色あせた日常の底上げ、ポイントはふたつ。

公開日: : 最終更新日:2019/05/08 ミニマルライフ, 生き方と考え方, 食べること

sunrise

大型連休も終了し、通常モードに戻りました。あーあ。

昨年のゴールデンウィークは特に何もしなかったけれど、今年は久しぶりに海外へ行ったし、私にしては珍しくそこそこ行動的に過ごしたような。

アリババの休日とリア充の爆発。

さすがに遊びすぎた、いや、暴飲暴食で胃腸を酷使した自覚があるので、今週1週間は酒を抜こうと決めました。

リセットせぬまま日常へ

リセットきのこスープ

旅から戻ったらいつもきのこスープで体内リセットの儀式を執り行います。

旅行太り解消、3日で元に戻すリセット方法。

が、今回はきのこ煮ず。

ベトナムでは野菜をしっかり取れていたこともあり、さほど体が重く感じなかったことに加え、帰国してからまたすぐ遠出したり、人に会ったり、人んち行ったりと外出外食続きでリセットするタイミングがありませんでした。そしてそのまま、通常モードに突入。

体重を戻す必要はないけれど、肝臓は休ませなきゃね。ということで、休肝ウィークと設定いたします。

色あせた日常の底上げ、ポイントはふたつ

kitchen

さて、休み中に考えていたアレについて。

新時代の幕開け、日常の底上げ。

非日常の体験が素晴らしければ素晴らしいほど、日常生活が色あせて見えるというか、あー帰りたくないな、と思ってしまう。これって、酷く非効率だよな。

帰りたくないほど愉快な旅から帰り、日常に戻った今、生活のテコ入れを真剣に考えねばなりません。

日常といえば衣食住。「食」に関してはそれなりに満足のいく形を確立できていると自負しています。あくまでも「自分は」ですが。

今回みたいに異国でまだ知らぬ味にチャレンジしたり、外食でご馳走に身を委ねたり、誰かが作ってくれた料理を堪能したりするのは心から好き。ここは今後も変わることはないだろうけれど、それもこれも侘しくも愛しい自分メシがあればこそ。

シンプルライフの成れの果て。

ハレとケのバランスとでも言いましょうか、内と外とが上手く調和していて、自分なりにはいい感じ。つまり、日常も素晴らしい。おまけに最近は休肝日用粗食献立にも慣れてきたので、こうして1週間の休肝なんかもできちゃうってもんですよ。

「衣」についても概ね良好か。気張ったおしゃれはめっきりしなくなったけれど、それもまあ心境の変化としてアリなんじゃないの、と、今のところは思っています。

問題は「住」ですよ。今回滞在したホテルが快適すぎて、ああやっぱり居場所って大事だなと痛感した次第です。ここはまだまだ日常に改善の余地がある。

そしてもうひとつ、日常生活の多くを占めているもの、「仕事」。私の場合、これを上手く回せないと生活の質は上がらないと強く感じたのであります。上手く回すって、なんか土地転がすみたいな言い方してますけど、違いますよ。どれだけ今を面白がれるかということです。

今週は酒も飲まず、小さなことでもいいから、何かしら日常生活を改善する行動を起こしたい。まずは先月末からほったらかしたままの領収書でも整理しようか。なんたる行動ハードルの低さよ。

 




関連記事

suma1608_7

実は嫌味を言われているとなぜ気づけたのか。

先日ツイッターのタイムラインに流れてきた、このまとめを読んで。 会社で「いつも爪がきれ

記事を読む

蕪と豚肉の味噌炒め献立

蕪と豚肉の味噌炒め、えのきのスープ献立。

ありがたき蕪が売られていたのでありがたく購入いたしました。 蕪とか葉付き大根は1度で2

記事を読む

ジャケットの着こなし

ビジネス仕様のジャケット、着こなしをあらためて考える。

By: Robert Couse-Baker[/caption] 近頃わりとジャケットが好き

記事を読む

By: Leo Hidalgo

あなたの考えを1,000文字以内で述べなさい。

By: Leo Hidalgo[/caption] 昨日書いた記事、一晩寝かせてタイトルだけ

記事を読む

塩鮭と蕪の味噌煮込み

塩鮭と蕪の味噌煮込み、ちぢみほうれん草と椎茸のおひたし献立。

お得意の汁飲みです。 「汁飲み」とは、味噌汁、スープなどの汁物をアテに酒を飲むスタイル

記事を読む

愛媛 深山

愛媛の酒 深山 特別純米 限定直汲み生原酒 塩鶏もつ煮で晩酌。

なかなか進まない日本酒ツアーです。 関連 勝手に日本酒全国ツアー 愛知と出会えぬ

記事を読む

By: Rolands Lakis

持たない暮らしのデメリット。

By: David Hilowitz[/caption] 「多くのモノを持たない今の生活のデ

記事を読む

和歌山の酒 雑賀の郷 辛口純米にごり

和歌山の酒 雑賀の郷 辛口純米にごりで晩酌 あさりと菜の花の酒蒸し。

近畿地方コンプリート! 時々寄り道はするものの基本的には北から攻めるスタイルの日本酒ツアー

記事を読む

By: Vlastimil Koutecký

妥協せずとも欲しいモノを作れる強さ。

By: Karyn Christner[/caption] 先日とある会で知り合った女性が食

記事を読む

塩手羽大根献立

塩手羽大根、ピーマンの卵炒め献立。

寒くなったりマシになったりの気候に惑わされているうちに、もうそろそろ10月も終わり。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

豚汁定食
シンプルライフとか、そういうことじゃなくて。

今週は、抜く。久しぶりにそう決めました。 あったらうれし

ueno_30
遊んで暮らせるなら、中身はどうでもいい。

「お互い割といい感じの流れになっていた」と書きました。

新潟の酒 八海山しぼりたて原酒 越後で候
新潟の酒 八海山しぼりたて原酒 越後で候 で晩酌 たらとオレンジ白菜のしょうが煮。

全国各地の酒を適当に見繕って記録を続けているこのシリーズ、まさ

ueno_33
寿司をつまみながら、いよいよ食えなくなったらバイトするという。

友人と昼間っから寿司をつまみつつの昼酒。 国内外から観光

アッシパルマンティエ
アッシパルマンティエ、ナッツ入りサラダで赤ワイン。

ここのところずっと、日本酒ばっかり。たまにはこう、こっくりした

→もっと見る

PAGE TOP ↑