40代のニベアはありか、ナシか。

公開日: : 最終更新日:2016/09/18 ミニマルライフ, 健康と美容

スキンケアを冬バージョンに変えて3ヶ月くらい経ったでしょうか。

参考 40代のスキンケア、冬。旅に持参したアイテムはたった2つ。

肌断食、とまではいかないまでも、以前使っていたスキンケアアイテムをぐっと減らしてシンプルなケアにしたこの冬。

参考 肌断食、「悪魔の書」を手に入れた。

調子が悪くなったらまた元のケア方法に戻せばいいや、程度に考えていたのですが、思えばその考え自体が以前の私なら有り得ないことだったりして。

アトピーに悩み続けた人生

何度か書いていますが、私はもともとアトピー持ちです。

症状が治まっている時はアトピーだとは全くわからないのですが、発症した時は人相が変わってしまいます。

そう、やっかいなことに顔を中心に出るアトピーなんですね。

一旦発症すると顔のあちこちに赤い斑点ができ、元々二重の瞼は腫れて一重になり、ちょっと誰だかわからない顔になってしまうのです。子供の頃から1年に1度は発症していたので、若い頃は本当に嫌で嫌で仕方ありませんでした。

人前に出る仕事をしていた頃は同僚に

「どうしたの?顔腐ってきてんじゃん(笑)」

と言われて絶望したものです。

今になって考えれば、悩んでいる人間にそんな発言するような人の言葉でいちいち傷付く私もどうかしてたとしか思えませんが。

ストレスが原因じゃない?なんて言われたりもしたけれど、そもそもアトピーがストレスなので、身動きが取れない状態。

ええ、藁をも掴む思いで民間療法に相当のお金も時間も使いましたよ。

大人になってからもずっと敏感すぎる自分の肌に悩まされてきましたが、ここ数年全く症状は出ていません。日本を離れたのがよかったとも考えられますが、帰国してからも全く出ていないのはありがたい限りです。

実験できるまでに強く

長年肌トラブルを抱えていた私。
基礎化粧品もメイク用品も安価なものを使うことを極端に怖がっていたのに、まさかドラッグストアで数百円で手に入るようなクリームを顔に塗って

「調子悪くなったら止めればいいや」

なんてことができるようになるとはびっくりです。そして、幸いなことに調子が悪くなるどころか肌が強くなっているような気さえしています。

なんなんだ、一体。

スキンケア以外に考えられることといえば、アーモンドくらいでしょうか。

参考 素焼きアーモンドを食べ比べてみた。

相変わらず飽きずに食べ続けていますが、これの効果もあるのかしらん。

気分よければ全てよし?

さて、40代でニベアを使うことはありか、ナシか?
私の場合、現時点では「あり」です。

思うに、スキンケアって「気持ち」の部分も大きいのかも。プラシーボ効果が働きやすいのではないでしょうか。

偽薬効果(ぎやくこうか)、プラセボ効果(プラシーボ効果)とは、偽薬を処方しても、薬だと信じ込む事によって何らかの改善がみられる事を言う。この改善は自覚症状に留まらず、客観的に測定可能な状態の改善として現われることもある。原病やその症状自体の改善というよりは、「薬を飲んでいる」事による精神的な安心感の方が目的となる事もあり、このような単なる安楽は通常偽薬効果には含まれないが、その区別が難しいこともある。
wikipediaより)

多くのモノを持たないシンプルな生活がしっくりきている今の私は、高価なコスメをあれこれ使うのではなく、身近なアイテムを使ったシンプルなケアが気分。だからこそ、いい状態を保てているのではないかと思うのです。

もしもニベアを使う理由がお金がなくて仕方なく節約のために、だったとして、

「ああ40代にもなってニベアしか使えないなんてイヤだなあ、高校生じゃあるまいし。もっと高いクリームを使えたら綺麗になれるのに。」

なんて考えながらイヤイヤながらにぺたぺた塗っていたら、全く効果は違うような気がするのです。

結論。

高級なコスメこそ効果があるし使っていて気持ちいい、ドラッグストアコスメなんてまっぴら!と思うのならばニベアはナシ。

シンプルなケアでも自分の肌は十分にいきいき綺麗になるんだ、おもしろーい!と思えるならばニベアはあり。

って、成分を分析したわけじゃなし、そんな単純に片付く問題ではないかもしれないけれど、これ、あながち間違いでもないような気がします。

なんて言っている私ですが、少し前までは結構なお値段のスキンケアアイテムも使っていました。

参考 40代のスキンケア。基礎化粧品を変えて1ヶ月が経過。

しばらくしたらまたドゥラメールを使ってみて、違いがあるのかどうか試してみるのもおもしろいかもね、なんて思っています。

※追記 その後なかなかお手入れ法が確定しません…
関連 40代の肌のお手入れ 秋の美容計画 2016。




関連記事

私の気が滅入るのは、全部あいつのせいなんだ。

元来生気満ち溢れるタイプの人間ではないのですが、そこそこ機嫌よくは暮らしています。 な

記事を読む

布団の酷使とピンチの劣化。

シーズン毎に取り替えられることもなく、1年中酷使されている我が布団。 1枚でオールシー

記事を読む

白髪染め 新しいカラートリートメントを使ってみる。

By: Lisa Cyr[/caption] 肌トラブル問題で先延ばしにしていた白髪ケアをよ

記事を読む

財布からいらないものが13点も発掘された。

おお、気持ちのいい朝ですね。 現在窓際にベッドを置いていて、シーツが真っ白なので晴れた

記事を読む

目玉焼き丼

一人暮らしの料理 簡単で飽きない自炊のコツ。

一人暮らしの料理について、以前調味料に関する「最低限の調味料8つ!これだけあれば十分自炊でき

記事を読む

満たされない毎日の過ごし方。

先日は久しぶりに酒を抜きました。 フィリピン滞在中は酒が飲めない環境だったもので、飲む

記事を読む

2017年 買ってよかったものベスト3。

年が明けたので去年の買い物を振り返ってみましょうか。 関連 2015年、買ってよかった

記事を読む

捨てる、捨てない 記念のアレに未来のコレ。

By: Lindsey Turner[/caption] 引越し作業はあっという間に終了した

記事を読む

変化に気づく大切さ お腹ぶよぶよ大作戦。

願ってもいないのに、どんどん膨張してゆく腹回りの肉。 関連 おなかぶよぶよ大作戦。

記事を読む

持ち物の中で、一番大きなものは何 ?

現在、私の持ち物の総数は一般家庭の平均的な数には遠く及ばないかもしれませんが、洋服や鞄、靴な

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ごぼうのひき肉炒め
ごぼうとひき肉の甘辛煮、菜の花の柚子味噌和え献立。

半世紀近く生きていれば調理機会も自動的に多くなるもの。自分一

自力で治療した手湿疹、次の一手は。

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど

豚ロースの柚子味噌焼き
豚ロースの柚子味噌焼き、もずく温やっこ献立。

ここのところ、日々の晩酌にゆずを多用していますねえ。鳥豆腐、

女は40から!とは、全然思えない。

テレビを持っていないので、しばらくは全く見ていなかったドラマ

親子煮、キャベツのわさび白和え献立。

酒のつまみとしての卵とじ、結構好きです。出汁をきかせてあくま

→もっと見る

PAGE TOP ↑