夏はギョサン1足でまかなえる気がしている。

公開日: : 最終更新日:2018/08/12 ファッション, ミニマルライフ

beach

先日下着を入れている引き出しをあけてみたら、いつのまにか靴下が一足だけになっていました。

そういやかかとが減ってるのとかまとめて処分したんだっけ。

夏場は素足にサンダル、冬場は厚手のタイツ、と、もともと靴下をあまり履かないほうではあるのですが、さすがに1足はないなあ…。まあ緊急度は低いのでそのうち買い足します。

さて、夏場の足もとはもうギョサン1足でいいんじゃないかと思うようになりました。

ギョサンにたどり着くまでの遍歴

さて、まずはギョサンとはなんぞや、というお話を。

ギョサンとは、安価な一体整形の樹脂製ビーチサンダルに対する小笠原諸島独自の呼称。名前の由来は「漁業(従事者の履く)サンダル」や「漁協(で売っている)サンダル」の略である。神奈川県小田原市の新名物としても売り出されている。(wikipedia)

もちろんビジネス向きではないのでスーツに合わせるわけにはいきませんが、OFFの日ならこれで十分です。普段使いはもちろん、これで海にも行けるので、わざわざ「普段用、レジャー用」なんて分ける必要もないでしょう。

ビーチサンダルは結構好きなのでこれまでもハワイアナスSENSIなど、いろんなサンダルを試してきました。しかし、今となっては脇目もふらずギョサン一択。数年前小田原に仕事で行ったときたまたま通りかかった靴屋で購入してからというもの一切浮気せず、今後もずっと使い続けるでしょう。

参考 ミニマリスト女性のファッション。

というわけで、ギョサンの魅力を熱く語ってみたいと思います。

ギョサンは機能性抜群、グリップがすごい

ギョサン デニム

漁業従事者ご用達アイテムということで、その機能性は抜群。

濡れた地面を歩いても全く滑らない!海に入る時もギョサンを履いたままのことが多いですが、岩場の多いところを歩いても安定感があるので安心できます。

 

ヴィヴィッドにもシックにも、ギョサンはカラー豊富

基本のカラーに加え、ネオンカラーやラメ入りなど、とにかくギョサンはカラーバリエーションが豊富。

夜道で光る蓄光タイプなんかもあるので、お子様にもいいかもしれません。

もちろん、お子様サイズもありますよ。

 

安い!1足600~1,000円程度

ビーチサンダルは一生モノではなくあくまでも消耗品。買い換えられるお手ごろな価格のものがありがたいです。

ギョサンは鼻緒一体型なので鼻緒が抜けることはありませんが、履いているうちに底のグリップが弱くなってきます。使用頻度にもよりますが、ひと夏で履きつぶすくらいの覚悟(?)もどんどこい、の低価格は魅力です。

 

痛い、買えない。ギョサンのデメリットは?

残念ながら小田原以外で販売している店舗が少ないのでネットでしか買えないのがネック。それでも送料込みで1500円くらいでしょうか。

あとは購入すぐは鼻緒がかたく指の股部分がちょっと痛いところもデメリットといえます。ちなみに履き心地に関しては数日すればすぐに慣れますが、鼻緒部分にドライヤーの温風をあててやわらかくする、ビーチサンダル用靴下を利用するという方法も。

 

また、これは私がずぼらなだけですが、足の甲に見事なギョサン焼けができてしまうのもデメリット…。日焼け止め塗らなきゃですね。

ギョサンを履いてると可愛い~、どこのサンダル?なんてお褒めの言葉をいただくことも。
ギョサンという色気のない名前と裏腹に、デザインも結構可愛いので自分の洋服のテイストに合う色を選べば、サンダルでもきれい目に履きこなせます。

私のおすすめは大人なら赤、シルバー、ゴールドあたり。合わせやすいし、他のカラーと比べるとチープな感じになりにくいのがポイントです。

さすがにどんなシーンにも合わせられる万能シューズ、というわけではありませんが、夏のプライベートにはこれ1足で過ごしてもいい、と思えるほど気に入っているこのギョサン。

めんどくさがりの私にとってはささっとすぐ履いて出かけられるところも高ポイントなのかもしれません。

※追記
LIFE PACKING2.1 未来を生きるためのモノと知恵」でギョサンが紹介されていました。

 

 




関連記事

シンプルライフの成れの果て。

普段は朝と夜の1日2食体制を基本としていますが、誰かと一緒にとか、打ち合わせを兼ねて、なんて

記事を読む

今日捨てたもの 8/19 一人暮らしのタッパー適正数。

8月は毎日何かひとつづつ手放す月間と決め、毎日実行しています。 月半ばあたりには捨てる

記事を読む

痛いおばさんファッションのすすめ。

By: Laura Bittner[/caption] 夏至上主義なもので寒いのは勘弁なので

記事を読む

小さい折り畳み傘

傘がない。

梅雨真っ只中なのに、傘がない。 ビニール傘を最後に使ったのはいつだったか。 以前

記事を読む

減らす美容。

酒を抜いたらよくなるけど、一度飲んだら振り出しに戻るが常ですね。酒だけじゃなく、食べるのも止

記事を読む

荷物の少ない旅。旅行中の洗濯はどうする?

セブに来て1週間。既に滞在場所は3箇所目になりました。 暫く住んでいたことのあるエリア

記事を読む

こんなことをしていて私の人生は大丈夫なのだろうか装置。

海の日がそうでしたけど、平日が祝日で休みになると、普段とは違う景色を見ることになりますよね。

記事を読む

祝・越冬。寒がりの冬を支えたアイテムたち。

朝晩はまだ多少冷えるものの、もう凍えるようなそれではなく、日中は上着なしでも歩ける陽気。

記事を読む

NY ホテルエジソン ツインルーム

まずはモノを減らせ、は万能ではない。

「部屋、キレイでしょ」 思わずそう口に出していました。 「うん、まあ」

記事を読む

ルシアンペラフィネニットコーデ

使えるキャミソール、使えないキャミソール。

さほど深く考えずにノリで買って、でもどうにも使いこなせなくて手放す羽目になって、でも理由を考

記事を読む

Comment

  1. nana より:

    ギョサン、竹芝桟橋の東京ターミナルの売店で売っていましたよ!

    • crispy-life より:

      nanaさん

      情報提供ありがとうございます。

      竹芝桟橋の東京ターミナルですか、それは知りませんでした!

      通販じゃなくて実際に手にとって買いたいという方には朗報ですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ぶりと青菜の酒蒸し献立
たくさんあるよろこびと、持つことへの恐れ

実はこの日、売り場にはぶりカマもあったのです。 しかも

プロになれなかった私のプロフェッショナル。

学生時代のアルバイトを含めれば、すでに30年以上も働いている

オムレツ
ボロボロ加減に感じる郷愁。

ずいぶん大人になってから、わかるようになったことがあります。

チェンマイ 2015
金塊を背負って生まれてきた人間。

先日友人に 「あなたは金塊を背負って生まれてきた人間だ

おろし納豆スパゲティ
シンプルを極めるか、落とし所を探る旅。

今週はTHE・休肝日という趣のメニューが続きます。 ハ

→もっと見る

PAGE TOP ↑