40代フリーランス、50手前で正社員になれるか。

公開日: : 最終更新日:2019/03/03 これからの働きかた, ミニマルライフ, 生き方と考え方

daikanyama31

会社勤めをやめてから、早いもので干支が一周しようとしています。

東京都内で屋根のある家に住み、毎日ごはんを食べられているばかりか、酒まで飲めているので、まあ、なんとかやっています。が、この先もなんとかなるかどうかはわからず、もちろんできる限りの策は講じるものの、なんとかならなかったらそれはその時だよね、としか考えていません。

40代フリーランス、就職したい金曜日。

こんな私に、なんと正社員のオファーがきましたよ。びっくり。

40代フリーランス、50手前で正社員になれるか

161223ny2

オファー、なんて言っておりますが、別にヘッドハンティングされたわけでも、ブログ経由でお話をいただいたわけでもありません。以前よりお付き合いのある企業から、直々にお誘いをいただいたのです。

いやー、びっくりした。まさかこんなことがあろうとは。

もしも私が華麗なる経歴の持ち主とか、相当な影響力があるとかで、どこの企業も喉から手が出るほど欲しがる優秀な人材だったら、まあわかる。が、残念ながらわたくし特に秀でた能力も実績もなく、地味にコツコツ働いてきただけの、しかもそろそろ50手前という年齢の無名フリーランサー。

日本のフリーランサーに「非効率を極める」のススメ、が、辛すぎる。

こんな不良債権をわざわざ買い取ろうという企業があるんだね。さすがに何か後ろ暗い意図があるのではなかろうか、などと勘ぐりたくなるのも仕方ないのではないでしょうか。

自分で「不良債権」ってのも酷い言い草だとは思いますが、つまりそれくらい驚いたよ、というお話です。

結論から言えば、現状一つの企業に在籍してフルタイムで働くのは難しいので、丁重にお断りしました。でも、私だってそりゃ考えなくもない。もしかしたら、このタイミングで正社員に転身したほうが安心なのではと。

安定を恐れる危険な思考

ny_dt_34

フリーランスの私の働き方は、請ける仕事の内容によってさまざまですが、基本的には「業務委託」という形になります。つまり、企業の仕事をしていても、雇用はされておらず、会社員として働いていれば享受できる福利厚生の諸々とは一切縁がありません。

40代の働き方、ないないづくしのメリットを活かす。

今回のことがあって調べてみると、業務委託で働くのは避けたいという人、結構多いのですね。その理由は雇用保険がない、諸経費は自腹、有給がない、退職金も出ない、安定ない、何もない、つらい、嫌だ、というもの。

そう言われたらそうだよね、と思います。私も会社を辞める前は、失うものの多さが不安で、いろいろ調べまくったっけ。

なのに、この働き方を長年続けているとこれがもう当たり前になってきて、「ないこと」が怖いという感覚を忘れてしまっている。そればかりか、どこか一ヶ所に属するのが怖い、というおかしな感覚さえ芽生えていることに気づく。今回お断りしたのも、現実的に無理という理由より先に、この「怖さ」のほうが先にきたもの。

何も持っていない状態が当たり前の人間はなくても平気だけど、いろいろ持っていると、それが素敵なものであればあるほど、失うのが怖いのは当然のこと。

40代独身女性の生き方、失うモノがない人生。

私も昔は持っていたはずなのに、慣れって怖いような、頼もしいような、妙な心境になった出来事でした。

もしかしたら今回のお話に乗っかっていた方が、いろいろ丸く収まったのかもしれないけれど、どうにも心がざわついたので、今の私の感覚を信じることにした。常日頃から自分を全く信用してはいないけど、なぜか信じることにした。結局は後で後悔するとしても、それもまた人生、ということで。

魂の退社 50代で会社を辞めるという決意。

 




関連記事

すぐに効く、早く効く。「即効性」は魅惑の言葉。

40余年も生きていれば、美容や健康に関してあれこれ悩みも出てくるものです。 「白髪対策

記事を読む

ミニマリストの部屋着(冬編)

本当は12月に入ってから書こうと思っていたのですが、本日あまりに寒いのでもう冬が来たってことでい

記事を読む

不要になったプリンターの処分方法。

ずっと気になっていた最後の大物、プリンターを処分するために、粗大ゴミ収集の申込をしました。

記事を読む

ボダム

理想的な第二の使い道。

変なところが母に似たのか、冷蔵庫の中に食材がたくさんあるとストレスを感じます。 70代

記事を読む

地元で生きる力強さと終の住処を考える。

By: ume-y[/caption] 先日久しぶりに浅草へ出かけました。 久しぶり、

記事を読む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過ぎたら誰も注目してくれなくなる

記事を読む

お年玉をあげたって、面倒見てもらえるわけじゃなし。

お年玉の平均額っていくらくらいなんだろう。 と、検索してみれば、お年玉平均額情報を記載した

記事を読む

70代ミニマリスト主婦のセレブ生活。

みんな大好き、70代ミニマリスト主婦のお話です。 70代ミニマリスト主婦のキッチン。

記事を読む

ミニマリストの部屋着(夏編)

以前たまたま見たブログで 「私はパジャマを15着持っていますが、女性なら平均的な数だと

記事を読む

5月1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの ’16

By: Jonathan Kriz[/caption] 引き続き月初の定例ポストです。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑