牡蠣と春雨の炒めもの、わかめと卵のスープ献立。

公開日: : 家飯, 食べること , ,

牡蠣と春雨の炒めもの

近所の店で広島産の大ぶりな牡蠣が小分けで、しかも安くで売られている。あれをどうしてやろうかと、この数日間考えておりました。

前回入手した牡蠣は小ぶりだったから、豆腐とあわせたんだっけ。

牡蠣豆腐、焼きれんこん献立。

帰宅途中にいきなり「牡蠣のうまみを春雨に吸わせて辛味をきかせる」という啓示が降りてきたので、素直に従いました。

牡蠣と春雨の炒めもの、わかめと卵のスープ献立

牡蠣と小松菜の炒めもの、わかめと卵のスープ献立

  • わかめと卵のスープ
  • 大根のしょうゆ漬け
  • 小松菜の梅しらす和え
  • 牡蠣と春雨の炒めもの

わかめと卵のスープ

わかめと卵のスープ

鶏がらスープでわかめをさっと煮て水溶き片栗粉でとろみをつけ、溶き卵を加えてふんわりと固めます。胡椒を振り、風味付けにねぎ油をちょろっとたらせば完成。

大根のしょうゆ漬け

大根のしょうゆ漬け

塩もみしてしんなりさせた大根に昆布、唐辛子、しょうゆを加え保存容器で寝かせておいたもの。

小松菜の梅しらす和え

小松菜の梅しらす和え

包丁で叩いた梅干しを少量の酒でのばしたもの、しらす、ゆでた小松菜を和えます。

牡蠣と春雨の炒めもの

牡蠣と春雨の炒めもの

油を引いたフライパンに塩、胡椒、片栗粉をまぶした牡蠣を入れ、ふっくらする程度に火を通して一旦取り出します。同じフライパンに千切りのしょうが、小口に切った唐辛子、斜め薄切りにした白ねぎを入れて炒めたら、あらかじめ戻して食べやすい長さにカットしておいた春雨、牡蠣、酒、水、にんにくしょうゆを投入。春雨に味が入ったら、仕上げのごま油をまわしかけて完成。

今日のメインには紹興酒がいいような気もするのだけれど、ピリ辛味に引っ張られて久しぶりにビールで晩酌。冷え性なので控えているけれど、本当は好きなんですよねえ、寒い時期のビール。

ビールのおつまみ

牡蠣、春雨、ピリ辛、というキーワードを網羅したメニューになったのはいいけれど、これじゃあ牡蠣の旨味が春雨に入らないじゃないか。調理中にそう思ったのだけど、貝エキスを侮ってはいけませんね。牡蠣独特の苦味を含んだ旨味をしっかりまとっておりました。

貝出汁って、なぜか春雨に吸わせたくなる。

年末年始はアワビ祭りで贅沢晩酌。

春雨自体が好きなので、貝に限らず、素材から出る旨味ならなんでも吸わせたい癖があるのだけれど、中でも貝出汁の存在感は大きいと思うのです。牡蠣や鮑なんてたいそうなものじゃなく、もっと手軽なあさりも、いい出汁が出ますね。貝め。

あさりと小松菜のオイル蒸し献立。

あさりか。もうすぐ、シーズンだ。

 




関連記事

埼玉の酒 帝松 社長の酒 吟醸酒で晩酌 秋刀魚の梅昆布蒸し。

先日埼玉・川越へ出かけておりまして、自分土産に日本酒を購入してまいりました。 蔵造りの

記事を読む

わかめと玉ねぎの味噌汁 紅芯大根の漬もの きのこ梅おろし 豚肉ともやしの酒蒸し

豚肉ともやしの酒蒸し、きのこ梅おろし献立。

たまにワシワシと頬張りたくなるもやし。 季節問わず簡単に手に入り、しかも控えめなお値段

記事を読む

金目鯛のかぶと煮献立

金目鯛のかぶと煮、水菜ときのこのおひたし献立。

鯛食べ過ぎ問題。 つい先日、鯛あら酒蒸し、潮汁と鯛あら連打したというのにまた鯛。狂った

記事を読む

渋谷 鳥竹総本店

渋谷・鳥竹総本店で昼飲みを楽しむ。

By: Kzaral[/caption] 土曜日の渋谷は久しぶり。 というか、人混みが

記事を読む

療養中の晩ご飯 8/5 鶏出汁卵とじうどん。

療養中、ってのも大げさですが。 ぎっくり腰発症当日はそもそも呑まず食わずの休肝日設定曜

記事を読む

焼き鳥

焼き鳥、白菜としめじの酒粕煮献立。

年末年始の帰省中に、家族で焼き鳥を食べに行ったんですよ。 ここ数年、帰省時外食は中華と

記事を読む

トマトの卵炒め献立

トマトの卵炒め、かぼちゃとアーモンドのサラダ。

はい、油揚げどーん。 各家庭ごとによく使う食材というものがあると思いますが、我が家には

記事を読む

家飲み献立 12/22 温奴に熱燗。

帰り道でスーパーに寄ったら、普段は店頭に並んでいない鶏の丸焼きとかオードブルがたくさん出てい

記事を読む

台湾一周 鉄道駅弁一人旅 その5. 高雄駅 台鐵豬腳便當。

台湾を鉄道でぐるりと一周する旅も既に5都市目。 関連 台湾一周 鉄道駅弁一人旅。

記事を読む

トリュフ塩のオムレツ

トリュフ塩のオムレツで赤ワイン。

あれ、朝ごはん?朝からワインですか、いいご身分で。 そう言われても何ら不思議はないビジ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

捨てたくなくて買わない人の夏の服。

古くなった定番衣類をちょこまか入れ替えた後、服を買わない生活

手羽元とキャベツのスパイス焼き献立
汎用性の高い、中東の香り。

味付けは塩胡椒でなんとかできると思っているものですから、ハー

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

→もっと見る

PAGE TOP ↑