最小限の旅ファッション、問題はいつだって靴だった。

公開日: : 最終更新日:2020/05/19 ファッション, ミニマルライフ, 旅人への道

旅の荷物について考えています。
また旅行かよ!といい加減言われそうですが。

関連 旅人への道。

次回は比較的暖かい時期に暖かい場所に行けそうなので、冬場のヨーロッパ行きに比べるとかなりの軽装で済みそう。そして山盛りのお土産を持参する必要がない、となると、スーツケースじゃなくて鞄ひとつで行きたいなあ。

期間はまだ未定ですがおそらく2週間から4週間。

季節さえ変わらなければ1週間も4週間も基本的に同じ、と考えるほうではあるのですが、問題は靴ですね。

旅の荷物、いつも問題は靴だった

以前も夏の旅の荷物について書いていました。

関連 最小限の洋服で身軽におしゃれに旅したい!持ち物リストに加えたい”カンガ”。

今見てもまあこんなものかな、とは思うのですが、問題は

  • スニーカー
  • ギョサン
  • パンプス

これですね。

スニーカーは履いて移動し、ギョサンを鞄に忍ばせる、のならば全く問題ないのですが、おまけにパンプスもとなると結構なスペースを取ります。ドレスコードのあるような場所に出入りしないならば不要ですが、パンプスを持参するか否かは毎回迷うところで。

リゾート系に行かないのであればギョサンの代わりにパンプス?とも考えるけれど、ホテルからちょこっと買い物に出かける時や気軽なホステル滞在の場合はやっぱりあったほうが捗る。うーん。

モノを減らす過程で浮かび上がってくること

旅の荷物に限らず、モノを減らす過程で明らかになるのは物事の優先順位。このスペースに、この鞄ひとつに収まる量に持ち物をまとめなければならないという制限を設ければ自分にとって何が大切で、何がそうでもないかは自ずと明確になってきます。

旅の荷物で考えれば一眼レフとパソコンを諦めてスマホで妥協すればパンプスが入るスペースは確保できるのは確実。でも、プライオリティで考えればパンプスよりもカメラとパソコンが俄然上、となるわけです。

おしゃれは好きだけど、多くの洋服を詰め込むためにスーツケースを持ち出そうとか鞄を大きくしようとは思わない。やっぱり私にとってのおしゃれとは服をたくさん持っていること、ではないようです。

さて、パンプス系を持参しないとなると、

  • 現地調達
  • 折りたたみシューズ

という方法が浮上します。今見てみたら、結構色々な種類が出てるんだね、折りたたみシューズって。

簡易の折りたたみシューズがパンプスの役割(=ややフォーマルなシーンでのスタイル)を果たすのか?という疑問はあるものの、検討の余地はあるのかな。ただ、問題は私がバレエシューズ及びバレエシューズに似合うコーディネイトに全く興味がないこと。ということは、折りたたみシューズの導入は完全に機能性重視の選択となるわけで。

旅でしか使わないさほど好きじゃないアイテムを所有するってのも、なんだかなあ。

ミニマリストの持たない暮らし

とまだ結論は出ていませんが、次回はスーツケースひとつじゃなくて鞄ひとつでファッションも楽しむ旅、を検討してみたいと思います。

※追記 導入しました。
関連 旅の荷物軽減計画 折りたたみシューズで問題発覚。




関連記事

冬から春へ衣替え 白が着たい、白の効果。

暑い。 Tシャツに薄手のジャケットを羽織っただけの軽装でも、暖かいを通り越して暑いと感

記事を読む

丸玉食堂(元町)

神戸で酒を飲むならば ’19。

年末年始は故郷である神戸で過ごしました。 大きな予定は特になく、することといえば朝から

記事を読む

財布を使わない日々。

最近財布を使っていません。 そもそもここ数年は財布然とした財布は使わなくなっていたので

記事を読む

今日捨てたもの 9/28 洋服にも思い出は宿る。

By: Luigi Torreggiani[/caption] あれ、捨てたんだっけどうだっ

記事を読む

少ない服でおしゃれ、は可能なのかを探る新しい挑戦。

何度もファッションに関する記事を書いています。 関連 ファッションに関するあれこれ

記事を読む

フィリピン航空(PAL)で行くセブ島、ロストバゲージを体験。

まあなんとかなるでしょう、と悠長に構えていたのですが。 関連 スーツケースの重量と関西

記事を読む

ツイードジャケットコーデ

ナチュラルシンプルファッションは、10年経っても色褪せない。

「ku:nel」が島田順子さん特集でした。 リニューアル後の評判が何かと芳しくない本媒

記事を読む

やっぱり私は贅沢がしたい。

By: Nicolás Boullosa[/caption] モノは少なく、家は小さく。

記事を読む

ニューヨークのタクシー

ニューヨーク旅行 治安、持ち物、服装、物価にチップ。一人旅でも大丈夫?

クリスマスシーズンにニューヨークに行ってきました。 今回はミッドタウンエリアにあるホテ

記事を読む

買うべきか買わざるべきか、それが問題だ。

起動しなくなって大騒ぎしていたのは、昨年の秋。 ブログが書けなくなって秋 またまたMacBo

記事を読む

Comment

  1. まるい より:

    とてもタイムリーだったので、コメントをば。
    昨日折り畳みバレエシューズをリアル店舗で買いました。
    はきなれないパンプスで出掛けた時、痛くなったら外出先で履き替える用として購入。
    爪先の尖った形やアニマル柄もありましたよ。

    前にブログで紹介されてたネギだしを、私はお豆腐でいただきました。
    簡単美味しいお料理、独り暮らし自炊者としていつも楽しみしています。

    • crispy-life より:

      まるいさん

      折りたたみシューズ情報ありがとうございます。

      そうなんですね、やっぱりいろんなタイプがあるのですね。好みに合うものがあるかどうか、ちょっと目を光らせて探してみようと思います。旅行の時はもちろん、最近なかなか手(足?)が出なくなってきたヒールモノのサポートになるのが心強いですよね。

      最近自炊内容がさらに簡素になりつつありますが、今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

  2. カワ より:

    日本でも海外でも冬以外はサンダルです!
    明日からセブ行きますが、サンダルで行きますよ!

    • crispy-life より:

      カワさん

      サンダル一択、潔し。確かに冬場以外はそれが一番楽ですよね。
      この寒い時期にセブとは羨ましい限り。どうぞお気をつけて楽しい旅を!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

非常食の賞味期限を切らしがち問題。

多分やっちゃうだろうなと思っていたら、まんまとやらかしました

多機能とシンプルさの間で揺れる。

先日、以下のメールが届きました。 この度はお役に立てず

粗食献立
味噌汁とごはんだけの夕食週間2020。

毎日の晩酌をことのほかたのしみに生きている私ですが、しばらく

ストロベリーフィールズ
自分だけしか真実を知らない世界で生きる。

宣言した通り「YESTERDAY」を観ました。大規模な停電と

腹が痛くなるまで笑っていない。

とんでもなく愉快な様子や爆笑するさまを表す言葉に、腹を抱える

→もっと見る

PAGE TOP ↑