最小限の旅の持ち物。それでも持っててよかったモノたち。

公開日: : 最終更新日:2017/02/28 ミニマルライフ, 旅人への道




荷物は少なく、足取り軽く。

今回の旅行は長期だけれどできるだけ荷物を少なくしようと心がけていました。さらに、旅行のための買い物も極力控える、というルールも追加。

参考 旅の準備のコンセプト。

自分は一体どれくらいの持ち物があればストレスなく生活できるか、の実験も兼ねています。

できるだけ余分なものは持たない。
それでもやっぱり生活必需品とは言えなくても「持っててよかった」と思えるものがいくつかありました。

夏の旅行の「持っててよかった」

qv3

ハッカ油

ハッカ油

以前暑い国で暮らしていた頃は蚊に刺されることが全くなかったので油断していましたが、今回はめちゃくちゃモテました。蚊に。

虫刺されの薬は持参していたのですが、デング熱も怖いのでできることなら刺されないようにガードしたい。

現地でももちろん虫除けスプレーやローションなどは小分けで売っているのですが、手持ちがなかった時に化粧ポーチに忍ばせておいたハッカ油が役に立ちました。

参考 北見のハッカ油で虫除け対策。

虫除けだけじゃなく、外を歩いて汗をかいたときにウェットティシュに1滴垂らして首周りや脇などをふき取るとスーッとリフレッシュできるのも気持ちいい。瓶なので持ち歩くのに少々注意する必要はありますが、小さいものなので邪魔にはなりません。

 

カンガ

カンガ アフリカの布

夏の旅には欠かせないカンガ。今回も海で山で大活躍でした。

参考 最小限の洋服で身軽におしゃれに旅したい!持ち物リストに加えたい”カンガ”。

とにかく大判なのに軽く、洗ってもすぐに乾くところがいいのです。
ビーチやプールのお供にはもちろんですが、今回は瞑想修行のお寺で肌の露出を控えるのに使ったり、ゲストハウスでベッドのカーテン代わりに使ったりと新しい使用法も見つかりました。

…って、ゲストハウスや寺を頻繁に利用する人もあまりいないでしょうけど、暑い日には日除けになるし、お土産を買いすぎてスーツケースに入らなくなった!なんていう時には風呂敷にもなりますよ。

 

ネイル

ギョサン デニム

引越し時にネイル用品のほとんどを処分してしまったので、今持っているのは赤とゴールドの2本だけです。

参考 大量に処分したネイル用品。

今回は赤を持参。現地ではほとんどギョサンですからね、指先丸見え状態なのでぺティキュアをしていると気分がいいです。ちなみに手指にはつけていません。

マニキュアなんていくらでも現地調達できるのですが使い捨てするようなものでもないし、必要分は既に持っているのに増やすのはいやなのでいつものヤツを持参した次第です。

白髪かくし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ

普段はカラートリートメントを使っていますが、旅の間はお休み中。

参考 旅行、外出先での白髪対策。

さすがに1ヶ月も空くと、染まっていた部分の色も落ちてきてしまいます。暑いので普段よりも頻繁にシャワー浴びちゃうしね。

一応気休めに、と白髪かくしを持参していたのですが、目立つ部分だけでもケアできるので助かりました。でも、帰ったらまたちゃんと色入れなくちゃだなあ。

 

一眼レフ・PC

nikon

セブ島でスーツケースを手放した時はやっぱり荷物が重くて、正直

「カメラとPCさえなければ…」

と思ってしまいました。が、やっぱりこれらは手放せません。

仕事をする必要がなかったとしても、スマホで長文書くのは苦手なのでPCがなければブログの更新もできないし、モノを持たない私の数少ない趣味の写真でたくさんの人に喜んでもらうこともできる。

昔は写真を撮っても相手に渡すまでが時間的にもコスト的にも大変でしたが、今はオンラインで簡単にシェアできる時代。写真はモノじゃないけれど、立派な贈り物になるんだなあと今回改めて思ったのでした。

 

以上、旅に持参してよかったと思ったモノたちでした。
洋服関係に関してはまた改めて。

モノを持たずに身軽に暮らす

もちろん、必要なものは人それぞれ違うので、これらのアイテムは全ての女性に必須!というわけではありませんが、ゴールデンウィークや夏休みの旅を計画している方の参考になれば幸いです。

 

 




関連記事

まだそのサンダル履いてるの?

昨日あのお方より、開幕宣言を拝受しました。 勝ち組兄さん家の電気料金はひと月約800円

記事を読む

NY ホテルエジソン ツインルーム

荷物を持たない都会のホテル暮らし。

引っ越したという知人の話をよくよく聞いてみると、現在はホテルを拠点として生活していると言う。

記事を読む

旅の荷物、結局使わなかったもの。

大荷物と共に移動するのが苦手なもので、基本的に使わないものは持っていかない派です。 関

記事を読む

40代になっても、懲りずにしつこく学び続ける。

以前1ヶ月間毎日続けてみたオンライン英会話。 関連 オンライン英会話を1ヶ月間続けてみ

記事を読む

なぜ捨てられないのか、わからない。

結構勢いよく捨てているように思われるかもしれませんが。 夏ものに着手する前から、何度も

記事を読む

何もしたくない日。

By: Richard Walker[/caption] 年に数日くらいの頻度で 「何

記事を読む

エールフランスラウンジ

身軽さ重視の買い物は失敗だったと気づいている。

スーツケースを持たない、荷物の少ない旅用の鞄が欲しい。 探し続けた結果、めでたく理想形

記事を読む

買えない生活、底の抜けたスニーカーを履く気持ち。

ネズミ履きができるスニーカーはいねがーとアンテナを張り巡らせること数週間。 靴とパンツ

記事を読む

セブ島の治安情報 女性一人旅でも大丈夫?

フィリピン・セブ島は美しいビーチがたくさんある外国人にも人気のリゾートスポット。ゴールデンウ

記事を読む

最低限の靴の数、スニーカーすらよそゆきに。

4月最終週。結果は8,514歩/1日でした。 自分の認識よりずっと少なかったという事

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

おばさんのモーニングルーティン。

2週間が経過しました。 2週間でウエストマイナスんcm、お腹ぶよぶよ

生きていくために必要な最低限のものが揃ってさえいれば。

そういうことらしいので、久しぶりに電車に乗る。 早朝の東京は薄曇りで

折り返し地点で山動く。お腹ぶよぶよ大作戦。

すくすくと育った腹回りの肉に退去を迫る2週間、お腹ぶよぶよ大作戦。

もう増やさないルールを破り、新しくカードを作った理由。

ポイントカードやメンバーズカード、そしてクレジットカードはもう増やさ

ニャチャンでネムノンを食べる
戻したてのライスペーパーで手巻き。

昨年のベトナム旅行で仕入れたライスペーパーを使いこなせる気がせず、約

→もっと見る

PAGE TOP ↑