休肝日ごはん 枝豆ごはん、三つ葉やっこ献立

公開日: : 家飯, 食べること ,

枝豆ごはん献立

枝豆をおすそ分けいただきました。

枝豆にはビールを添えるのが当然のマナーではありますが、残念ながらこちとら休肝日。塩ゆでにしてゴクリといくわけにはまいりません。

悔しいので、炊き込んでやりました。

そう、今回は色を諦めての炊き込み形式豆ご飯です。

休肝日ごはん 枝豆ごはん、三つ葉やっこ献立

休肝日ごはん 枝豆ごはん、三つ葉奴献立

  • キャベツと揚げの味噌汁
  • ぬか漬け
  • 三つ葉やっこ
  • 枝豆ごはん

キャベツと揚げの味噌汁

キャベツと揚げの味噌汁

ざく切りキャベツと油揚げの味噌汁、出汁はいりこ。

ぬか漬け

ぬか漬け

にんじんのぬか漬けを薄く切って、大葉とすりゴマで和えたもの。

三つ葉やっこ

三つ葉やっこ

水気を切ったもめん豆腐と刻んだ大葉をうつわに盛り、粗塩を振ってごま油をまわしかけます。

枝豆ごはん

枝豆ごはん

枝豆は軽く塩ゆでてさやから外し、米、酒、しょうゆ、昆布、さやと共に水加減した米と一緒に炊き上げます。炊き上がったら昆布とさやを取り出し、釜揚げえびを混ぜ込んだら完成。

ごはんの味付けは薄めに、えびで風味をプラス。えびじゃなくてもしらすとか、しょうがとか、塩昆布をアクセントにしてもいいし、シンプルに枝豆だけでもいい。

枝豆に限らず、豆の緑を残すなら、炊き込みじゃなくて混ぜ込み形式のほうがいい。さやを炊き込んでおけば、豆の香りは移せるからね。

休肝日ごはん 釜揚げえび入りそら豆ごはん、水菜の味噌汁献立。

が、炊き込みバージョンのいいところは、飯粒との馴染みのよさ。色はあせても薄い塩味の豆がほろりと崩れてごはんと混ざる様は、炊き込みご飯ならではの味わいだと思う。

枝豆ごはん

どちらを選ぶかはお好みでとしか言いようがありませんが、いずれも甲乙つけがたしとなれば、ワンシーズンに両方作りましょうかってことになっちゃいますね。それもいいですね。

以前は全く興味のなかった豆ごはん。最近妙に美味しく感じるのは休肝日ごはんごっこのおかげのような気がします。そうです、休肝日は私にとってごっこ遊びなのです。

休肝日の献立

休肝日を週に2日設けるようになってから早7ヶ月。そもそも「休肝日」という概念を導入したのは4年前で、それ以前はほぼ年中無休で飲んでおりました。

週2体制にすんなり以降できたのは、ごはんと味噌汁を中心とした献立のたのもしさを再確認したことが大きい。

「普通に美味しい」味噌汁とごはんの夕食。

最近ではごはんと味噌汁以外のパターンでの休肝日ごはんも増えてはいるものの、休肝日をお遊びとして面白がれるようになったのはよかったなあ。人間変われば変わるものだなあ。

と、思っていました。つい先日までは。つづく。

 




関連記事

ぶりあらとわかめの酒蒸し

ぶりあらとわかめの酒蒸し、オクラ納豆献立。

ぶりあらが安いよう、欲しいよう、食べたいよう。でも、量が多すぎて一人では食べきれないよう、

記事を読む

私が団子を練らない理由。

年末年始はありがたいことにご馳走を食べまくりますね。 年末は旅先で、そして帰省し地元で

記事を読む

白鶴酒造記念館 酒蔵巡り

白鶴酒造資料館 最後は立ち呑みで〆。灘の酒蔵巡り その4.

しつこく書いている灘の酒蔵巡り、ようやく最終回です。 参考 灘の酒蔵巡り 2015

記事を読む

肉豆腐献立

晩酌献立 肉豆腐、菜の花の辛子和え。

昨日は恒例の休肝日でした。 関連 休肝日を取っても意味がない、眠れない? おおお

記事を読む

家飲みの献立

家飲み献立 白菜と豚肉の重ね蒸し、焼き野菜サラダ。

家飲みについて言及し始めたということは2016年も通常営業が始まった、ということです。

記事を読む

ニャチャンでネムノンを食べる

戻したてのライスペーパーで手巻き。

昨年のベトナム旅行で仕入れたライスペーパーを使いこなせる気がせず、約1年手つかずのまま放置していま

記事を読む

焼きレンコン

焼きレンコン、ニラの卵とじで一人晩酌。

近所に小さな八百屋さんを発見して早くも愛用しています。 かなり小さな店で大型スーパーと

記事を読む

焼き油揚げ

家飲み献立 焼き油揚げ、蒸しなす。

晩酌スタイルを変えてからなかなか好調です。 関連 一人晩酌のあり方を考える。 し

記事を読む

秋刀魚の梅煮

秋刀魚の梅煮、オクラ長いもポン酢献立。

青魚食べたい。 最近店先で丸々とした鰺を見かけるたびにそう思っていたのですが、現在の調理環境は

記事を読む

じょっぱり純米

青森の酒 じょっぱり純米で晩酌 きくらげと卵の炒めもの、ほうれんそうときのこの梅和え。

先日からご近所酒屋を巡るもなかなか日本酒に力を入れている店が発見できず。 関連 勝手に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

人生にたった一度しかない50歳のゴールデンウィークを無駄にした。

ゴールデンなウィーク、いかがお過ごしでしたでしょうか?

どんなときも、1日は24時間。

瞬きしている間に、4月も中盤戦になっていて驚きです。元気です

私の身体を癒してくれる突起物。

今年の目標のひとつとして「腰痛を改善する」をあげています。や

ねり粕の粕汁
ぶりあらの粕汁、ねぎ入り卵焼き献立。

あれ。この冬は酒粕が足りていないわ。そう気づいたのは、春直前

やりたいことリスト’23「存分に味わう」

もう3月も半ばに入ろうかという今の時期にやることでもありませ

→もっと見る

PAGE TOP ↑