったお金を趣味や関心事、経験に投資する」

という感覚が大きく欠落していたのは事実。

だって、せっかく貯めたお金がブランド物でもおしゃれなインテリアでもない「目に見えないもの」に消えてなくなるのが怖かったんだもの。

お金はむやみに使わず、とにかく貯め続ける。堅実といえば堅実だけど、改めて考えるとなんかちょっと病んでますね。それが今なぜこうなった。まあこうしてあちこちウロウロすることが果たして経験や興味への投資になるのか、その投資にリターンがあるのかどうかは未だ皆目わかりませんけども。

老後のための貯蓄よりも大切なこと

tokyotower8

収入が上がるごとに生活スタイルをどんどん変えていくのは結構危険なことだし、車くらいは持ってなきゃとか年齢的にもそろそろマンション買おうかなとか、なんとなく流されるままに消費をするのは確かにおかしな行為ではあります。

関連 お金と自由と持たない暮らし。

とはいえ、有効なお金の使い方など一切考えず通帳のゼロが増えるさまを目標にするのも切ない。そしてそれが全て老後のためだとしたらさらに切ない。

まだ老後が全くピンときていなかった、というか自分が40代になることにすら現実味がなかった若い頃。このペースで貯め続ければ老後は安心なのかしら、なんてぼんやり思っていたのは別に心底老後が不安だったからではなく、周りがローゴローゴ言うから人生ってそんなもんかなと思っていただけ。

そういう意味では私もまんまと世間の論調に流されていたわけですね。

関連 おひとりさまのマネープラン。

あの頃に比べれば老後は俄然リアルになってきたわけですが、今となっては老後に備えた資産作りだけじゃなく、自分が本当に必要なものを知り上手にお金を使うこと、さらには能力を活かしつつ長く稼ぐ力をつけることにグッと意識が向いているのでした。

ミニマリストの持たない暮らし

そんなタイミングで転職したり独立したり、はたまたこれまでのキャリアとは全くのフィールド外で起業したりと40代にして生き方や働き方を変えている友人たちがチラホラいるのはなんとも刺激的で興味津々。

この辺りのお話は今後も継続して書いていこうと考えております。

 




関連記事

小さい折り畳み傘

片付ける度に出てくる、妙なもの。

比較的時間はあれど、ずっと雨続きの週末。 わざわざ出かける気にもなれず、なんとなく部屋

記事を読む

MacBook Air '11

キーボードカバーの必要性と耐久性 2代目。

どうせまた1年くらいでダメになるだろうから、来年の今頃また同じ検証をしましょうね。 そ

記事を読む

ボダム フレンチプレス

フレンチプレスコーヒーメーカーを久しぶりに使う。

シンプルライフ、ミニマリストとその名称は時代によって変化していきますが、整理整頓・お片づけ界

記事を読む

今日捨てたもの 8/2 音楽CDは少しづつ減っている。

今月は小さなものでも1日に1つは手放していく月間です。 と言っても、捨てるモノの 「

記事を読む

荷物が少ない引越しの見積結果。

さて、先日書いた引越しについて。 参考 持たない暮らし。引越し費用は安くつく?

記事を読む

モノを所有しない時代の稼ぎ方。

By: Rob Ellis[/caption] 最近は映画やテレビドラマ、音楽、書籍や雑誌に

記事を読む

目的か手段か、手段が目的か、それとも単なる好奇心か。

By: Sam Howzit[/caption] モノを減らすのは手段であって目的ではない。 な

記事を読む

個人ブログ、あなたの日常なんかに誰も興味はない。

By: filipe ferreira[/caption] もう10年くらい読み続けているブ

記事を読む

非常食の賞味期限を切らしがち問題。

多分やっちゃうだろうなと思っていたら、まんまとやらかしました。非常食としてストックしていた

記事を読む

40代独身、一人暮らし環境を強化せよ。

私は現在都内で一人暮らしをしております。 会社勤めをしていないフリーランスの身なので、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

タコを育む女。

私はタコを育む女。なんのこっちゃですが、タコ、タコですよ奥さ

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよ

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。
サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assada

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージ

→もっと見る

PAGE TOP ↑