40代フリーランス、50手前で正社員になれるか。

公開日: : 最終更新日:2019/03/03 これからの働きかた, ミニマルライフ, 生き方と考え方

daikanyama31

会社勤めをやめてから、早いもので干支が一周しようとしています。

東京都内で屋根のある家に住み、毎日ごはんを食べられているばかりか、酒まで飲めているので、まあ、なんとかやっています。が、この先もなんとかなるかどうかはわからず、もちろんできる限りの策は講じるものの、なんとかならなかったらそれはその時だよね、としか考えていません。

40代フリーランス、就職したい金曜日。

こんな私に、なんと正社員のオファーがきましたよ。びっくり。

40代フリーランス、50手前で正社員になれるか

161223ny2

オファー、なんて言っておりますが、別にヘッドハンティングされたわけでも、ブログ経由でお話をいただいたわけでもありません。以前よりお付き合いのある企業から、直々にお誘いをいただいたのです。

いやー、びっくりした。まさかこんなことがあろうとは。

もしも私が華麗なる経歴の持ち主とか、相当な影響力があるとかで、どこの企業も喉から手が出るほど欲しがる優秀な人材だったら、まあわかる。が、残念ながらわたくし特に秀でた能力も実績もなく、地味にコツコツ働いてきただけの、しかもそろそろ50手前という年齢の無名フリーランサー。

日本のフリーランサーに「非効率を極める」のススメ、が、辛すぎる。

こんな不良債権をわざわざ買い取ろうという企業があるんだね。さすがに何か後ろ暗い意図があるのではなかろうか、などと勘ぐりたくなるのも仕方ないのではないでしょうか。

自分で「不良債権」ってのも酷い言い草だとは思いますが、つまりそれくらい驚いたよ、というお話です。

結論から言えば、現状一つの企業に在籍してフルタイムで働くのは難しいので、丁重にお断りしました。でも、私だってそりゃ考えなくもない。もしかしたら、このタイミングで正社員に転身したほうが安心なのではと。

安定を恐れる危険な思考

ny_dt_34

フリーランスの私の働き方は、請ける仕事の内容によってさまざまですが、基本的には「業務委託」という形になります。つまり、企業の仕事をしていても、雇用はされておらず、会社員として働いていれば享受できる福利厚生の諸々とは一切縁がありません。

40代の働き方、ないないづくしのメリットを活かす。

今回のことがあって調べてみると、業務委託で働くのは避けたいという人、結構多いのですね。その理由は雇用保険がない、諸経費は自腹、有給がない、退職金も出ない、安定ない、何もない、つらい、嫌だ、というもの。

そう言われたらそうだよね、と思います。私も会社を辞める前は、失うものの多さが不安で、いろいろ調べまくったっけ。

なのに、この働き方を長年続けているとこれがもう当たり前になってきて、「ないこと」が怖いという感覚を忘れてしまっている。そればかりか、どこか一ヶ所に属するのが怖い、というおかしな感覚さえ芽生えていることに気づく。今回お断りしたのも、現実的に無理という理由より先に、この「怖さ」のほうが先にきたもの。

何も持っていない状態が当たり前の人間はなくても平気だけど、いろいろ持っていると、それが素敵なものであればあるほど、失うのが怖いのは当然のこと。

40代独身女性の生き方、失うモノがない人生。

私も昔は持っていたはずなのに、慣れって怖いような、頼もしいような、妙な心境になった出来事でした。

もしかしたら今回のお話に乗っかっていた方が、いろいろ丸く収まったのかもしれないけれど、どうにも心がざわついたので、今の私の感覚を信じることにした。常日頃から自分を全く信用してはいないけど、なぜか信じることにした。結局は後で後悔するとしても、それもまた人生、ということで。

魂の退社 50代で会社を辞めるという決意。

 




関連記事

親の視点から考える 「気持よくできる 実家の片付け」

先日書店をうろついていて、たまたま高齢者向け雑誌のコーナーに目が止まりました。 やはり

記事を読む

ケチな人間が嫌いなタイプの無駄遣い。

月末までに済ませねばならない支払いがあったので、いつものようにオンラインバンキングで処理を試

記事を読む

デニムワイドパンツのコーディネイトで考えたシンプルファッションの行方。

By: Emily May[/caption] 手持ちのアイテムを活かすぞキャンペーン、しつ

記事を読む

気になる部屋の匂いを消す方法。

By: Diego Torres Silvestre[/caption] 今の季節は在宅時に

記事を読む

満たされない毎日の過ごし方。

先日は久しぶりに酒を抜きました。 フィリピン滞在中は酒が飲めない環境だったもので、飲む

記事を読む

春の初めのコーディネイト

40過ぎたら年考えて服を着ろ、の理由。

先日、某webメディアに掲載されていた40代の女性が着てはいけないTシャツ云々の記事が轟々と

記事を読む

行き方を他人に委ねて生きている。

一人でタクシーに乗るのがあまり好きではないので極力使わない派なのですが、行き先によってはそう

記事を読む

今日捨てたもの 8/22 読み返していない古い雑誌。

今月は 「一日一善」 ならぬ(いや、それもあったほうがいいんだけど)「一日一捨」

記事を読む

つらい過去を忘れる方法。

恥の多い生涯を送ってきました。 いや、生きていれば誰しも恥のひとつやふたつかいて当然と

記事を読む

定型文メッセージの恐怖と、再開のタイミング。

先日、父の誕生日でした。 ここ数年、というか、少なくとも私が成人して以降というもの父の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑