休肝日ごはん 枝豆ごはん、三つ葉やっこ献立

公開日: : 家飯, 食べること ,

枝豆ごはん献立

枝豆をおすそ分けいただきました。

枝豆にはビールを添えるのが当然のマナーではありますが、残念ながらこちとら休肝日。塩ゆでにしてゴクリといくわけにはまいりません。

悔しいので、炊き込んでやりました。

そう、今回は色を諦めての炊き込み形式豆ご飯です。

休肝日ごはん 枝豆ごはん、三つ葉やっこ献立

休肝日ごはん 枝豆ごはん、三つ葉奴献立

  • キャベツと揚げの味噌汁
  • ぬか漬け
  • 三つ葉やっこ
  • 枝豆ごはん

キャベツと揚げの味噌汁

キャベツと揚げの味噌汁

ざく切りキャベツと油揚げの味噌汁、出汁はいりこ。

ぬか漬け

ぬか漬け

にんじんのぬか漬けを薄く切って、大葉とすりゴマで和えたもの。

三つ葉やっこ

三つ葉やっこ

水気を切ったもめん豆腐と刻んだ大葉をうつわに盛り、粗塩を振ってごま油をまわしかけます。

枝豆ごはん

枝豆ごはん

枝豆は軽く塩ゆでてさやから外し、米、酒、しょうゆ、昆布、さやと共に水加減した米と一緒に炊き上げます。炊き上がったら昆布とさやを取り出し、釜揚げえびを混ぜ込んだら完成。

ごはんの味付けは薄めに、えびで風味をプラス。えびじゃなくてもしらすとか、しょうがとか、塩昆布をアクセントにしてもいいし、シンプルに枝豆だけでもいい。

枝豆に限らず、豆の緑を残すなら、炊き込みじゃなくて混ぜ込み形式のほうがいい。さやを炊き込んでおけば、豆の香りは移せるからね。

休肝日ごはん 釜揚げえび入りそら豆ごはん、水菜の味噌汁献立。

が、炊き込みバージョンのいいところは、飯粒との馴染みのよさ。色はあせても薄い塩味の豆がほろりと崩れてごはんと混ざる様は、炊き込みご飯ならではの味わいだと思う。

枝豆ごはん

どちらを選ぶかはお好みでとしか言いようがありませんが、いずれも甲乙つけがたしとなれば、ワンシーズンに両方作りましょうかってことになっちゃいますね。それもいいですね。

以前は全く興味のなかった豆ごはん。最近妙に美味しく感じるのは休肝日ごはんごっこのおかげのような気がします。そうです、休肝日は私にとってごっこ遊びなのです。

休肝日の献立

休肝日を週に2日設けるようになってから早7ヶ月。そもそも「休肝日」という概念を導入したのは4年前で、それ以前はほぼ年中無休で飲んでおりました。

週2体制にすんなり以降できたのは、ごはんと味噌汁を中心とした献立のたのもしさを再確認したことが大きい。

「普通に美味しい」味噌汁とごはんの夕食。

最近ではごはんと味噌汁以外のパターンでの休肝日ごはんも増えてはいるものの、休肝日をお遊びとして面白がれるようになったのはよかったなあ。人間変われば変わるものだなあ。

と、思っていました。つい先日までは。つづく。

 




関連記事

ごぼうと牛肉のしぐれ煮献立

ごぼうと牛肉のしぐれ煮、小松菜の白和え献立。

しっかり濃い味に煮詰めたしぐれ煮。この手のおかずはごはんも進むし、お弁当のおかずにもいいし、

記事を読む

さつまいもとベーコンのグラタン

さつまいもとベーコンのグラタン、柿と白菜のサラダで赤ワイン

秋冬シーズンに入ると、突然食べたくなる。それが、グラタン。鍋ものやおでんなどの汁っぽいもの

記事を読む

家飲み献立 11/22 たら豆腐とぬる燗で晩酌。

「たら」って、ひらがなで書くとなんかわけわかんないですね。 鱈、です。魚の鱈。 にお

記事を読む

きつね納豆

きつね納豆、豚汁で家飲み。

冬の終わりを祝しての駆け込み汁飲みシリーズ、本日は豚汁です。 駆け込み汁飲みといっても

記事を読む

ピーマンの卵炒め

ピーマンの卵炒め、つるむらさきのおひたし献立。

ピーマンって妙な形状の野菜だから、どこからどう手出しするか結構迷いますね。 丸ごと食べ

記事を読む

にら玉

別々にら玉、トマトとねぎのニョクマム風味スープ献立。

無性ににら玉が食べたくなる。 ちょうど豚ばら肉も余っているなんて、好都合ではありません

記事を読む

焼き厚揚げ献立

焼き厚揚げ、ピーマンのえび塩和え献立。

久しぶりの家晩酌がうれしくて、すっかりご機嫌であります。 いやあ、普通に家で飲めるって

記事を読む

きのことぬか漬けのパスタ

きのことぬか漬けのスパゲティ、白菜のサラダ献立。

久しぶりにパスタで夕食。そして珍しく、ノンアルコールです。 普段夜ご飯としてパスタ系を

記事を読む

たぬき豆腐の玉子とじ献立

たぬき豆腐の卵とじ、なめことわかめの味噌汁献立。

またてんぷら屋さんで揚げ玉をもらいました。 関連 たぬき豆腐、大根と塩昆布のサラダ献立

記事を読む

家飲み献立 12/9 鮭ときのこの豆乳スープ。

今日は済ませておきたい作業があれこれあったので、ラップトップを持ってなんとなく近所のファミリ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ゴーヤと厚揚げの黒酢炒め
いつもと少しだけ違う色。

節酒習慣のおかげで飲酒量はぐっと減りましたが、たまに晩酌もし

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

→もっと見る

PAGE TOP ↑