12月 1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの。

公開日: : 最終更新日:2015/02/02 ミニマルライフ, 捨てる

新年2日目ですがまたまた定例ポストを。
8月から記録し続けている手放したものリストですが、12月は月末に少し捨てただけで殆ど変化はありませんでした。

参考 8月 1ヶ月間に捨てたものリストと買ったもの。

参考 9月 1ヶ月間に捨てたものリストと買ったもの。

参考 10月 1ヶ月間に捨てたものリストと買ったもの。

参考 11月 1ヶ月間に捨てたものリストと買ったもの。




 

12月1ヶ月で捨てたものリスト

 

141229lg

これだけでした。
しかもそれぞれが必需品というか消耗品に近いものなので、持ち物の総量としては先月と殆ど変わりません。

12月に買ったもの

 

まあ下着なしではさすがに暮らせませんからね。古いものを処分して新しいものを購入しただけです。画像は自粛。

 

2015年はどうする?

自分の持ち物を改めて整理する。
これは昨年久しぶりに東京に戻ってきた理由のひとつでもありました。
都内のトランクルームに家財道具一式を預け、トランクケース1つの荷物だけで生活していた期間は

「あの倉庫の荷物は本当に必要なものなのだろうか」

と考える大きなきっかけとなったのです。

この経験から日常生活を送る(しかも楽しく、幸せに!)には、必要最低限の持ち物があれば困ることはないとわかったけれど、完全な移住ではなくいつか終わりがある海外生活だったからこそ身軽な暮らしができたこともまた事実。
でも、スーツケース1つの持ち物だけで暮らす経験をした後でなら、自分にとって本当に必要なものとそうでないものの判断基準がより明確になるのではないか、と考えて一旦帰国する選択をしました。

その結果、私の持ち物の数は以前の半分以下に。

参考 収納がない部屋だからできる「地球家族ごっこ」。

もちろん、モノを整理するためだけに帰ってきたわけではなく、他にもいくつか理由はありましたが、2014年の行動計画の一つであった「モノを減らす」はかなり達成できたように思います。

しかしモノを減らすことは私にとって目標ではありません。

生活をシンプルにすることで、自分は何が大切なのか、どんな人生を送りたいのかを知りたい。世間でよしとされている生活や、周りに羨ましがられる暮らしを追いかけるのではなく、私がどうしたいのかを知りたい。

参考 リストは心を導く道具。ドミニック・ローホー「ゆたかな人生が始まるシンプルリスト」

人生の早い段階から「自分にとっての本当の幸せ」がはっきりわかっている人は理想の実現に向かって邁進していくのでしょうが、私は「自分がどうしたいか」をあまり深く考えることなく「なんとなくよさそうな暮らし」を求めて過ごしてきたように思えます。

いや、それはそれでいい経験もたくさんできたので、決して後悔はしていませんが。
40過ぎて人生について真剣に考え始めるなんてかなりのスロースターターではありますが、きっとこれも何かのタイミングなんでしょう(前向き)。

2014年にかなりかなり身の回りを整理し、さらにブログで記録し続けたことによって少しずつですが今後の方針が見えてきたことを実感しています。

さて、年が明けて2015年。
そろそろ次の段階へ進まなければいけませんね。

 






関連記事

By: jsnsndr

今日捨てたもの 9/30 寿命が尽きて、必要性を考える。

By: jsnsndr[/caption] 不要なもの、使わないものはほぼほぼなくなった我が

記事を読む

By: Timothy Vollmer

最小限の旅の持ち物 夏の旅行に持参するスキンケア。

By: Steven Depolo[/caption] 最小限の荷物で小回りのきく快適な旅を

記事を読む

By: Mitchell Askelson

10月 捨てたものリストと買ったもの ’15

By: Mitchell Askelson[/caption] 1ヶ月間に捨てたものと買った

記事を読む

By: Edward Betts

身軽で簡素でモノがなくても、人生は十分複雑だから。

By: tanakawho[/caption] どうにもこうにも「比較検討」という作業が苦手

記事を読む

By: Mark Hunter

捨てる引越し、捨てない引越し。

By: Mark Hunter[/caption] 前回の引越しはトランクルームに預けていた

記事を読む

fallleaves

ミニマリストの部屋着(秋編)

真夏にこんな記事を書いていました。 参考 ミニマリストの部屋着 ここ数日はまた少

記事を読む

knitgage

今日捨てたもの 11/6 いただきもの、思い出の品を捨てること。

冷蔵庫や洗濯機、ベッドといった大型のものは全てなくなった我が家。 今では自分で持ち運べ

記事を読む

By: greg westfall

ささやか過ぎる平凡な人生は退屈か。

先月バンコクからフィリピンへのフライトの際にマニラ空港で8時間のトランジットがありました。

記事を読む

By: Steven S.

21世紀の英会話 高城剛氏はなぜこの本を書いたのか。

By: Steven S.[/caption] 先日、私が英語を学び始めたのは40歳を過ぎて

記事を読む

moalboal-restaurant_12

なんにも持っていなくても、奪われるのはやりきれない。

はっきりはわからないけれど、おそらくモアルボアルの海のような。 ひとしきり遊んだのでそ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

140905lg.min
ものがない部屋、寒がりの布団、冷え性の真冬。

今年は本格的な冬の到来を待たずに脱出できるかも、などとほくそ笑

checkup.min
再検査、3ヶ月計画は企画倒れ。

8月に受けた健康診断で、まさかの3ヶ月後再検診の刑を食らいまし

セロリと豆腐の炒めもの
セロリと豆腐の炒めもの、キャベツのおかか和え献立。

なんか最近この手の作戦が多めだけど、残りもの一掃献立。

tokyotower36
続けた先に、何かいいことあるかもしれない。

そんなにずっと続けてるんだったら、もっと何か別のことを考えれば

アッシパルマンティエ
アッシパルマンティエ、くるみ入りキャロットラペで赤ワイン。

冬のごちそう、グラタンでワインを飲みたいシリーズです。

→もっと見る

PAGE TOP ↑