休肝日ごはん 枝豆ごはん、三つ葉やっこ献立

公開日: : 家飯, 食べること ,

枝豆ごはん献立

枝豆をおすそ分けいただきました。

枝豆にはビールを添えるのが当然のマナーではありますが、残念ながらこちとら休肝日。塩ゆでにしてゴクリといくわけにはまいりません。

悔しいので、炊き込んでやりました。

そう、今回は色を諦めての炊き込み形式豆ご飯です。

休肝日ごはん 枝豆ごはん、三つ葉やっこ献立

休肝日ごはん 枝豆ごはん、三つ葉奴献立

  • キャベツと揚げの味噌汁
  • ぬか漬け
  • 三つ葉やっこ
  • 枝豆ごはん

キャベツと揚げの味噌汁

キャベツと揚げの味噌汁

ざく切りキャベツと油揚げの味噌汁、出汁はいりこ。

ぬか漬け

ぬか漬け

にんじんのぬか漬けを薄く切って、大葉とすりゴマで和えたもの。

三つ葉やっこ

三つ葉やっこ

水気を切ったもめん豆腐と刻んだ大葉をうつわに盛り、粗塩を振ってごま油をまわしかけます。

枝豆ごはん

枝豆ごはん

枝豆は軽く塩ゆでてさやから外し、米、酒、しょうゆ、昆布、さやと共に水加減した米と一緒に炊き上げます。炊き上がったら昆布とさやを取り出し、釜揚げえびを混ぜ込んだら完成。

ごはんの味付けは薄めに、えびで風味をプラス。えびじゃなくてもしらすとか、しょうがとか、塩昆布をアクセントにしてもいいし、シンプルに枝豆だけでもいい。

枝豆に限らず、豆の緑を残すなら、炊き込みじゃなくて混ぜ込み形式のほうがいい。さやを炊き込んでおけば、豆の香りは移せるからね。

休肝日ごはん 釜揚げえび入りそら豆ごはん、水菜の味噌汁献立。

が、炊き込みバージョンのいいところは、飯粒との馴染みのよさ。色はあせても薄い塩味の豆がほろりと崩れてごはんと混ざる様は、炊き込みご飯ならではの味わいだと思う。

枝豆ごはん

どちらを選ぶかはお好みでとしか言いようがありませんが、いずれも甲乙つけがたしとなれば、ワンシーズンに両方作りましょうかってことになっちゃいますね。それもいいですね。

以前は全く興味のなかった豆ごはん。最近妙に美味しく感じるのは休肝日ごはんごっこのおかげのような気がします。そうです、休肝日は私にとってごっこ遊びなのです。

休肝日の献立

休肝日を週に2日設けるようになってから早7ヶ月。そもそも「休肝日」という概念を導入したのは4年前で、それ以前はほぼ年中無休で飲んでおりました。

週2体制にすんなり以降できたのは、ごはんと味噌汁を中心とした献立のたのもしさを再確認したことが大きい。

「普通に美味しい」味噌汁とごはんの夕食。

最近ではごはんと味噌汁以外のパターンでの休肝日ごはんも増えてはいるものの、休肝日をお遊びとして面白がれるようになったのはよかったなあ。人間変われば変わるものだなあ。

と、思っていました。つい先日までは。つづく。

 




関連記事

いかの煮付け献立

イカとわけぎの煮付け、三つ葉と揚げのサラダ、ぬか漬けで晩酌。

噂では関東が梅雨入りしたとかしないとか聞きましたが、夏は酒が旨くていいですね。 夏じゃ

記事を読む

鯖のオイル煮、ラディッシュのバター添えで白ワイン。

鯖2days。2日目は生姜たっぷりの甘辛煮付けにしようと固く心に決めておりました。 そうな

記事を読む

青菜のナンプラー炒め献立

青菜のナンプラー炒め、手羽元と大根の煮込み献立。

にんにくをきかせた青菜炒め、となると、空芯菜あたりが気分でしょうか。 信州四賀 たべく

記事を読む

焼きまいたけ献立

焼き舞茸、干しあみエビと白菜の煮もの。

昨秋は突然えのきブームが到来したり、旅行明けにはきのこスープでせっせとリセットしたり。

記事を読む

焼き厚揚げ献立

焼き厚揚げ、ピーマンのえび塩和え献立。

久しぶりの家晩酌がうれしくて、すっかりご機嫌であります。 いやあ、普通に家で飲めるって

記事を読む

渋谷 鳥竹総本店

渋谷・鳥竹総本店で昼飲みを楽しむ。

By: Kzaral[/caption] 土曜日の渋谷は久しぶり。 というか、人混みが

記事を読む

一人暮らしの夜ご飯 8/6 夏に嬉しい、火を使わないメニュー。

ふう。 全然降りませんねえ、東京。 各位、熱中症には十分お気をつけくださいませ。 今夜のメニュ

記事を読む

肉豆腐の卵とじ、白菜とツナの温サラダ。

東京もうっすら雪が積もった今日。 昨夜から今日は寒くなると覚悟してはいたけれど、久しぶ

記事を読む

けんちん汁 白菜漬け キャベツ入り卵焼き えのきおろし 豚肉と白菜の酒粕煮

豚と白菜の酒粕煮、けんちん汁献立。

白菜と豚肉。 鍋に重ねて敷き詰めて、軽く塩と酒を振って火にかけるだけでいい酒のつまみに

記事を読む

過剰なおひとりさまアピールの寂しさ。

一人暮らしかつフリーランスなもので、一人行動にまつわる話をよく書いています。 一人で過ごす

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

捨てたくなくて買わない人の夏の服。

古くなった定番衣類をちょこまか入れ替えた後、服を買わない生活

手羽元とキャベツのスパイス焼き献立
汎用性の高い、中東の香り。

味付けは塩胡椒でなんとかできると思っているものですから、ハー

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

→もっと見る

PAGE TOP ↑