色あせた日常の底上げ、ポイントはふたつ。

公開日: : 最終更新日:2019/05/08 ミニマルライフ, 生き方と考え方, 食べること

sunrise

大型連休も終了し、通常モードに戻りました。あーあ。

昨年のゴールデンウィークは特に何もしなかったけれど、今年は久しぶりに海外へ行ったし、私にしては珍しくそこそこ行動的に過ごしたような。

アリババの休日とリア充の爆発。

さすがに遊びすぎた、いや、暴飲暴食で胃腸を酷使した自覚があるので、今週1週間は酒を抜こうと決めました。



リセットせぬまま日常へ

リセットきのこスープ

旅から戻ったらいつもきのこスープで体内リセットの儀式を執り行います。

旅行太り解消、3日で元に戻すリセット方法。

が、今回はきのこ煮ず。

ベトナムでは野菜をしっかり取れていたこともあり、さほど体が重く感じなかったことに加え、帰国してからまたすぐ遠出したり、人に会ったり、人んち行ったりと外出外食続きでリセットするタイミングがありませんでした。そしてそのまま、通常モードに突入。

体重を戻す必要はないけれど、肝臓は休ませなきゃね。ということで、休肝ウィークと設定いたします。

色あせた日常の底上げ、ポイントはふたつ

kitchen

さて、休み中に考えていたアレについて。

新時代の幕開け、日常の底上げ。

非日常の体験が素晴らしければ素晴らしいほど、日常生活が色あせて見えるというか、あー帰りたくないな、と思ってしまう。これって、酷く非効率だよな。

帰りたくないほど愉快な旅から帰り、日常に戻った今、生活のテコ入れを真剣に考えねばなりません。

日常といえば衣食住。「食」に関してはそれなりに満足のいく形を確立できていると自負しています。あくまでも「自分は」ですが。

今回みたいに異国でまだ知らぬ味にチャレンジしたり、外食でご馳走に身を委ねたり、誰かが作ってくれた料理を堪能したりするのは心から好き。ここは今後も変わることはないだろうけれど、それもこれも侘しくも愛しい自分メシがあればこそ。

シンプルライフの成れの果て。

ハレとケのバランスとでも言いましょうか、内と外とが上手く調和していて、自分なりにはいい感じ。つまり、日常も素晴らしい。おまけに最近は休肝日用粗食献立にも慣れてきたので、こうして1週間の休肝なんかもできちゃうってもんですよ。

「衣」についても概ね良好か。気張ったおしゃれはめっきりしなくなったけれど、それもまあ心境の変化としてアリなんじゃないの、と、今のところは思っています。

問題は「住」ですよ。今回滞在したホテルが快適すぎて、ああやっぱり居場所って大事だなと痛感した次第です。ここはまだまだ日常に改善の余地がある。

そしてもうひとつ、日常生活の多くを占めているもの、「仕事」。私の場合、これを上手く回せないと生活の質は上がらないと強く感じたのであります。上手く回すって、なんか土地転がすみたいな言い方してますけど、違いますよ。どれだけ今を面白がれるかということです。

今週は酒も飲まず、小さなことでもいいから、何かしら日常生活を改善する行動を起こしたい。まずは先月末からほったらかしたままの領収書でも整理しようか。なんたる行動ハードルの低さよ。

 




関連記事

トマトと卵の炒めもの献立

トマトと卵の炒めもの、にらのおひたし献立。

無類の葉野菜好きゆえに、どうしても全体的に青っぽくなってしまいがちな我が家の晩酌風景。しかし

記事を読む

daikanyama35

いまだに右か左かわからない。

エスカレーターに乗る時、右を空けるか、左を空けるか? それは地域によって違うのだ、とい

記事を読む

141206d2

家飲み献立 12/6 鶏すき煮、なめこ納豆他全5品で晩酌。

今朝はかなり早めに家を出たのですが、寒い!今季一寒かった! 途中すれ違った女子高生の生足が

記事を読む

bedroom

ミニマリストの部屋着(夏編)

以前たまたま見たブログで 「私はパジャマを15着持っていますが、女性なら平均的な数だと

記事を読む

By: Nekenasoa

続・2016年の運勢を占う。

By: Phillip Chee[/caption] 2016年の運勢占いリンク。 昨

記事を読む

shinbashi_5

もう働きたくないんです。

完結していない長編漫画を読み続けるのが苦手です。 30巻くらいまで出ていて、今なお連載

記事を読む

160405ienomi6

晩酌献立 白菜のうま煮、塩蛸ぶつ。

白菜ももうそろそろ終了ですかね。 もうちょっと漬物が食べたいので白菜漬けの仕込みは確定

記事を読む

紅芯大根と貝割れのサラダ

紅芯大根と貝割れのサラダ、粕汁献立。

昨日と内容はほとんど変わらない晩酌献立ですが、せっかく写真があるので書いておきましょう。

記事を読む

ekiben

東京駅でも買える品川名物「貝づくし」はかなり危険な駅弁だった。

さて、またまた移動です。 行き先はまたまた関西方面です。 なんだかんだと言いながらも

記事を読む

By: David Surtees

モノを持たない人間の好奇心とコンプレックス。

By: Curran Kelleher[/caption] 友人(40代・女性)がいきなり男

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

れんこんと塩昆布の混ぜごはん
休肝日ごはん れんこんと塩昆布の混ぜごはん、にら玉。

食のシンプル化、といえば聞こえはいいが、単なる粗食化は進行する

ny_dt_41
50を過ぎてもまだ結婚できないあの人。

先週スタートしたドラマ「まだ結婚できない男」を観ました。

なすとひき肉の塩炒め
なすとひき肉の塩炒め、トマトと豆腐のスープ献立。

わたくし徒歩フェチなものですから、休日とはいえ家から一歩も出な

1909_shioya4
海の見える家で暮らしたい。

神戸・須磨散歩の続きです。 神戸ウエストサイド景勝ハンテ

えのきのたらこ和え、キャベツと卵の炒めもの献立
キャベツと卵の炒めもの、えのきのたらこ和え献立。

続・魚卵。 休肝日ごはん たらこ豆腐丼、えのきとキャベツ

→もっと見る

PAGE TOP ↑