嵐のよるに。

公開日: : 最終更新日:2018/09/06 生き方と考え方, 食べること

sarushima_94

40年以上生きていれば否が応でもいろんな経験をしてしまうもの。長く生きていればその分災害に合う確率も増えていきます。

私も20代で経験した震度7の地震をはじめに、各地で大地震に遭遇し、海外生活をしている時に今世紀最大といわれた台風も経験しました。

参考 典型的な「片付けられない子」がミニマリストに変化した5つの理由

災害にあう度に感じるのですが、もしかしたら命を落とすかもしれないという場面になると人間は本性が露になるのです。

追い詰められた人間の悲しい行動

sarushima_64

もちろん自分の身を守るために自分ができることを全力ですべきではあるのですが、自分が助かりたいがために他人を貶める行動に出る人も少なくありません。

そして、そんな光景を目にした時の悲しさは、あまりにも深い。

こんなことは絶対考えてはいけないのだと頭ではわかっているけれど、懸命に救助作業にあたってくれる消防隊員やいち早く現地に駆けつけてくれたボランティアの人に向かって仕事が遅いだの、要領が悪いだの、自分を最優先しろだのと勝手気ままに怒鳴り散らすような人に遭遇する度に、何故この人が無事で彼女が死ななければいけなかったんだろう、と思ったこともあります。

私の家族はあまり親戚付き合いもなく、仲はいいけどベタベタしない関係なのでお互いの性格をあまり把握していないようなところがあります。
特に父親は普段から自分の考えや感情を表に出さず毎晩だらだらと酒を飲んでいるだけだったので何を考えているのかよくわからない不思議な人だなあと子供の頃から思っていました。

だからこそ、生家で地震に見舞われたときに自らの危険も省みず閉じ込められてしまった近所の人を率先して助けたり、不安で混乱する人たちをなだめたり、勝手な行動に出る人にハッキリ注意したりする父親の姿に驚きました。

大変な被害が出ている中にそんなことを考えるのもおかしいし不謹慎なのですが、父は意外に頼りになる人物だったのかと、新たな発見をした気分になったものです。

何をすれば自分が落ち着いていられるのか

riceball

それから長い歳月を経た2011年。
「あの瞬間」を思い出す強い揺れで完全にフラッシュバックしてしまった私は猛烈な不安に襲われました。

それでもあの時の経験を活かさねばと最低限の持ち物だけを詰め込んだ鞄を持ち出し、避難所で一夜を明かし、翌朝部屋に戻って割れた食器や散らかった本棚を整理した後、今どうすべきなのか、何をすればこの緊急事態に自分が平常心を保てるのか、散々考えた結果私がやったこと。

それは、おにぎりを握ることでした。

今考えるとかなり滑稽だし、何故そんなことをしたのかよくわからないけれど、モノを買占める人が多発しているのを知って、一人暮らしの自分がこの窮地を乗り切るためにはそんなに多くのモノは必要ないんだと感じたことは事実。とにかく身体が資本なのだから、今持っているものでいつでもエネルギー補給できる体制を整えておこう、と考えたのでしょう。

持たない暮らしともしもの備え。災害時の備蓄を考える。

そして、例えおにぎりという簡単なものを作る行為でも「普通に過ごすこと」が自分を癒す方法なのだと、きっと本能がわかっていたのだと思います。

つらつらととりとめもなく書いてしまいましたが、嵐の夜にはいろんなことを考えます。

とにかく、自分はこうして生き残ったのだから、全力でこの人生を全うしなければ。
日常生活に流されてつい忘れそうになりますが、今ここに存在できていることは奇跡以外の何物でもないのだから。

東京もそろそろ雨脚が強くなってきました。
みなさん、どうかお気をつけ下さい。




関連記事

浅い関係、おかしな嫉妬。

移動してから数日間はすっきりしない天気だったけれど、今日になってようやくカラッとスカッと青空

記事を読む

千切りにんじんの塩炒め

千切りにんじんの塩炒め、ゆでとうきびで晩酌。

訳あって残りもの余りもの総動員の晩酌献立。 とうもろこしをかじった瞬間、ああしまった、

記事を読む

カレイの煮付け

カレイの煮付け、トマトのおろし和え献立。

大量に摂取している食材はといえばダントツで野菜なのですが、最近魚の割合も増えてきたような。

記事を読む

忙しい毎日、大人のお得な現実逃避のすすめ。

国外へ転居する友人が、出発当日フライト3時間前まで必死で荷造りしていたという話を聞き、気が遠

記事を読む

愛媛 深山

愛媛の酒 深山 特別純米 限定直汲み生原酒 塩鶏もつ煮で晩酌。

なかなか進まない日本酒ツアーです。 関連 勝手に日本酒全国ツアー 愛知と出会えぬ

記事を読む

つらい過去を忘れる方法。

恥の多い生涯を送ってきました。 いや、生きていれば誰しも恥のひとつやふたつかいて当然と

記事を読む

面と向かってバカと言う。

超のつく美少女に尽くしまくったという若かりし日の男の話を聞く。 ここでの「尽くす」は、

記事を読む

鯖と白菜の味噌煮込み

家飲みメニュー 鯖と白菜の味噌煮込み、蕪の葉の辛味炒め。

さあ、どんどん献立が怪しくなる時期がやって参りました。 自宅を一定期間留守にする場合は

記事を読む

白菜漬け えのきと豆苗の味噌汁 蕪とツナのサラダ 手羽先とキャベツのにんにく蒸し焼き

手羽先とキャベツのにんにく蒸し焼き、蕪とツナのサラダ献立。

調理していて気がついたのですが、最近粒胡椒の存在を忘れておりました。 摩訶不思議なレア

記事を読む

三州屋鳥豆腐

家飲みメニュー 鶏豆腐、キャベツの塩昆布和え。

出汁を飲みながら酒を呑む。そんな汁重ねの季節がやってまいりました。出汁料理の筆頭といえば鍋料

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

強力美白サプリの作用で、白髪は増えてしまうのか。

アトピーが原因で両腕に残ってしまった色素沈着のケアを記録して

納豆炒めのチシャ包み
「包みまくる」という、ぜいたく。

パリッとみずみずしい葉野菜、チシャ。いいですよね、大好きです

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑