今日捨てたもの 12/28 清々しく新年を迎える準備。

公開日: : 最終更新日:2016/08/30 ミニマルライフ, 捨てる

久しぶりの「捨て記事」です。

年末は否が応でもお片づけ気分が盛り上がるので、なんだかんだ捨てるかなと思っていたのですが、意外に出てきませんでした。

まあ、今年は既に持ち物を随分減らしているので当然かもしれませんが。

年末大掃除と同じく、普段からこまめにやっていれば大掛かりなことはやらなくて済む、という証ですね。これはこれで、いい傾向。

参考 持たない暮らし実践中の年末大掃除。

 

今日捨てたもの

  • 下着
  • Tシャツ

実物写真は自粛。
先日決めたとおり、年内に総入れ替えすることができました。

参考 年内にやりたいと思っていること。

下着のついでに何か要らないものがあるかな?と漁ってみると少々くたびれてしまったTシャツを発見、一緒にさよならすることに。

よし。
これでなんだかすっきりした気分で新年を迎えられそうです。

「使ってないけどなんとなく持っている」モノが多くなりがちな女性の下着。
私も例外ではありませんでしたが、今年に入って思い切って整理したので以前は満員御礼状態だった下着の引き出しがスカスカになってしまいました。

下着や靴下、タイツなどのインナー類はどう考えても消耗品。
たくさん揃えて日替わりで楽しめるならいいけれど、管理しきれない状態のまま使わないモノが出てきてしまうのなら少数精鋭方式に切り替えて、こまめに新しいものと取り替えるのもひとつの方法。下着に関してはいくらお気に入りでも洋服や靴みたいに「15年選手」になり得ないしね。

こんなちょっとしたことでも計画通りに事が進むとやっぱり気持ちがいいものです(大げさ)。
そしてそろそろ本格的に年末、旅の準備をしなければ。

ふぅ。

旅は好きだけど準備がキライな私。残念ながら旅の荷造りには全くワクワクしないのです。
何回やってもこれだけは変わらず、困ったもんだ。

ところで結構活用しているだけに、エアアジア機の行方が心配。

機体の残骸が発見されたという情報も出ているようだけど、まだわからない。
無事を祈るのみです。

 




関連記事

今日捨てたもの 11/6 いただきもの、思い出の品を捨てること。

冷蔵庫や洗濯機、ベッドといった大型のものは全てなくなった我が家。 今では自分で持ち運べ

記事を読む

今日捨てたもの 買い物する手間、選ぶ手間。

By: Daniel X. O'Neil[/caption] もともと持ち物の数が少ないほうでは

記事を読む

ミニマリストの部屋着(冬編)

本当は12月に入ってから書こうと思っていたのですが、本日あまりに寒いのでもう冬が来たってことでい

記事を読む

タイパンツのコーディネイト

着こなせないけど捨てない服とその理由。

By: Nattu[/caption] お気に入りだったのに似合わなくなった服、賞味期限が切

記事を読む

好きなものだけの毎日が、出会いのチャンスを逃している。

By: Thomas Beck[/caption] 先日民放ラジオ101局特別プログラムなる

記事を読む

ストール

シンプルファッションにプラスするおすすめアイテム。

好きなものに関してはしつこい私。 ずっとこのブログで推し続けているブランドのセールがき

記事を読む

MacBook Air '11

Macbook Air 11インチに買い換えて1年が経過した。

気付けばパソコンを新調してから1年が経過していました。 関連 MacBook Air

記事を読む

冷蔵庫の霜取りにかかる時間(真夏)。

現在使っている冷蔵庫はシェアハウスに備え付けのミニ冷蔵庫。ビジネスホテルなんかについてるあれ

記事を読む

旅のファッション 荷物を少なくするため洋服は現地調達すべし?

By: 白士 李[/caption] そろそろ旅の準備をしなければ。 なんて言いつつも、旅は好

記事を読む

ボダム

理想的な第二の使い道。

変なところが母に似たのか、冷蔵庫の中に食材がたくさんあるとストレスを感じます。 70代

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑