冬の旅に持参するスキンケアとメイク用品 ’16。

公開日: : 最終更新日:2018/05/12 ミニマルライフ, 健康と美容, 旅人への道

旅の荷物を少なくするべくスキンケアもシンプルにしたいなあとあれこれ試しながらなかなか定着しなかったここ数年。

某口コミサイトで似た属性の方の口コミなどもチェックしつつやってきたものの、ニベアも馬油ももう一歩というところで定着しませんでした。

関連 40代のニベアはありか、ナシか。

敏感肌でもOK、美白に効く、シワがなんちゃら、なんて聞けば飛びついていた昔のことを考えればこれでも随分落ち着いたほうですが、頼れる1本にめぐり合うのはなかなか難しいものですね。

さて、今回は冬の旅。何を持参しましょうか。



冬の旅に持っていくスキンケアとメイク用品

ヒルドイド アトピー

前回は真夏に暑い島へ行きました。

関連 最小限の旅の持ち物 旅に持参するスキンケア ’16。

この頃から使い始めたヘパソフト、今回ちょうどなくなるタイミングだったので新しいボトルを準備。

夏場はこれ1本で行けたもののさすがに冬場は無理かもね、なんて考えていたけれど意外や意外。今のところ化粧水→ヘパソフトで問題なく過ごせております。そして相変わらずにわかオイリー肌継続中。

これは…もしかして年中いけるのか?

私が最も苦手とするのは乾燥が厳しい冬、そして花粉が舞う春。次の夏までこれ1本で凌ぐことができれば確実に定番アイテムとして常備できると期待しております。頼んだよ。

そしてメイクのほうも新たなアイテムを投入。といってもこれまでと同じくBBクリームなのですが、ちょうど切れたタイミングでサンプルが手に入ったので使ってみることにしたのでした。

ベースには米粒大で済むBBクリーム

BB&CCクリーム

思えばBBクリーム系をもう随分長い間使っているけれど、めちゃくちゃ気に入っていたわけでもありません。

肌トラブルが絶えないこともあってスキンケアにはそれなりに関心があるのですがいかんせんメイクには無頓着。さらには技術もないときたもんで使っているメイク用品は20代の頃からずっとドラッグストア系なのです。仕事の関係で結構な高級品をいただくことも多かったのですが海外ブランド系は匂いが強すぎてダメというのもあり全然使いこなせずまんま豚に真珠という悲劇。

かといって素肌でOK!と胸を張れるような美肌は持ち合わせていないので気休め程度にはベースを作りたい、ゆえのBBクリームチョイスです。

今回試してみたのはBB&CCクリームなるものらしいのですが、すみません、CCクリームってメジャーなアイテムなんでしょうか。

参考 BBクリームCCクリームってどんなもの?(ラウディ)

BBとは、「Blemish Balm」の頭文字を取ったもので、ブレミッシュ(欠点・傷)を補うという意味があります。そのカバー力の高さから今では、ベースメイクとして広く愛用されています。一方、CCクリームは、光の反射と目の錯覚を利用して肌を美しくみせる効果があるクリームで、CCは「Color Control」の略で、「肌の色を補正する」といった意味があります。

そうですか。全然知りませんでした。

BBクリーム系の便利なところは何と言っても1回の使用量が少なくて済む=容器が小さい=かさばらないこと。こちらも米粒2つ分位の量がいい感じで伸びてくれる手軽さが旅好きには嬉しく、さらに使用感は軽いのに結構きちんとメイクした感が出るのも頼もしい。厚塗りという意味ではなくなんというか、色補正?ワントーン明るくなる感じというか。これがCCなのか?

そもそもはメイク下地として使うものなのかもしれませんが、私はこれだけで十分満足。もっとしっかりメイクにしたい場合は量をやや多めに塗って粉を重ねればそれなりに見えるかなと。1週間ほど使い続けてみたところなかなか良さそうだし肌への負担も感じないので今回はこれを持参することにします。

冬の旅に持参するスキンケアとメイク用品 ’16

というわけで新アイテムを含めた今回の旅アイテムは

スキンケア

メイク

といったところ。普段のメイクは眉描いてアイラインを入れるだけなのですが、今回はややしっかりメイクをしたい場面もありそうなのでフル装備持参します。ってこの中学生のようなメイク道具のどこがフルだ生意気な。小さいポーチに余裕で収まりますわね。

ミニマリストの持たない暮らし

メイクは普段から最小限。でも自分が気分良く過ごすためにノーメイクでは過ごしません。

関連 「ノーメイク」は、やめました。

スキンケアが随分絞れてきたので洋服と違ってフル装備でもさほどかさばらず旅の準備がラクになったのは嬉しい限り。後は肌トラブルさえ起きなければ言うことなしです。

さて、続いては服ですね。

 




関連記事

1st_fuda_40

JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。

ついでだからと立ち寄っただけだった鳴門公園の楽しさに朝から大興奮の我々。 神戸から高速

記事を読む

By: Ly Thien Hoang (Lee)

持たない暮らしのリアルを覗く。

By: Peter Alfred Hess[/caption] 身内の書店員情報によれば、相

記事を読む

By: twitter.com/mattwi1s0n

魂の退社 50代で会社を辞めるという決意。

By: Vincepal[/caption] 「とにかく逃げ切り世代のやり方についていけなか

記事を読む

By: Edward Betts

身軽で簡素でモノがなくても、人生は十分複雑だから。

By: tanakawho[/caption] どうにもこうにも「比較検討」という作業が苦手

記事を読む

chiayi_6

台湾一周一人旅 噴水広場に東石漁港、嘉義で行ったところ。

台湾3都市目、嘉義に到着しました。 関連 台湾一周 鉄道駅弁一人旅。 駅前のムー

記事を読む

ipod_code2

物持ちのいい人間でも、長持ちさせられないもの。

メンテナンス後、快調です。 増え続けるばかりで、整理の仕方がわからない。 作業内

記事を読む

ito_5

伊東へ日帰りドライブ旅 日本散歩・静岡県

東京から静岡県・伊東市まで、日帰りドライブに行ってきました。 日本国内、各地で散歩

記事を読む

setagaya_8

いい年をした大人がフラフラすべきではない論。

前回引っ越してから1年が経過しました。 関連 持たない暮らし、引越し作業は20分。

記事を読む

diary

今日捨てたもの 8/20 10年分のスケジュール帳を処分。

今月は毎日何かひとつ捨てると決め、毎日実践しています。 これまでは割りとほいほい手放し

記事を読む

マドリード王宮

スペイン・マドリードの旅2015。

念願のスペイン旅行。 バルセロナから移動してマドリードに来ています。 なんとなく

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

sugamo2_19
仕事は地獄、お楽しみは全て終わった。

先日、初対面の同業の方とお話しする機会があり、自分が現在携わっ

あさりと白ねぎライム塩
あさりと白ねぎライム塩、ベトナムなます献立。

ちょうど旅の食記録を書いている最中に、ベトナムで仕入れた調味料

hochiminh_foods_26
ホーチミン一人旅で食べたもの、コムタムとフーティウコー。

ベトナム一人旅の食記録、パート2です。 ホーチミン一人旅

stand_m
減らす美容。

酒を抜いたらよくなるけど、一度飲んだら振り出しに戻るが常ですね

小松菜の卵とじ献立
小松菜の卵とじ、キャベツと蒸し鶏のわさび和え献立。

お久しぶりの、晩酌献立です。恥ずかしながら帰ってまいりました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑