オークションで売れる意外なモノ。そして高値で売れるモノ。

公開日: : 最終更新日:2017/04/25 ミニマルライフ, 捨てる

久しぶりにみるとテレビってやっぱり見ちゃうもんだなあ。

昔は帰宅したらなんとなくテレビつけてボーっとしてたら何時間か経過…ということがよくありました。

が、地デジ化と共に私のテレビ生活は終了したので現在テレビをみる機会は年に数回程度。

よって、当然テレビは持っていません。
リビングに大型のテレビが設置されているので、誰かがつけていたら覗き見る、というぐらいのお付き合いです。

が、先日情報番組で片付けとオークションの特集をやっていたので思わず見てしまいました。




オークションで売れる意外なものとは

その番組では

「捨てる前にチェック!こんなものでもお金に変わる!」

というテーマで、ネットオークション愛好家の方がどんな家にでもある「不用品」が実際に落札された事例を紹介していました。

実例として挙げられていたのは洋服や鞄といったファッションアイテムや子供用品、本、CDなどはもちろん、意外な例としてトイレットペーパーの芯やクリーニング店の針金ハンガーなど。

トイレットペーパーの芯は小学校の工作の時間用に学校がオークションでまとめ買いをしたり、夏休みの課題の工作で使われたりするそう。針金ハンガーは針金を使ってアート作品を作る人などに需要があるそうです。

当然どちらも1つ2つではなくそれなりにまとまった数が必要で、売値も数百円と決して多くはないのですが、こんなものまで?という驚きの例として取り上げられていました。なるほどねえ。

オークションで高値がつくのはやっぱりアレだった

そして高値取引の例として紹介されていたのは、おもちゃ。
昭和のブリキのおもちゃや保存状態のよい人形などは数十万という高値で取引されているとのこと。

所謂コレクターズアイテムですね。

私も子供の頃に持っていたお菓子のおまけなど、今も保存しておけばそこそこの高値がついただろうと思われますが、まあ私の場合は無理でしょう。おもちゃの扱い雑でしたからね。リカちゃんなんて素っ裸にひん剥いた上にクレヨンでボディペインティングまで施してましたから。しかもメインカラーは紫。
保管しておいたところで、あんな状態では確実に売れません。

しかしオークションじゃなくても最近は教科書・専門書・医学書の買取サイトとか掲載雑誌や付録、ツアーグッズなどのジャニーズアイドルグッズの買取サイト、ランドやシーで購入したグッズならなんでもOKのディズニーグッズ買取専門サイト、さらにはフィギュア・ドール、抱き枕カバー買取なんてものまで、ニッチな分野の買取サイトがいろいろあるのですね。

こうして見てみると各家庭何か一つぐらいはもう不要になった「お宝」が眠っているものなのかもしれません。

オークションのいいところは、捨てずに済むところ

ネットオークションや買取サイトのいいところは何といってもモノを捨てずに済むところ。
自分にとって不要なものでも、誰かが必要としていてそこへうまく回るなんてとてもいいシステムだと思います。みんなが新しいものをガンガン買ってガンガン捨てるよりよっぽどいい。

以前は私も何度かオークションを利用してモノを売ったことがありますが、今は全く使わなくなりました。

その理由は、面倒だから。

個人間の取引だとトラブルになった時の処理の仕方が難しいし、自分が出品したものを管理する煩わしさを感じてしまい私には向いていないなと悟ったのです。

よって、現在不用品を処分する時は買取サイトやリサイクルショップを使うことが殆どです。

参考 不用品の買取査定額が確定した。

当然販売額を考えれば買取サイトよりオークションに軍配があがるのですが、手間を取られたくない私はオークションをうまく利用することができません。
逆にオークションを自分のECサイトと考えて他ユーザーとのやり取りや出品管理などを楽しめる人であれば利用する価値はありますね。最近はフリマアプリなるものも盛況で簡単な操作で不用品売買を楽しめるようにもなっているし。

手間はかけたくないけど利益も追求したい、という場合はネットオークション代行を利用する手もあるので上手に、そして楽しみながら利用できるならオークションはとてもいいシステム。

ただ、なんでもかんでも(それこそ、トイレットペーパーの芯でも!)

「これはそのうちオークションに出すから」

とむやみやたらと保管していたらそれだけで大きな手間と時間的・場所的コストを要します。本当に出品するのならいいですが「そのうち売るつもり」の不用品で部屋が占拠されてしまうようでは本末転倒。

もう何年も着ていない服を

「いつか着ることがあるかも…」

と自分に言い訳しながら保管し続けるのと同じで、「いつか」が来ないとわかっているものはやっぱり早めに処分してしまったほうが部屋は片付きます。

モノを持たずに身軽に暮らす

番組で紹介されていた達人のようにオークションを使いこなせればいいけれど、私のように面倒にすら思えるならば妙に色気を出さずにオークションとは一切関わらない、と決めてしまうのもひとつの方法だよね。

と、出ているタレントさんの名前がすっかりわからなくなってしまった久しぶりのテレビを見ながら考えたのでした。

※追記 オークション代行使ってみました。
関連 オークション代行でトラブルに遭って考えた。






関連記事

By: Phil Roeder

今日捨てたもの 寿命か、自分の不注意か。

By: Phil Roeder[/caption] 身の回りに置くものを妥協せずきちんと選び

記事を読む

sandtimer

モノを減らせば時間の余裕ができる。で、その時間をどう使うの?

改めて書きます、といったまま書くのを忘れていたことがありました。 参考 モノを持たない

記事を読む

365simplelife

フィンランド映画 「365日のシンプルライフ」に興味あり。

これ、観に行こう。 ヘルシンキ在住・26歳のペトリは、彼女にフラれたことをきっかけに、モノ

記事を読む

By: John Benson

持たない暮らし、引越し作業は20分。

By: John Benson[/caption] 家もいいけどまわりもね。 というこ

記事を読む

シンプル 瞑想

チェンマイの寺でお坊さんに教わったシンプルな瞑想法。

今回チェンマイまで足を伸ばしたのはとあるお寺で瞑想を体験するためでした。 参考 タイ

記事を読む

By: Thomas Beck

好きなものだけの毎日が、出会いのチャンスを逃している。

By: Thomas Beck[/caption] 先日民放ラジオ101局特別プログラムなる

記事を読む

recicle

毎日ひとつづつ捨てるという試み。

今日で7月も終わりですかー。 今月は新居での生活にも慣れ、新しい生活のペースを確立した

記事を読む

By: Moyan Brenn

お金が貯まる人の行動と習慣。

By: Moyan Brenn[/caption] お金が貯まる人ってこうなんだよね、と言わ

記事を読む

simpleroom

ミニマリストへの道。

究極はスーツケース1つで生きていくこと。 そんな理想を胸に自分の暮らしを徐々に改変して

記事を読む

desk

今日捨てたもの 8/6 憧れの曲げわっぱ弁当箱。

今月は毎日何かひとつづつ手放していく運動月間です。 なんとなく所有しているものって意外に多

記事を読む

Comment

  1. まさみ より:

    はじめまして!
    私もひとり暮らしでテレビは持っていません。
    食事の時は何か見ながら食べていますか?
    私は最近、本を読みながら食べています。
    本を読まない時は食事だけを楽しみながら。

    • crispy-life より:

      まさみさん

      コメントありがとうございます。

      そうですよね、テレビって一人暮らしの食事の時間に役立つものでもあったんだ、とまさみさんのコメントで気がつきました。

      私も本を読みながら食事をすることがよくあります。食後飲みながらブログ書くこともあって、そういう時は誤字脱字が多いです…

      今後ともよろしくお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

NY_upsndmid_2
人間は、そういうふうにできている。

先日うっかり通しで聴きましょうキャンペーンの開催を決定してしま

新ごぼうとベーコンの炒めもの
新ごぼうとベーコンの炒めもの、トマトと卵のスープで金魚。 

金魚です。 今日はベーコンを使った炒めもの。じゃあ日本酒

140802lg
方向性の違いによる別れ、最後まで思い続ける尊さについて。

平日の昼下がり。待ち合わせた銀座のカフェに現れるなり 「

トマトと牛肉のしょうゆ炒め
トマトと牛肉のしょうゆ炒め、小松菜のわさび白和え献立。

美味しいトマトはそのまま食べればいいじゃない。 そう思い

THANN_oil4
今の私が一番キレイ、美を保つには磨くしかない。

40代、今の私がいちばんキレイ。 今日、この瞬間なら、自

→もっと見る

PAGE TOP ↑