なにもない生活、自由な時代、生きづらい人。

公開日: : ミニマルライフ, 生き方と考え方

cebu-diary-02-1

仕事が落ち着いて、少し余裕が出てきたことも関係しているのでしょうか。ここのところ改めて「なにもない生活」の楽しさをじっくり噛み締めています。

なにもない、とは文字通りの意味で、ものもなければ約束もない、すべきことなど何もない時間。一人暮らしだからこそ叶うわがまま気のままのんべんだらりと過ごす休日が、楽しくて仕方ないのです。

一人暮らしの休日、10連休の憂鬱。

相変わらず幸せのハードルが低すぎるなと呆れなくはないですが、これでいいのだ。

何もなくても自由でいい時代

横浜みなとみらい

先日、トリスのCMについて触れましたが。

タピオカとトリスと大学院。日本散歩・神奈川県

オリンピックという大イベントを間近に控えているとはいえ、今の日本は夢と希望に満ち溢れた状態にはなく、閉塞感漂うところはある。けれど、私みたいなデタラメな人間でも特段責められることなく生きていける自由な時代であるとも言える。

わかりません。もしかしたら私の鈍感力が抜きんでており、実は責められていることに気づいてないだけかもしれません。しかしながら、商店街の文房具屋さんの娘さんが

「いい歳して嫁にも行かずみっともない」

などと陰口を叩かれていた40数年前を思えばなんという変化よ。いうてもあの娘さん、当時まだ30歳くらいだったのではなかろうか。30て、ガッキーじゃないか。どの口がガッキーに暴言吐くか。そんな意地悪を言っているから娘がデタラメに育つ祟りを受けたのだ。

あ、陰口を叩いていたのは、うちの母親です。

70代ミニマリスト主婦の夏。

これは母の心の闇を表すエピソードでしかなく、当時の時代背景を代表するようなものではないけれど、そんな空気感もなくはなかっただろうことは容易に想像できる。娘さん本人が気にしていなければなんてことない話だが、今と違って面と向かってのおせっかいが咎められなかった分、かなり面倒だっただろうなと思うのです。

あれから半世紀近く(!)が経過し、時は令和。家業の文房具店を毎日手伝ってらした娘さんよりよっぽど親不孝な生き方をしている私は、東京で概ね健やかに暮らしています。

こうしておばさんが生きやすくなった一方で、おじさんは生きづらくなったのかな。

時代が変わって、生きづらくなった人

アンクルトリスは亭主関白セクハラパワハラ好き勝手に振る舞ってもスルーされてたのしそうだったけど、今のおじさんはわけが違う。

年を取っているだけで威圧感を与えてしまう危険性があるので異性や若い人に対する行動言動に相当気を使わなければいけないし、女性に対する発言よりもよっぽど気軽にキモいクサいウザいと虐げられがち(ごめん)。いやいやいや、何もそこまで言わなくても、と密かに傷つき涙する夜だってあるでしょう。前に50半ばの先輩がSNSで

「もうおっさんがこの世からいなくなればいいのではないでしょうか」

と自虐していたけれど、そんな気になっても仕方ないね、というシーンは、確かにある。ほら、おばさんと違っておじさんって繊細なところあるし。

おばさんバンザイ。

大きなお世話だけれど、おじさんもがんばれアゲイン。

で、今私が自由にのびのび過ごせているのはこういう時代に生きているからだけれど、それは諸先輩方が道を切り開いてくれたからに他ならない。時代が、空気が、勝手にいい感じに変わったわけじゃない。

次世代のためにとか、地球にやさしくとか、持続可能な社会とかそんな大それたことではないけれど、個人がそれなりに生を面白がる姿勢を持っていれば、1ミリくらいは誰かや何かの役に立つのではないかしら。などと都合よく解釈して今週末ものんべんだらりとするのだった。

 




関連記事

最低限の靴の数、スニーカーすらよそゆきに。

4月最終週。結果は8,514歩/1日でした。 自分の認識よりずっと少なかったという事

記事を読む

体型が変わらない落とし穴。

By: Håvar og Solveig[/caption] すっかりサイズの合わなくなって

記事を読む

ものがない部屋、寒がりの布団、冷え性の真冬。

今年は本格的な冬の到来を待たずに脱出できるかも、などとほくそ笑んでいたのに見事に裏切られまし

記事を読む

荷物を減らして、おしゃれなんかしない冬。

そろそろ考えようかな、ということで。 関連 旅の荷物を減らすコツは、荷造り前のひと手間

記事を読む

酷いストレスで観葉植物が枯れる。

見た目は子ども頭脳は大人の名探偵は、 「真実はひとつ」 というけれど、そうでもな

記事を読む

スーツケース1つで暮らす実験。

今回の旅の持ち物はスーツケースひとつです。 正確に言えば機内持ち込みのバッグとかカメラ

記事を読む

1995年から、20年。

今回この時期に合わせてまた関西方面に移動したのには理由がありました。 1995年から2

記事を読む

今日捨てたもの 冬に向けての衣替え。

By: Vincent Anderlucci[/caption] 明日からいよいよ12月で冬

記事を読む

仕事は地獄、お楽しみは全て終わった。

先日、初対面の同業の方とお話しする機会があり、自分が現在携わっている案件の状況について説明す

記事を読む

「あの頃の私症候群」が今の自分をダメにする。

先日、着たい、使いたいと思えるファッションアイテムが変わってきたかもしれない、と書きました。

記事を読む

Comment

  1. まるい より:

    日本の生涯未婚率を押し上げているまるいです。

    その昔バブルに証券会社に就職した隣のお姉さん。
    あまりの忙しさに退職したいけれど、結婚退職でないと辞められない圧があり予定もないのに結婚前寿退職をしました。
    当時は勿論ネットのない時代なので、関わりさえなけれはバレないはず。
    ても、お姉さんの仕事振りを高く評価していた上司がぜひ結婚祝いをしたいと食い下がり、仕方なく婚約者は元職場の世界で殺されましたとさ。

    その後、平和な会社で働いていたお姉さん。
    25歳くらいかな、皆結婚して遊ぶ友達がいなくなりました。
    お母さん(隣のおばさん)は、お姉さんの友達の子供を預り、お姉さんの遊び友達は確保されたそうです。

    その話を聞いた若かった私は、独身だと遊ぶ友達がいなくなるのかー、と思ってました。
    が、友達少ない私の周りでさえアラフィフ独身女がチラホラいる。
    良い世の中に、なりました。
    未婚率、あがるわー。

    あっ、隣のお姉さんはその後ご結婚されましたよ。
    めでたしめでたし。

    • crispy-life より:

      まるいさん

      まさかの、殺人事件…!でも、お姉さんの頃ならばさもありなん。女性は20代で寿退社、男性は終身雇用が当たり前の時代ですもんね。今はみんな働いているから、既婚未婚問わず付き合いも続く傾向にあるのかな。

      20年前にはまだ面と向かってやいやい言うおせっかいおじさんとかおばさんとかいましたが、流石に最近は減ったでしょうか。でも、そんなおせっかいさんの存在を通じて結婚した人も多かっただろうし、必要悪という見方もあるかもですね。いや「悪」は失礼か。

      私も少子高齢化に思いっきり加担している身で面白おかしく過ごしていて大変恐縮ですが、そこは今更どうしようもないので今後自分にできることを粛々と続けるのみであります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

→もっと見る

PAGE TOP ↑