寒がりの冬ファッション 防寒対策スエットは却下。

公開日: : ファッション, ミニマルライフ

冬に向けての防寒対策を引き続き考え中です。

この週末はニヤニヤが止まらないほどの陽気だったのでこうなるとうっかり

「寒さ対策なんてもうちょっと先でよくない?」

なんて思ってしまうのが先延ばし型人間の悪いところでありますが、もう11月も半ばですからね。街はクリスマスデコレーション始まってますからね。

この冬の自分の予定を考えると殊の外寒くなりそうなので、慎重に考えましょう。



憧れのスエットを早々に諦める

By: Joopey

さて先日も防寒対策について書いたのですが。

関連 少ない服の着まわし、決定的に足りない冬アイテム。

Tシャツやカットソーなど薄手の服は冬だけじゃなく他の季節でも着まわせる、ゆえに服の総量が少なくて済む。この大は小を兼ねる的発想である「秋服は冬服を兼ねる」論こそが寒がりの私を好きでもない七分袖へと誘った理由なのかもしれません。

でもねえ、別に寒さ対策ったってニットやらダウンやらをいきなり数十点買い増ししましょうってわけでもなし、ひとつふたつはあってもいいんじゃないの?と考えを改めた2016冬。インナーダウン計画についてはコメントでもいろいろとアドバイスをいただき未だ検討中ではあるのですが、同時に気になっていたスエットパンツについては早々に諦めました。

理由はサイズが合わないから。

着ない服を増やすサイズと価格問題

先日意気揚々と試着してみたところ、Sでは小さすぎてMでは大きすぎ。いや、多分こういうサイズ感のものなのだろうとは理解できるのですが、防寒目的なのに足首出すのもちょっと違うし、防寒第一でオーバーサイズを選ぶのもなんだし、と考えてあっさり却下となりました。

まあね、ちょっと憧れただけなの、こういう脱力系のアイテムをきちんと着こなす感じに。そもそもスポーツテイスト入ったものは壊滅的に似合わないことも知ってるんだけどね、キャラ的に。ちぇっ。

ボトムスに関しては長らく続いたローライズ文化の恩恵を受けておりましたが最近のパンツ類は股上がすっかり深くなり、扁平科尻無属にとっては厳しい時代に突入したのかもしれません。思い返せばここ数年ボトムスは捨てるばかりで新しいものは一切購入していなかったのでそりゃ流れも変わるでしょって話ですね。そしてサイズが合わなかろうが似合わなかろうがエイヤ!で買わないあたりに成長が見られるというか。

関連 捨てられない洋服にハサミを入れる勇気。

心動かされたあったかアイテムを迎えることは叶わなかったけれど、安いからといってむやみに飛びつかない姿勢は素直に評価しましょう。

普通の人だけが持っている「才能」

141107lg

しかしサイズ問題は悩ましい。

スーツやシャツなんてのはオーダーで作る人も多いでしょうがそれ以外のアイテムも全てオーダーなんてのは一般人にはなかなか難しいお話。標準より背が高い人、背が低い人だけじゃなく、胸が大きすぎて着る服が限られてしまう羨ましいような大変なような悩みをお持ちの女性もいるし、太ももが発達しすぎてウエストに合わせると足が入らないスポーツマンの話もよく聞きます。私と同様に扁平科尻無属ゆえ腰回りに余裕のあるレディースものではピタッとくるパンツがなかなか見つからない人もいるだろうし、例え同じ身長・体重であっても「体格」は全然違ったりもするんですよね。

そう考えると標準体型で既製品のサイズがぴったりくる、なんてのもひとつの才能であり特技なのかもしれないなあ。「普通」ってなんだか平凡かつぼんやりとした曖昧な言葉だけど、普通だからこその強みって絶対にあるよね。

関連 ささやか過ぎる平凡な人生は退屈か。

あれ、なんの話だ。単にスエットを諦めた話を書こうと思ったのにまた妙なことになったな。

ところで季節柄

「持たない暮らし 冬の過ごし方」
「ミニマリスト 防寒対策」

などというキーワードで検索される方も多いようなのですが。

ミニマリストの持たない暮らし

私の場合は自分にとって不要なモノは持たないだけであってとにかく部屋に何もおきたくないとかコーディネートはワンシーズン1つと決めているとかものすごい倹約家で電力は一切使いませんとかそういうストイックさは持ち合わせておりません。よって目新しい冬の過ごし方指南は出来かねますが、そんな「普通」っぽさもまあいいよねってことで何卒(無理やり)。

 




関連記事

トートバッグをポットカバーに

いただきものの第二の人生。

むやみに新しいものを買わずに手持ちアイテムを活かす方法を考える式にシフトしてからずいぶん経ち

記事を読む

春の初めのコーディネイト

40過ぎたら年考えて服を着ろ、の理由。

先日、某webメディアに掲載されていた40代の女性が着てはいけないTシャツ云々の記事が轟々と

記事を読む

osaka_shinsekai_15

コツコツ貯めるか、さっさと使うか。

近所の八百屋とか居酒屋だとかの個人店舗は例外として、基本的に買い物の支払いはクレジットカード

記事を読む

By: Sandra Cohen-Rose and   Colin Rose

秋ファッション、カシミヤニットのコーディネートを再考する。

By: Sandra Cohen-Rose and Colin Rose[/caption]

記事を読む

By: Matthias Mueller

1年間服を買わずに過ごした結果。

By: Roderick Eime[/caption] よし、部屋を片付けるぞ!もっとシンプ

記事を読む

バッグインバッグ

荷物が少なければ鞄の中はすっきりするのか。

By: Maegan Tintari[/caption] 多くのモノを持たない生活をしている

記事を読む

shirtsdisp

選択肢過多(Choice Overload)その2 選択肢を減らして、リソースを増やす。

さて、選択肢過多(Choice Overload)に関して続きです。 参考  “選択肢

記事を読む

water

日本のフリーランサーに「非効率を極める」のススメ、が、辛すぎる。

フリーランサーとしては、耳の痛い話ですね…。 >>参考 日本のフリーラン

記事を読む

save my bag missweekender

軽くて大きい、使い勝手のいい鞄を探して。

旅にも使えるやや大きめでとにかく軽い鞄が欲しい。 ずっとそう思い続けていましたが、なか

記事を読む

diary

今日捨てたもの 8/20 10年分のスケジュール帳を処分。

今月は毎日何かひとつ捨てると決め、毎日実践しています。 これまでは割りとほいほい手放し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

kawagoe_14
蔵造りの街 小江戸川越を歩く。日本散歩・埼玉県

埼玉県・川越市を散歩してきました。 ここのところ海外にばかり

rerise_2
染まりにくい髪が真っ黒になる白髪染め。

年々増える白髪に手を焼いております。 散々いろんなものに

さつまいもと豚肉のしょうが煮
さつまいもと豚肉のしょうが煮、セロリのおひたし献立。

甘いさつまいもは塩や味噌。チーズ、しょうゆなど、塩辛い味付けに

nerima37
少ない服で事足りる地味で孤独な引きこもり生活。

Vネックのニットの上から、まだライナーを取り付ける前のコートを

かぶの味噌汁 ぬか漬け セロリの白和え にんじんしりしり
にんじんとツナの卵炒め、セロリの白和え献立。

毎度ぬか漬けでお世話になっているにんじんですが、たまに山盛り食

→もっと見る

PAGE TOP ↑