夏はギョサン1足でまかなえる気がしている。

公開日: : 最終更新日:2018/08/12 ファッション, ミニマルライフ

beach

先日下着を入れている引き出しをあけてみたら、いつのまにか靴下が一足だけになっていました。

そういやかかとが減ってるのとかまとめて処分したんだっけ。

夏場は素足にサンダル、冬場は厚手のタイツ、と、もともと靴下をあまり履かないほうではあるのですが、さすがに1足はないなあ…。まあ緊急度は低いのでそのうち買い足します。

さて、夏場の足もとはもうギョサン1足でいいんじゃないかと思うようになりました。

ギョサンにたどり着くまでの遍歴

さて、まずはギョサンとはなんぞや、というお話を。

ギョサンとは、安価な一体整形の樹脂製ビーチサンダルに対する小笠原諸島独自の呼称。名前の由来は「漁業(従事者の履く)サンダル」や「漁協(で売っている)サンダル」の略である。神奈川県小田原市の新名物としても売り出されている。(wikipedia)

もちろんビジネス向きではないのでスーツに合わせるわけにはいきませんが、OFFの日ならこれで十分です。普段使いはもちろん、これで海にも行けるので、わざわざ「普段用、レジャー用」なんて分ける必要もないでしょう。

ビーチサンダルは結構好きなのでこれまでもハワイアナスSENSIなど、いろんなサンダルを試してきました。しかし、今となっては脇目もふらずギョサン一択。数年前小田原に仕事で行ったときたまたま通りかかった靴屋で購入してからというもの一切浮気せず、今後もずっと使い続けるでしょう。

参考 ミニマリスト女性のファッション。

というわけで、ギョサンの魅力を熱く語ってみたいと思います。

ギョサンは機能性抜群、グリップがすごい

ギョサン デニム

漁業従事者ご用達アイテムということで、その機能性は抜群。

濡れた地面を歩いても全く滑らない!海に入る時もギョサンを履いたままのことが多いですが、岩場の多いところを歩いても安定感があるので安心できます。

 

ヴィヴィッドにもシックにも、ギョサンはカラー豊富

基本のカラーに加え、ネオンカラーやラメ入りなど、とにかくギョサンはカラーバリエーションが豊富。

夜道で光る蓄光タイプなんかもあるので、お子様にもいいかもしれません。

もちろん、お子様サイズもありますよ。

 

安い!1足600~1,000円程度

ビーチサンダルは一生モノではなくあくまでも消耗品。買い換えられるお手ごろな価格のものがありがたいです。

ギョサンは鼻緒一体型なので鼻緒が抜けることはありませんが、履いているうちに底のグリップが弱くなってきます。使用頻度にもよりますが、ひと夏で履きつぶすくらいの覚悟(?)もどんどこい、の低価格は魅力です。

 

痛い、買えない。ギョサンのデメリットは?

残念ながら小田原以外で販売している店舗が少ないのでネットでしか買えないのがネック。それでも送料込みで1500円くらいでしょうか。

あとは購入すぐは鼻緒がかたく指の股部分がちょっと痛いところもデメリットといえます。ちなみに履き心地に関しては数日すればすぐに慣れますが、鼻緒部分にドライヤーの温風をあててやわらかくする、ビーチサンダル用靴下を利用するという方法も。

 

また、これは私がずぼらなだけですが、足の甲に見事なギョサン焼けができてしまうのもデメリット…。日焼け止め塗らなきゃですね。

ギョサンを履いてると可愛い~、どこのサンダル?なんてお褒めの言葉をいただくことも。
ギョサンという色気のない名前と裏腹に、デザインも結構可愛いので自分の洋服のテイストに合う色を選べば、サンダルでもきれい目に履きこなせます。

私のおすすめは大人なら赤、シルバー、ゴールドあたり。合わせやすいし、他のカラーと比べるとチープな感じになりにくいのがポイントです。

さすがにどんなシーンにも合わせられる万能シューズ、というわけではありませんが、夏のプライベートにはこれ1足で過ごしてもいい、と思えるほど気に入っているこのギョサン。

めんどくさがりの私にとってはささっとすぐ履いて出かけられるところも高ポイントなのかもしれません。

※追記
LIFE PACKING2.1 未来を生きるためのモノと知恵」でギョサンが紹介されていました。

 

 




関連記事

簡単に見つかる副業、複業、週末起業 2020。

働き方の分野が特に変化している、と書きました。今年後半の運勢を占う。選択肢は、案外多い。働

記事を読む

モノが多い、捨てられない、片付かない。ならば、まずは不用品を家に入れない工夫から。

先日仕事で某企業主催の説明会に参加してきました。 社内の会議室を利用して開催されたものです

記事を読む

今日捨てたもの 8/21 食器は揃いじゃないとダメ?

8月は 「毎日ひとつづつ捨てる」 というルールを決め、日々実行中です。 お

記事を読む

髪を切ったら洋服も変える 春に頼るアイテムたち。

おじさん化という事実を前向きに考えるとすれば、洋服界隈でしょうか。 色気のないショート

記事を読む

必要なもの、いらないものは変わり続ける。

ニューヨーク滞在中、7thアヴェニューを散策していてふと気づく。 あ、そうだ、確かこの

記事を読む

JALプレミアムエコノミーラウンジ

鞄ひとつで旅に出たい。

出かける機会のないまま過ぎ去りそうな2017年前半戦。 後半には2回くらいは遠出したい

記事を読む

今日捨てたもの 8/12 1ヶ月?1年?モノの平均寿命。

By: Vasile Cotovanu[/caption] 自撮好きな人って痛いとか自分好き

記事を読む

春への衣替え、ペラペラ布団と花粉症。

冬から春への衣替え儀式。去年はいつ頃だったかしらと振り返ってみれば、もうちょい先だったみたい

記事を読む

春の初めのコーディネイト

40過ぎたら年考えて服を着ろ、の理由。

先日、某webメディアに掲載されていた40代の女性が着てはいけないTシャツ云々の記事が轟々と

記事を読む

財布からいらないものが13点も発掘された。

おお、気持ちのいい朝ですね。 現在窓際にベッドを置いていて、シーツが真っ白なので晴れた

記事を読む

Comment

  1. nana より:

    ギョサン、竹芝桟橋の東京ターミナルの売店で売っていましたよ!

    • crispy-life より:

      nanaさん

      情報提供ありがとうございます。

      竹芝桟橋の東京ターミナルですか、それは知りませんでした!

      通販じゃなくて実際に手にとって買いたいという方には朗報ですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

https://crispy-life.com/tag/%e7%84%bc%e9%85%8e/
鶏もも肉のソース焼き、タアサイのスープ献立。

卵とじやらそぼろあんかけやら、おじいちゃんが好みそうなやさし

「何もしない」に、忙しい。

さわやかな週末でございましたね。雲ひとつない青空の下、ご近所

新玉ねぎと卵の炒めもの、キャベツのツナ和え献立。
新玉ねぎと卵の炒めもの、春キャベツとツナのサラダ献立。

新玉ねぎに春キャベツの並び。積極的に季節を生活に取り込むぞと

今年の春こそ環境改善。

一体いつからこの話をしていたのでしょうか。身軽で簡素でモノが

牛肉とにんじんの塩煮献立
にんじんと牛肉の塩煮、白菜と落とし卵の味噌汁献立。

大ぶりに切ったにんじんがメインのおかず、牛肉とにんじんの塩煮

→もっと見る

PAGE TOP ↑