今日捨てたもの 誰にでも似合うメガネとトレンド。

公開日: : 最終更新日:2016/04/18 ファッション, ミニマルライフ, 捨てる

ファッションアイテムの中でも特にこれが好き!という偏りのある人は多いもの。

女性なら鞄とか、男性なら腕時計とか。男女問わず収集癖を擽られるのは靴、あたりでしょうか。

満遍なくあれこれ欲しいタイプの私は何かに特化はしないけれどもそれでも全体量から考えると靴、鞄のパーセンテージは高めでした。今もやや高め。というか、全所有物に対してファッションアイテムの量が多すぎ。

関連 女はおしゃれしなきゃ!という何の根拠もない呪縛。

どうしても小物って多くなるよねえ、なんて思っていたのですが、数だけを考えると私にも思いっきり偏りのあるアイテムが存在しました。

今日捨てたもの

160411lg

  • メガネ

セルフレームのメガネ。10年程前に購入したと記憶しています。

そう、私の偏りとはメガネ。
今でこそかなり絞り込みましたが、一番多かった時は30本以上所持していました。その中でもここ数年最も登場回数の多かったこのフレーム。プラスチックがかなり劣化してきたし、もうそろそろダメかなあとは思っていたのですが、なんと、踏みました。シャワールームで、風呂上がりに。

生まれて初めてです、不注意でメガネ壊したの。

メガネかけたまま寝ちゃって壊したとか曲がっちゃったなんていう話を聞くことはあっても、大事なメガネを不注意で壊すなんて信じられん、と正直なところ思っていました。だって、視力の悪い人間にとってのメガネってかなり重要ですから。いやいや、外してから寝ろ、どんだけ急激な睡魔に襲われてんだよ、と。

それなのに、寝落ちよりさらに乱暴な踏みつけるという行為にて愛用品を破壊してしまった。ショックであります。

悲しいかなメガネ痕が気になるお年頃。

関連 40代は眼鏡か、コンタクトか。

最近はコンタクトレンズの使用も増やしてはいるけれど、長年私の目になってくれていたフレームの最期としては我ながら酷いものがあります。本当にごめんなさい。

誰にでも似合う、は存在するか

さてたくさん持っていたメガネですが、その中でも日常的に使っていたのは結局のところ3~4本でした。

30過ぎてコンタクトレンズを使い始めるまではメガネ一辺倒だったので、毎日掛け替えても1ヶ月間のバリエーションがあるコレクションは楽しかったのだけど、まあそんなに日替わりにはできないんですね。洋服とかメイクとか髪型との相性もあるし。そもそも持っているのがかなり個性的なデザインのフレームばかりだったからでもありますが。

もちろんたくさん持っている利点もあって、一番は傷みが遅いこと。たった1本のメガネを365日使うよりは、何本かをローテーションで使う方がそれぞれの寿命は延びるわけです。これはメガネに限らず、服でも靴でも同じですね。

が、せっかく延命したフレームをずっと使い続けられるかというとそうでもない。洋服ほどのスピードではないにしても、メガネのデザインにも当然トレンドがあって、それに乗っかったものをたくさん持っていても、結局は数年で使えなくなってしまう。さらには誰にでもどんな服にでも似合うカタチとか色、なんていう定番も存在しないわけで。

そしてメガネって洋服よりも断然購入機会が少ないからか選ぶ力がなかなか鍛えられないのがもどかしい。お店で

「これは定番のデザインだから長く使えますよ」

なんて言われてへえそうかと購入したら全然トレンドアイテムだった、なんてこともありますからね。さらに顔面のど真ん中にくるものだから主張も激しいというなかなか厄介な代物でもあります。

 

メガネの形、トレンドは巡る

ざっと思い返してみても、80年代あたりは上下幅大きめのボストンが主流で90年代に入ったあたりが顔の印象をあまり変えないオーバルのツーポイント。その後アクセサリー的にメガネを選べる時代が来て、カラフルなプラスチックのスクエアとか逆ナイロール、女性には細身のフォックスタイプが人気だったような。その後ボリュームのある黒のセルフレームのビッグウェーブが来て、ここのところは細身のウェリントンとかセルブロウナイロールなどクラシックなタイプが強い印象。

メガネもファッションの一環なので、結局は流行りの形も巡るんですよね。最近の流れは80年代のそれと近いもの。

服と同じくトレンド無関係に自分の好きなものを選べればそれでよし、なんだけど、いかんせん顔はどんどん変わっていくからしっくりくるフレームもその時々で変わるのもまた事実。デザイン云々よりも使用感を重視したいとか、そろそろ遠近両用が欲しいとか、いろいろあるしね。

さて、日常使いのフレームをなくしてこれからどうしましょう。

今新調するならば軽いフレームがいいのでリムが細いボストンあたりが気分かなあと思うのですが、今でも普通に使えるのに全然使ってないフレームがあるのでね。服と同様、新しいものを導入せず今あるお気に入りを使う作戦でいきましょうか。

ミニマリストの持たない暮らし

なぜお気に入りがあるのに使ってないのかって?それは、度が合っていないから、それだけです。レンズを新調するのが面倒で放置していたというこれまた情けないお話でした。

まずは一番使い回しのききそうなプラスチックフレームに新しいレンズ入れてくるかな。

 




関連記事

シンプルケアはこれひとつ、にはならなかった。

昨年春に起きたトラブルが収まった後、スキンケアを変更しておりました。 関連 皮膚科で受

記事を読む

シンプルな暮らしがあなたを豊かにする21の理由。

Facebookでこんな記事が流れてきました。 >>参考 「シンプルな暮

記事を読む

コーディネイトバランス問題。ハイカットスニーカーは足が短く見える。

By: Evil Erin[/caption] もうそろそろ毎日ギョサンでいいよね、という季

記事を読む

なにもない生活、自由な時代、生きづらい人。

仕事が落ち着いて、少し余裕が出てきたことも関係しているのでしょうか。ここのところ改めて「なに

記事を読む

レアCD、コレクターズアイテム価格の不思議。

By: Jordan Cameron[/caption] 捨てる捨てる詐欺とうとう脱出。

記事を読む

必要なもの、いらないものは変わり続ける。

ニューヨーク滞在中、7thアヴェニューを散策していてふと気づく。 あ、そうだ、確かこの

記事を読む

おしゃれさには欠けるご近所コーディネイトが必要な理由。

珍しくスーツを着なくちゃいけない仕事があり、これまた珍しく黒のラウンドトゥパンプスなぞを引っ

記事を読む

旅の準備

旅の荷物を減らすコツは、荷造り前のひと手間にあり。

By: jessicahtam[/caption] 旅は好きだけど旅の準備が苦手、と散々言い

記事を読む

湯シャン生活5ヶ月目の髪、頭皮、そして白髪について。

シャンプーを使わなくなってから5ヶ月が経過しました。 ちょっとびっくり。5ヶ月って結構な期

記事を読む

今日捨てたもの 8/15 靴べらを使った記憶はゼロに等しい。

今月は毎日何かを1つ処分すると決め、毎日実行中です。 毎朝起きてすぐ 「さて今日

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

肉体疲労児の栄養補給とクローゼットの停滞。

めずらしく、体がだるい。 都民の60人に1人がアレみた

→もっと見る

PAGE TOP ↑