新時代の幕開け、日常の底上げ。

公開日: : 最終更新日:2019/05/01 ブログ運営, 生き方と考え方

haneda_1

奥さん、5月です。しかも、令和です。

昨日今日はかなり重要なポイントだと思うのですが、それはそれとして、ふらふら遊びに出かけております。

本当に危ない、ベトナム・ホーチミン一人旅。

ベトナム旅行記はもう少し続きますが、今回は帰りたくなさすぎて困っています。

新時代の幕開け、日常の底上げ

sunrise

1. 最低限の調味料8つ!これだけあれば料理初心者も十分自炊できる。

2. 2019年の運勢はいかに?今年の運勢を無料で占う【随時更新】

3. 旅の荷物 普段使いのナイロントートで1週間の旅。

以上が2019年4月度の閲覧数TOP3でした。4月はフレッシャーズ需要(?)で毎年この調味料まとめ記事が上位に君臨します。この傾向は5月も継続すると踏んでいるのですが、果たして。

しかし私は現在自炊から遠く離れた一人旅を満喫中です。

あ、でもキッチン付きアパートメントを借りているので、1回だけ料理したか。料理と言っても、買ってきたご飯の残りをフライパンで温め直ししただけだけど、なんか楽しかったです。

初めての場所ならともかく、慣れ親しんだエリアへの旅は毎度ただただのんびり過ごすものになってしまいます。今回も観光全然してない。当初の目的は全てクリアしたけれど、それ以外に海外旅行っぽいことなんて、何もしていない。

それでも、普段の居場所を離れて異国の地で寝起きする、それだけでもう「非日常」体験であることは間違いありません。

昼間から、何なら朝から瓶ビールをぐびぐび飲みながら、ああ極楽極楽、とニヤついてはおりますが、非日常の体験が素晴らしければ素晴らしいほど、日常生活が色あせて見えるというか、あー帰りたくないな、と思ってしまう。

これって、酷く非効率だよな。旅行やイベントなどの非日常だけを心待ちにしながら、辛い日常をやり過ごすのはおかしな話。過ごす時間の長さは日常生活の方が圧倒的に長いのだから、せっせと非日常イベントを仕込むよりも、日常生活の質を底上げするほうが、何かと好都合ですね。

なんてことを書くと、常日頃さも辛い生活を送っているみたいだけど、全然そんなことはなくて、でも自分と自分の日常に注ぐ情熱の不足感は否めない。日常生活品質向上至上主義者なのに、日々の仕事や雑事にかまけてたんじゃノンノン、と再認識したのであります。ノンノン。

退屈な毎日、暇つぶしをしている暇はあるか。

時代は令和、新時代の幕開け。昭和に生まれ、平成を駆け抜けた中年にも、等しく新しい時代が訪れる。今こそは、日常生活の底上げを。そんな決意を胸に連日昼間っからビールを煽ってはおりますが、令和もカリッとした毎日をよろしくお願いいたします。




関連記事

個人ブログ、あなたの日常なんかに誰も興味はない。

By: filipe ferreira[/caption] もう10年くらい読み続けているブ

記事を読む

気が合わない、嫌いな友達との付き合い方。

昨日、帰宅途中に自宅付近で妙な場面に遭遇しました。 80歳前後の女性が 「あのク

記事を読む

自分の仕事は自分で作る、これからの働き方。

By: Alper Çuğun[/caption] 先日銀座を歩いていました。 以前近

記事を読む

子供に迷惑をかけない老後、とは多分違う話。

80に手が届こうかという親が入院となるとドキリとするものではないかと思うのです。 いや

記事を読む

うっすらとした道標、2020年やることリスト。

By: Ged Carroll[/caption] 奥さん、2月です。 年始は朝から酒

記事を読む

70歳のライフプランシート。

By: Anthony Easton[/caption] 月曜日にふと気がついて検索してみたら、

記事を読む

facebookのプロフィール画像を10年変えない厚かましさ。

以前は積極的に使っていたSNS。 近頃はInstagram以外はほとんど使用していませ

記事を読む

私たちにできないことなんて、何もない。

先日静電気防止スプレーを自作しました。 静電気防止スプレーを自作してみた。 静

記事を読む

私の気が滅入るのは、全部あいつのせいなんだ。

元来生気満ち溢れるタイプの人間ではないのですが、そこそこ機嫌よくは暮らしています。 な

記事を読む

1995年から、20年。

今回この時期に合わせてまた関西方面に移動したのには理由がありました。 1995年から2

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑