ぶりの粕汁献立。

公開日: : 最終更新日:2017/06/11 家飯, 食べること ,

粕汁献立とレシピ

粕汁献立。

桜満開の東京に遅れて冬のエース登場、といったところでしょうか。

それもこれもなかなか気温が上がってこないこと、鮮魚売り場でいい感じの鰤あらをみつけてしまったたことが原因です。突如溢れ出す粕汁欲。

粕汁、大好きなんです。大好きなんだけど、ものすごく久しぶりに作りました。




粕汁、ネギ塩温奴で晩酌

粕汁献立

  • ほうれん草のおひたし
  • 大根とツナのサラダ
  • ネギ塩温奴
  • ぶりの粕汁

ほうれん草のおひたし

ほうれん草のおひたし

茹でたほうれん草を出汁じょうゆと鰹節で食べる基本のおひたし。

大根とツナのサラダ

大根とツナのサラダ

こちらは昨日の残りもの。やっぱり爽やかさは欲しいなと思ったので大葉を追加しました。

ネギ塩温奴

ネギ塩温奴

かるく温めたもめん豆腐にたっぷりの白ネギを乗せて、粗塩、胡椒、ごま油で味付け。

ぶりの粕汁

ぶりの粕汁

ぶりのあらは霜降りにしてうろこや汚れを取り除きます。鍋に昆布出汁、下処理したぶり、同じ大きさに切りそろえた大根、にんじん、こんにゃく、油揚げを入れ煮込みます。酒粕は小さくちぎって加え、塩、しょうゆ、味噌で調味。うつわに盛ってさらしネギと黒七味で仕上げます。

粕汁ってこんな大きなどんぶり鉢で食べるものでもない気がしますが、粕汁好きなので。私の中で粕汁は汁ものというよりも鍋に近い存在なのです。これをつまみに飲みたいのです。メインです。お供はもちろん、純米酒です。

日本酒にあうおつまみレシピ

だくだくのつゆだくであまりわからないけれど、ぶりも野菜もたっぷりと入っております。そして、酒粕もたっぷり。白味噌も入ったクリームシチューのごとき濃厚な粕汁が好きなんですよ。

というのも、よく通った和食の店の冬メニューに小鍋仕立ての粕汁がありましてね。それがものすごく濃くて旨い。その粕汁を頂いてから、そうかそうか、粕汁はつまみなのかと開眼した次第。

それなのに過去記事をさかのぼってみればまさかの粕汁初登場。ここ数年は作っていなかったのですね。

近頃は何やら甘酒ブームらしくてこれまで見たこともない充実の品揃えになっていますけども、一体どうしたんでしょうね。甘酒も確かに美味しいけれど、甘酒より断然粕汁が好き。だってつまみになるもの。

酒粕がまだ余っているのでもう1回粕汁にするか、別の料理に使うか、そのまま炙ってつまみにするか。今日作った粕汁を数日間にわたって消費しながら酒粕の使い道を考えることにします。

 






関連記事

140921d

夕食抜きの理由と効果。1日3度食べなきゃダメ?

うーん、東京はいい天気でしたね。 今日は昼間に少々重い食事をしてしまったもので、夜は抜

記事を読む

こんにゃく麺

休肝日のメニュー 5/21 鶏出汁こんにゃく麺。

基本的に1年365日欠かさず酒を呑んでいます。 酒は好きだけど酒豪ではないので、1日の

記事を読む

鶏もも肉とキャベツのしょうが蒸し献立

キャベツと鶏のしょうが蒸し、菜の花の辛子和え献立。

長旅を終えて自宅に戻りました。 家飯好きではあってもしばらく自炊をしないでいると途端に

記事を読む

takamatsu_126

一鶴(いっかく)で骨付鳥にかぶりつく 高松弾丸日帰りの旅 その4。

日帰りの旅に関わらずなぜか長々と書いてしまった高松旅行記。 関連 神戸からジャンボフェ

記事を読む

春キャベツと肉団子のスープ煮

春キャベツと肉団子のスープ煮、えのきとわかめのごま酢和え献立。

人間は、長くて短い生涯でいくつの団子を練るのでしょうか。 人間は、などと無駄に主語を大

記事を読む

pho

糖質制限中でもお腹いっぱい食べられるおすすめ麺。

蒸し鶏の茹で汁で作るフォーにハマッています。 最近はこれを食べたいがために蒸し鶏を作っ

記事を読む

葉玉ねぎと新じゃがの塩煮

葉玉ねぎと新じゃがの塩煮、水菜とえのきの煮びたし献立。

使い慣れない野菜、葉玉ねぎ。 関連 葉玉ねぎのすき煮、蕪の葉とえのきのおろし和え献立。

記事を読む

170125ienomi_4

塩鮭と白菜の酒蒸し、ゆずかぶらで晩酌。

実際の体温上昇云々は別としても、白菜は暖をとる野菜だよなあと感じます。 冬の野菜だから

記事を読む

新じゃがとゆで卵の葱油和え

新じゃがとゆで卵の葱油和え、焼きピーマン献立。

ねぎの青い部分があったので久しぶりに葱油を仕込みました。 葱油ははてどれくらい久しぶり

記事を読む

きつね納豆献立

きつね納豆、大根と豆苗のしょうがスープ献立。

本体ニューヨーク満喫中につき連日晩酌記事にて失礼します。 今回の旅の食関連に関してもま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

1st_fuda_40
JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。

ついでだからと立ち寄っただけだった鳴門公園の楽しさに朝から大興

きのこの卵とじ
きのこの卵とじ、さつまいもとわかめの味噌汁献立。

芋と海のものの組み合わせって、妙な魅力を感じませんか。 じゃ

counter
おばさんが旅に出る理由。

おばさんって連れ立って旅行とか散歩とかしたがるじゃないですか。

naruto_24
神戸から高速バスで行く徳島の旅 その1 鳴門渦潮ワクワクタイム。

帰省先の神戸から高速バスを使って徳島に行ってきました。

さつまいものにんにく焼き
さつまいもにんにく焼き、ほうれん草と蒸し鶏のしょうが和え献立。

秋めいてきましたね。 相変わらず四季とあまり関係ない生活

→もっと見る

PAGE TOP ↑