最小限の旅ファッション、問題はいつだって靴だった。

公開日: : 最終更新日:2020/05/19 ファッション, ミニマルライフ, 旅人への道

旅の荷物について考えています。
また旅行かよ!といい加減言われそうですが。

関連 旅人への道。

次回は比較的暖かい時期に暖かい場所に行けそうなので、冬場のヨーロッパ行きに比べるとかなりの軽装で済みそう。そして山盛りのお土産を持参する必要がない、となると、スーツケースじゃなくて鞄ひとつで行きたいなあ。

期間はまだ未定ですがおそらく2週間から4週間。

季節さえ変わらなければ1週間も4週間も基本的に同じ、と考えるほうではあるのですが、問題は靴ですね。

旅の荷物、いつも問題は靴だった

以前も夏の旅の荷物について書いていました。

関連 最小限の洋服で身軽におしゃれに旅したい!持ち物リストに加えたい”カンガ”。

今見てもまあこんなものかな、とは思うのですが、問題は

  • スニーカー
  • ギョサン
  • パンプス

これですね。

スニーカーは履いて移動し、ギョサンを鞄に忍ばせる、のならば全く問題ないのですが、おまけにパンプスもとなると結構なスペースを取ります。ドレスコードのあるような場所に出入りしないならば不要ですが、パンプスを持参するか否かは毎回迷うところで。

リゾート系に行かないのであればギョサンの代わりにパンプス?とも考えるけれど、ホテルからちょこっと買い物に出かける時や気軽なホステル滞在の場合はやっぱりあったほうが捗る。うーん。

モノを減らす過程で浮かび上がってくること

旅の荷物に限らず、モノを減らす過程で明らかになるのは物事の優先順位。このスペースに、この鞄ひとつに収まる量に持ち物をまとめなければならないという制限を設ければ自分にとって何が大切で、何がそうでもないかは自ずと明確になってきます。

旅の荷物で考えれば一眼レフとパソコンを諦めてスマホで妥協すればパンプスが入るスペースは確保できるのは確実。でも、プライオリティで考えればパンプスよりもカメラとパソコンが俄然上、となるわけです。

おしゃれは好きだけど、多くの洋服を詰め込むためにスーツケースを持ち出そうとか鞄を大きくしようとは思わない。やっぱり私にとってのおしゃれとは服をたくさん持っていること、ではないようです。

さて、パンプス系を持参しないとなると、

  • 現地調達
  • 折りたたみシューズ

という方法が浮上します。今見てみたら、結構色々な種類が出てるんだね、折りたたみシューズって。

簡易の折りたたみシューズがパンプスの役割(=ややフォーマルなシーンでのスタイル)を果たすのか?という疑問はあるものの、検討の余地はあるのかな。ただ、問題は私がバレエシューズ及びバレエシューズに似合うコーディネイトに全く興味がないこと。ということは、折りたたみシューズの導入は完全に機能性重視の選択となるわけで。

旅でしか使わないさほど好きじゃないアイテムを所有するってのも、なんだかなあ。

ミニマリストの持たない暮らし

とまだ結論は出ていませんが、次回はスーツケースひとつじゃなくて鞄ひとつでファッションも楽しむ旅、を検討してみたいと思います。

※追記 導入しました。
関連 旅の荷物軽減計画 折りたたみシューズで問題発覚。




関連記事

インナーの寿命、ゆるいパンツで見る夕日。

恐ろしく暑いです。 春からそんな予感はしていましたが、暑いです。 関連 オールシ

記事を読む

旅の準備

旅の荷物を減らすコツは、荷造り前のひと手間にあり。

By: jessicahtam[/caption] 旅は好きだけど旅の準備が苦手、と散々言い

記事を読む

自由な私をもう縛らないで。

最近カバーがパカパカするようになったので、おや?と思い、中身を確認してみる。 ああ、膨

記事を読む

旅の荷物、便利な小細工と必需品。

雑誌やサイトで 「女性の海外旅行の必需品は?」 などというお題でいろんなグッズを

記事を読む

目に入るたびに捨てたくなる。

By: Clemens v. Vogelsang[/caption] あーやっと捨てられた!

記事を読む

お金を貯めるのが趣味、数字が増えるのがただ面白い。

仕事の都合で久しぶりに女性誌を読みまくっているのですが、情報誌は当然のこととして、ファッション誌

記事を読む

アンドゥメルメステールブーツ

秋のファッション計画 2015。

By: Derek Key[/caption] 健康関係に引き続き、ファッションに関するこの

記事を読む

持たない暮らしと買い物について改めて考える。

By: Floriana[/caption] 今月は毎日1つ、何かを手放す月間です。

記事を読む

持たない暮らし。ドライヤーと鏡は必要?

現在順調にモノが減っている我が家ですが、新たに購入しようかどうしようか、と悩んでいるものもありま

記事を読む

40代のファッション、靴と鞄の選び方が変わる理由。

先日、いろいろなファッションを楽しむのが好きなのだと気づいた、と書いたところですが、それと同

記事を読む

Comment

  1. まるい より:

    とてもタイムリーだったので、コメントをば。
    昨日折り畳みバレエシューズをリアル店舗で買いました。
    はきなれないパンプスで出掛けた時、痛くなったら外出先で履き替える用として購入。
    爪先の尖った形やアニマル柄もありましたよ。

    前にブログで紹介されてたネギだしを、私はお豆腐でいただきました。
    簡単美味しいお料理、独り暮らし自炊者としていつも楽しみしています。

    • crispy-life より:

      まるいさん

      折りたたみシューズ情報ありがとうございます。

      そうなんですね、やっぱりいろんなタイプがあるのですね。好みに合うものがあるかどうか、ちょっと目を光らせて探してみようと思います。旅行の時はもちろん、最近なかなか手(足?)が出なくなってきたヒールモノのサポートになるのが心強いですよね。

      最近自炊内容がさらに簡素になりつつありますが、今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

  2. カワ より:

    日本でも海外でも冬以外はサンダルです!
    明日からセブ行きますが、サンダルで行きますよ!

    • crispy-life より:

      カワさん

      サンダル一択、潔し。確かに冬場以外はそれが一番楽ですよね。
      この寒い時期にセブとは羨ましい限り。どうぞお気をつけて楽しい旅を!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよ

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。
サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assada

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージ

未来はいつでも不確定、やりたいことが出てこない。

1月末か、2月初めには例の儀式をやるつもりだったんです。実は

→もっと見る

PAGE TOP ↑