EMILIO PUCCIのボストンをご近所使いに。

公開日: : 最終更新日:2015/08/29 ファッション, ミニマルライフ

firenze

服はかなり減ったものの、鞄と靴がまだまだ多い気がするこの頃。

靴は少々妥協して持っているものもないとはいえないけれど、鞄群に関してはほぼ「お気に入り」だけで構築されているのでまあよしとしましょう。

最近、私にとってのファッションアイテムって「趣味の道具」かもしれないなあと思い始めました。

が、それについては改めて書くことにして、久しぶりに偏愛アイテムの話など。

 

偏愛アイテム その6 コーデュロイのボストンバッグ

puccibag

15年程前に某セレクトショップで一目ぼれして購入したエミリオ・プッチのボストンバッグ。確か2000年あたりなのでまだ銀座の路面店オープン前、日本に直営店がなかった頃のお話です。

プッチといえばあの特徴的なプリントが印象的ですが、このバッグに使われているのは一見それとはわからない妙なアニマル柄。形も、色合いも、サイズもかなり気に入って当時は本当に頻繁に使っていました。が、それだけお気に入りなのに買ってすぐ酔っ払って赤ワインをぶちまけるという大失態をしでかしてるんですけどね…。

素材が素材だけに冬にしか使わなかったとはいえ、さすがに15年選手。淡い水色という色合いも影響してか「お出かけ」に使うにはかなりくたびれてきてしまいました。水色もずいぶん褪せちゃったし。

序盤にワインで汚したのは大失敗でしたが、それがなくても劣化しやすいコーデュロイをここまで使えれば本望、というほどに活躍してきたバッグ。さすがにもう引退させてもいいのかなと考えたのですが、どうにも好き過ぎて手放す気になれません。既に人から見たら随分古ぼけたバッグだなあ、くらいの印象にまでなっていると思うのですが、自分の愛情は新しい頃と何ら変わらず、なのです。

というわけで、ご近所バッグとしてもう少し使うことにします。

参考 ファミリーセールに招待状ナシで参加する方法。

見た目以上にとても軽いので近所に買い物に出かける時や仕事をしにカフェに行く時にも使いやすいです。サイズも大きいからラップトップも余裕で入るしね。
いやあ、まさかこのバッグをご近所仕様にする時がくるとは思わなかった。でも、好きなものはできるだけたくさん使いたいもんね、大事に仕舞い込んでいても仕方ない。今の私には「ただ所有しているだけで使わない」ようなアイテムは必要ないのだから。

40代女性のファッション

 

叶わなかった「夢」

ところで数年前にプッチのスタッフさんとこのバッグの柄の話になり、「私も見たことがないファブリックなので60年代か70年代のデザインかもしれません」と、ブランドヒストリーの分厚いカタログを開いて一緒に探しまくったけれど、結局いつのコレクションで使われていたものかはわかりませんでした。

近年はデザイナーとの相性が悪いのか、好みの路線から大きく外れてしまったので残念ながら新しいコレクションには全然興味が沸きません。まあ、これも縁ってやつですかね。

しかしあの当時のプッチは本当に好きで、カッペリーニのソファが置けるような大きなマンションに住みたいと本気で思っていました。

cappellini
(Photo:www.Cappellini.it)

このソファとそれが似合う部屋を手に入れること。それがあの頃の夢のひとつでした。これを書いてて今思い出した。

結局夢は叶うことなくこのソファも廃盤になってしまったけれど、もしもあの頃手に入れていたとしたら、その後私の人生は何か変わっていたのかしら?それは誰にもわからないけれど、あればあったでとても大切に使ったであろうことは容易に想像できるし、なければないで不幸にもならなかった、というのもまた事実。

当時はそれが手に入りさえすれば幸せになれるとすら考えていた「モノ」たち。でも、今となっては管理のことを考えるとむしろ買わなくてよかったのかも、なんて思えるから、人間の欲なんて儚くもいい加減なものですね。
「夢」といってもあれが欲しい、これが買いたいなんていう「物質的な夢(というか、ただの物欲)」なら、叶わなくても、そして叶っても、人生自体にはさほど大きな影響はないってことなんでしょう。

 




関連記事

積み重ねてきた実績を、全て捨て去る。

おそるおそる触ってから10日ほどが経過しました。 関連 先延ばしを片付けた達成感を味わ

記事を読む

何を捨て、何を残すか。大切なのは数じゃない。

By: muha...[/caption] コンパクトカメラの修理にようやく着手した、と書き

記事を読む

白髪がカッコいい服、白髪が似合う人。

白髪対策についてずっと書いていますが。 参考 白髪ケアの記録 かなり長持ちしたカ

記事を読む

オールシーズンこれ一枚、が洗濯したらぺったんこ。

5月だというのに各地で余裕の30℃ですって。夏ですね。 寒いよりは暑い方が全然マシなの

記事を読む

旅に出てわかる、自分が必要としているモノ。

By: Paragon Apartments[/caption] 今回の旅に持参した私物(洋

記事を読む

シンプルは孤独、そして何よりも面倒なこと。

久しぶりに髪を切りに出かけて待ち時間に雑誌を広げる。 パラパラとめくると 「シン

記事を読む

モノがなく、愛もない部屋で。

親密な付き合いにある友人はさほど多くないので、頻繁に人の家に出入りする機会はない。でも、皆無

記事を読む

最小限の旅ファッション、問題はいつだって靴だった。

旅の荷物について考えています。 また旅行かよ!といい加減言われそうですが。 関連 旅人への道。

記事を読む

タイニーハウスはいらないけれど。スマートサイジング 価値あるものを探す人生

「タイニーハウス」を知っていますか? タイニーハウスとは、その名の通り「小さな家」のこと。

記事を読む

「買いまくる」彼女と「買わない」私の事情。

今朝遠方に住む友人から小包が届きました。 小包、といっても中身は旬の果物でも、海外旅行土産

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

会社員も副業、複業、2020。

働き方の分野が特に変化している、と書きました。今年後半の運勢

手湿疹ケア1ヶ月
手指消毒で手がツラい。

ひどい手湿疹が再発してしまい、うなだれています。薄れゆく記憶

さよならマエストロ。

エンニオ・モリコーネが亡くなった。91歳だった。なんだかんだ

価格大暴落にうろたえてメルカリ。

今更ですが、先日メルカリデビューしてみました。大昔はオークシ

50がらみの誕生日はうれしいか。

By: Will Clayton お誕生日おめでとうございます

→もっと見る

PAGE TOP ↑