休肝日ごはん きつね丼、小松菜とにんじんのごま酢和え献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

きつね丼

油揚げを使ったきつね丼、つい先日も登場しております。

休肝日ごはん きつね丼、たま豆腐献立。

が、本日のきつね丼のほうが本来のきつね丼然としたきつね丼といえるでしょう。

めんつゆの便利さよ。

休肝日ごはん きつね丼、小松菜とにんじんのごま酢和え献立

休肝日ごはん きつね丼、小松菜とにんじんのごま酢和え献立

  • キャベツの味噌汁
  • 小松菜とにんじんのごま酢和え
  • きつね丼

キャベツの味噌汁

キャベツの味噌汁

ざく切りにしたキャベツと小ねぎの味噌汁、出汁はいりこ。いつもならここに油揚げが入ることが多いのですが、本日はなにしろメインがきつねなので、味噌汁の実は野菜だけ。

小松菜とにんじんのごま酢和え

小松菜とにんじんのごま酢和え

ゆでた小松菜と塩もみにんじんを塩、ごま油、酢、すりごまで和えたもの。にんじんに塩味がついているので、加える塩はごく少量です。

きつね丼

きつね丼

フライパンにめんつゆを入れ火にかけ、1cm幅に切った油揚げを加えて煮込み、味を含ませます。くし型に切った玉ねぎを加えてさっと煮たら軽く解きほぐした卵を流し入れて蓋をし、火が入ったところに三つ葉を散らして火を止めます。丼に盛ったごはんにかければ完成。黒七味を振っていただきます。

白身と黄身を完全には混ぜ合わさず、黄色と白のコントラストがはっきり残る程度にほぐした卵でとじる。いまどきのとろふわちゅるちゅる系じゃない、蕎麦屋の丼物イメージのきつね丼。玉ねぎもしっかり火を通して甘みを引き出すのではなく、しゃくしゃくとした歯ごたえが残る程度に仕上げました。休肝日だというのに、細かいディテールがいちいち酒飲み好みでお恥ずかしい限りです。

卵とじをつまみに酒を飲む夜は多々あれど、卵丼を食べる機会はそうそうない近頃の食事情。めんつゆで丼を作るなんてものすごく久しぶりのことでしたが、あっけなく出来上がりますね。当たり前だけど。

そうめん用に5年ぶりくらいに買い求めためんつゆ。

休肝日ごはん おろし梅納豆そうめん。

何をどうしても間違いなく美味しいので、そりゃ便利だわと改めて感心しています。いつもの料理が、いきなり外食の味になる。

が、基本砂糖を使わない、さらには塩味に慣れ親しんだ私の舌には美味しさがすぎるので、この1本を使い切ったらまたしばらくはおあずけかな。美味しさがすぎて悪いことなんて何もないのだけど、なんだろう。幸せすぎて怖い、みたいなことですかね。多分違いますね。

 




関連記事

蕪のミルク煮

蕪と鮭のミルク煮と白ワインで家飲み。

好きなのでついつい手出しするけれど一束5つとかになると消費しきるまで結構手強い存在である蕪。

記事を読む

焼き大根

家飲みおつまみ 焼き大根、分葱の梅しらす和え。

野菜を焼くだけ。 そういう料理とも言えない料理が好きです。 作るのが楽だから、と

記事を読む

塩鮭の粕汁、菜飯献立。

休肝日ごはん 塩鮭の粕汁、菜飯献立。

週の初めは休肝日、今週もノンアルコール献立でスタートです。 寒い日が続いたので、粕汁が

記事を読む

じゃがいもと白ネギのアンチョビグラタンで白ワイン。

焼酎をあんまり飲まなくなったので、ここのところの晩酌はほとんどが日本酒。たまにワイン、夏にな

記事を読む

カレイの煮付け

カレイの煮付け、トマトのおろし和え献立。

大量に摂取している食材はといえばダントツで野菜なのですが、最近魚の割合も増えてきたような。

記事を読む

蒸し鶏のねぎソース

蒸し鶏のねぎソース、島オクラのおひたし献立。

蒸し鶏。平素はむね肉を使い、そして蒸さずにゆでることが多いです。 せりと蒸し鶏の梅和え

記事を読む

家飲み献立 11/28 蕪のしょうがあんかけ、砂肝ポン酢漬他全5品で晩酌。

TGIF! 発注していた一升瓶が到着したし、金曜日だし、何か目先の変わったものでも作ろ

記事を読む

塩鮭と蕪の味噌煮込み

塩鮭と蕪の味噌煮込み、ちぢみほうれん草と椎茸のおひたし献立。

お得意の汁飲みです。 「汁飲み」とは、味噌汁、スープなどの汁物をアテに酒を飲むスタイル

記事を読む

まぐろ納豆、ぬか漬けで晩酌。

お久しぶりでございます。ぬか漬け2017、本日より開幕です。 昨年はいつ開始したのだっ

記事を読む

砂糖なし肉じゃが

砂糖なし肉じゃが、ほうれん草とトマトのからし和えで晩酌。

ガーッと煮てカジュアルに煮崩れた甘い肉じゃがは大好きです。 が、その昔とある和食の店で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

干しキャベツのロールキャベツ
寒空に野菜を干す。

久しぶりに、ベランダでキャベツを干しました。以前はちょくちょ

80代ミニマリスト主婦の幸せのかたち。

昭和10年代生まれの老夫婦にしては珍しく、ものの少ないすっき

→もっと見る

PAGE TOP ↑