あなたの願いをひとつだけ叶えてあげます。ただし…

公開日: : 最終更新日:2017/11/11 ミニマルライフ, 生き方と考え方

クリスマスイブですね。

子供たちは今夜、サンタクロースへの手紙をしたためるのでしょうか。そして明日の朝、枕元にプレゼントを見つけて。

そもそもクリスマスを祝うような宗教観を持たない家庭が殆どの日本で、これだけクリスマスが定着しているのも不思議な話ですが、クリスマスが日本に浸透し始めたのはなんと1920年あたりなのだとか。
大正からか…そりゃすっかり日本式のクリスマスもできあがるわけですね。

ここ数年のハロウィンの盛り上がりぶりを見るに、日本人はシャイといいつつもお祭り、お祝い毎は好きな民族なんでしょう。

ならば地方の伝統的な祭りとか踊りとか、日本文化由来のものがもっと盛り上がったらいいのになあ。

 

願い事を叶えてあげよう

さて、子供たちが楽しみにしているサンタクロースの訪問(?)ですが、大人もちょっと考えてみましょう。

今夜、サンタクロースがあなたの部屋に訪れます。そして

「特別に、あなたの願い事をひとつだけ叶えてあげよう」

と、にっこりと微笑んでくれました。

「ただし、本当に、心から願っていることじゃないと叶えられないよ」

…サンタクロースってそもそもそんな技持ってないし、とかいうツッコミはおいといて。

叶えてくれる願い事はたったひとつだけ。しかも、心からの願いじゃないと叶わない。
さらに「じゃあ来週また連絡します」はNG。サンタクロースは忙しいので、願い事はいますぐに伝えなければなりません。

さて、何をお願いしますか?

たったひとつの心からの願いが叶う、という場面で

「ブルージーンのバーキン」
「田園調布の土地つき戸建」
「プーケットにプールつきの別荘」

なんて考える人はあまりいないのではないでしょうか。

これが宝くじで3億当たったらどうする?というような妄想なら上記のように「お金で買えるモノ」を羅列するのも楽しいですが、「願いが叶う」となればもっと他のことを考えてしまうのでは。

しかも、心からそう願っていることじゃないと叶わないのだから、

「ミランダ・カーが持ってて欲しいなと思ってたGIVENCHYのレザートート」

なんかじゃまるでダメなのです。

 

願いは自分を写す鏡

真剣に考えてみて、何を心に思い浮かべるかは人それぞれでしょう。

長年苦しめられている持病を治したいとか、疎遠になってしまった家族と仲直りしたいとか、好きな人ともっと一緒にいる時間が欲しいとか、特技を活かせる仕事がしたいとか。

「1つだけ」と言われると、その願いは「モノ」以外の事柄になりそうな気がしませんか。

考えてみればモノが欲しいという欲求はそのモノ自体に向けられているのではなくて、モノからもたらされるであろう「感情」を欲している場合も多いものです。例えば新車に乗ってたら誇らしい、とか、大きな家に住めたら楽しそう、とか。

だけどそれらが「たったひとつの願い事」になり得ないのはきっと「代替可能」なことだから。

新車に乗らなくても自分に自信があれば誇らしい気持ちになれるのだし、大きな家に引っ越さずとも今の場所を快適にする工夫ができれば楽しい毎日は過ごせるはず。

モノは私たちの暮らしを豊かにしてくれるけれど「あれさえ手に入れば万事解決」などという魔法のツールではありません。
あれも欲しいこれも欲しいとモノを手に入れることばかりを考えて本当に自分にとって必要なものを見失うのも、あれが無い、これが足りないから今の生活はダメなんだ、と実は既に持っているたくさんの恵みを蔑ろにして新たなモノにばかり目を向けるのもなんだかもったいない話です。

ウィッシュリストに「モノ」や「おもちゃ」ばかりを並べ立てて微笑ましいのは子供のうちだけ。
自分で人生を切り開いていける大人はモノに過剰に期待せず、幸せに生きていくための道具としてモノを上手に使いこなすべきではないでしょうか。

関連 欲しいモノがない時代 生き方が最後の商品になる。

たったひとつだけ、願い事が叶う。
でも、その願いは本当に心から望んでいることでなければならない。

何をお願いしようかと考えるのは、自分にとって何が「本当に」重要なのかを知るヒントになるかもしれません。「3億円当選妄想」よりも、きっと効果がありますよ。

 




関連記事

無地のストール一枚で魅せるマダムの威力。

激しい雨音で早朝に目覚め、慌てて起き出し開け放していた窓を閉める。 この雨のせいか、少

記事を読む

今日捨てたもの 8/4 思い出のある食器。

今月は小さなものでも1日に1つは手放していく月間です。 毎日続けたら、31個は減る計算

記事を読む

ミニマリストの人に飽きてしまった。

第一営業部部長とかコンサルティングチームリーダーとか、所属する会社から付与される歴としたそれ

記事を読む

イカゲソ兄弟とおじさんと私。

ある週末の夕刻、近所の居酒屋のカウンターで飲んでいると、すぐ後ろのテーブル席にファミリーの姿

記事を読む

令和初の年越し、昭和との戦い。

2020という整然とした4桁の並びはどうにも座りが悪いし、2年と言われるといつの間に、と思う

記事を読む

モノより体験、いらないモノを贈らない方法。

By: Kevin Dooley[/caption] 先日ニュースで福袋に関する話題を取り上

記事を読む

私の気が滅入るのは、全部あいつのせいなんだ。

元来生気満ち溢れるタイプの人間ではないのですが、そこそこ機嫌よくは暮らしています。 な

記事を読む

彼女がものを減らす理由と削れない贅沢費。

そろそろものを減らそうと思う。 今まで減らし界隈には全く興味のなさそうだった友人の宣言

記事を読む

自由で不自由な暮らし、エイヤへの憧れ。

ようやく次回の旅のために航空券を手配しました。 いえね、もうずいぶん前からアタリはつけ

記事を読む

プライムデー、セールで張り切って買ったもの。

夏物狙いでセールに挑んだけど、何も買えませんでした。という無意味な報告をしたあのセールではな

記事を読む

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑