あなたの願いをひとつだけ叶えてあげます。ただし…

公開日: : 最終更新日:2017/11/11 ミニマルライフ, 生き方と考え方

クリスマスイブですね。

子供たちは今夜、サンタクロースへの手紙をしたためるのでしょうか。そして明日の朝、枕元にプレゼントを見つけて。

そもそもクリスマスを祝うような宗教観を持たない家庭が殆どの日本で、これだけクリスマスが定着しているのも不思議な話ですが、クリスマスが日本に浸透し始めたのはなんと1920年あたりなのだとか。
大正からか…そりゃすっかり日本式のクリスマスもできあがるわけですね。

ここ数年のハロウィンの盛り上がりぶりを見るに、日本人はシャイといいつつもお祭り、お祝い毎は好きな民族なんでしょう。

ならば地方の伝統的な祭りとか踊りとか、日本文化由来のものがもっと盛り上がったらいいのになあ。

 

願い事を叶えてあげよう

さて、子供たちが楽しみにしているサンタクロースの訪問(?)ですが、大人もちょっと考えてみましょう。

今夜、サンタクロースがあなたの部屋に訪れます。そして

「特別に、あなたの願い事をひとつだけ叶えてあげよう」

と、にっこりと微笑んでくれました。

「ただし、本当に、心から願っていることじゃないと叶えられないよ」

…サンタクロースってそもそもそんな技持ってないし、とかいうツッコミはおいといて。

叶えてくれる願い事はたったひとつだけ。しかも、心からの願いじゃないと叶わない。
さらに「じゃあ来週また連絡します」はNG。サンタクロースは忙しいので、願い事はいますぐに伝えなければなりません。

さて、何をお願いしますか?

たったひとつの心からの願いが叶う、という場面で

「ブルージーンのバーキン」
「田園調布の土地つき戸建」
「プーケットにプールつきの別荘」

なんて考える人はあまりいないのではないでしょうか。

これが宝くじで3億当たったらどうする?というような妄想なら上記のように「お金で買えるモノ」を羅列するのも楽しいですが、「願いが叶う」となればもっと他のことを考えてしまうのでは。

しかも、心からそう願っていることじゃないと叶わないのだから、

「ミランダ・カーが持ってて欲しいなと思ってたGIVENCHYのレザートート」

なんかじゃまるでダメなのです。

 

願いは自分を写す鏡

真剣に考えてみて、何を心に思い浮かべるかは人それぞれでしょう。

長年苦しめられている持病を治したいとか、疎遠になってしまった家族と仲直りしたいとか、好きな人ともっと一緒にいる時間が欲しいとか、特技を活かせる仕事がしたいとか。

「1つだけ」と言われると、その願いは「モノ」以外の事柄になりそうな気がしませんか。

考えてみればモノが欲しいという欲求はそのモノ自体に向けられているのではなくて、モノからもたらされるであろう「感情」を欲している場合も多いものです。例えば新車に乗ってたら誇らしい、とか、大きな家に住めたら楽しそう、とか。

だけどそれらが「たったひとつの願い事」になり得ないのはきっと「代替可能」なことだから。

新車に乗らなくても自分に自信があれば誇らしい気持ちになれるのだし、大きな家に引っ越さずとも今の場所を快適にする工夫ができれば楽しい毎日は過ごせるはず。

モノは私たちの暮らしを豊かにしてくれるけれど「あれさえ手に入れば万事解決」などという魔法のツールではありません。
あれも欲しいこれも欲しいとモノを手に入れることばかりを考えて本当に自分にとって必要なものを見失うのも、あれが無い、これが足りないから今の生活はダメなんだ、と実は既に持っているたくさんの恵みを蔑ろにして新たなモノにばかり目を向けるのもなんだかもったいない話です。

ウィッシュリストに「モノ」や「おもちゃ」ばかりを並べ立てて微笑ましいのは子供のうちだけ。
自分で人生を切り開いていける大人はモノに過剰に期待せず、幸せに生きていくための道具としてモノを上手に使いこなすべきではないでしょうか。

関連 欲しいモノがない時代 生き方が最後の商品になる。

たったひとつだけ、願い事が叶う。
でも、その願いは本当に心から望んでいることでなければならない。

何をお願いしようかと考えるのは、自分にとって何が「本当に」重要なのかを知るヒントになるかもしれません。「3億円当選妄想」よりも、きっと効果がありますよ。

 




関連記事

複数のコミュニティに参加することの重要性。

コミュニティ。 そう表現するのはいささか大げさな気もしますが、全然違う生き方や考え方を

記事を読む

お金を貯めるのが趣味、数字が増えるのがただ面白い。

仕事の都合で久しぶりに女性誌を読みまくっているのですが、情報誌は当然のこととして、ファッション誌

記事を読む

1995年から、20年。

今回この時期に合わせてまた関西方面に移動したのには理由がありました。 1995年から2

記事を読む

ブログ書籍化の経緯、本当のテーマは何だ。

当ブログ、カリッとした毎日。がきっかけとなり、この度1冊の本が出来上がりました。 関連

記事を読む

持たない暮らし 部屋着はいるのか、いらないのか。

By: Kris Carillo[/caption] 今の暮らしに部屋着はいるのかいらないの

記事を読む

ドライヤーを使わない生活に終止符を打つ。

By: Llyfrgell Genedlaethol Cymru / The National L

記事を読む

広がったデニムのダメージ加工を修理してみた。

プライベートではデニム着用率がかなり高いです。 当然、よく使う分だけ痛みも早くなるので

記事を読む

今日捨てたもの 1/24 無理して使うこともない。

By: Anina Abola [/caption] 今月は自宅にいることが少なかったの

記事を読む

10月 1ヶ月間に捨てたものリストと買ったもの。

夏の断捨離キャンペーン実施月間と比べるとさほど大きな動きはありませんが。 参考 8月

記事を読む

乗り換え使い捨てが当然の切なさと束縛される恐ろしさ。

By: Steve Snodgrass[/caption] 契約更新時期がやってまいりました

記事を読む

やりたいことをやる中年。

長年あたため続けてきた大イベントを、今月ようやく開催できまし

東京大仏
「過去は変えられない」の嘘。

他人と過去は変えられないけど、自分と未来は変えられる。とか、

トマトの卵炒めのっけ丼献立
お手本がある時代のありがたさ。

少し久しぶりに、献立の話でも。相変わらず平日の質素飯生活が続

浜松町駅から東京タワー
大事なものに躊躇なく投資するための、正しい節約のススメ。

10年ぶりにスマホに回帰したので、毎月携帯料金が発生すること

先月の携帯代は94円。

10年ぶりにスマホを契約してから、早1ヶ月が経過しました。約

→もっと見る

PAGE TOP ↑