あげたいもの、買いたいものと欲しいもの、喜ばれるものの間で。

公開日: : 最終更新日:2016/03/13 ミニマルライフ, 生き方と考え方

spainfood36

年末はスペインで過ごした後、そのまま両親の家に向かいました。

「今スペインに来てるんだけど、30日の夕方に帰るから」

と、バルセロナのホテルから電話を入れておいたので当然何か土産物でも調達しなければなりません。いや、別にスペインにいたことを隠して土産をケチろうとかそういうセコい話ではなく。

うーん、スペイン土産なあ。



欲しがらない人へのお土産

madrid7

スペイン土産、結局特別なものは何も買わなかったのですが。

関連 欲しいモノがない時代 生き方が最後の商品になる。

友人知人、そして自分用のお土産はアンチョビやサーディン、魚介系の缶詰やチョコレート、スペイン名物のトゥロンというヌガー菓子など、持ち帰りやすい食料品を中心にあれこれ買い求めました。

母親は常に板チョコを冷蔵庫に忍ばせていて、毎日朝食後にひとかけらだけ食べるのを楽しみにしている、というのを把握していたのでチョコレートは買ったのですが、その他のスペインらしい食料品が口に合うとは思えず。

じゃあ小物とかアクセサリーとか民芸品とか記念の品を見繕えばいいじゃない、と思われるかも知れませんが、自分の好みに合わないものは私以上に家に置きたがらないのはわかっているので適当なものを選ぶわけにもいきません。

関連 70代ミニマリスト主婦のキッチン。

せっかくスペインに来たのにスペインらしい土産のひとつも買わないのもアレだしなあ、などと考えながら、ああそうか、そんなこと気にするのはこっちの勝手なんだ、と思ったのでした。

買いたいものと喜ばれるものの間で

せっかくスペインに来たのだからなにかそれらしいものでも買って帰りたいなあと考えるのは私の事情。そしてそれを喜んで欲しいと思うのも私の都合。何かを渡して

「こんなの別にいらない」

と言うのは相手の勝手だし、それを聞いて腹を立てたり悲しんだりするのも私の勝手。
そう、本当は何をどうしようがお互い自由なわけです。
喜ばなきゃいけない義務もなければ、喜んでもらえなかったからといって落ち込む必要もない。いくら家族でも他人のことはわからないし、コントロールもできないもの。

って、家族間の土産物ひとつにそこまで深刻に考える必要なんてないのですが、幼少の頃から何をプレゼントしても素直すぎるがゆえにイマイチ喜んでくれなかった母への土産物はなかなか手強いものなのでした。

しかし考えたらお土産とか贈り物って割と邪な気持ちで選んでる場合が多いよなあ。
純粋に相手のことを考えているつもりでいても、やっぱりこれを買いたいとかあれをあげたいとか、はたまた気の利く人に見られたいとか自分のセンスのよさをアピールしたい、なんて勝手な見栄の要素が全くない、とは言い切れないもの。あれ、そんなの私だけでしょうか。いや、ないとは言わせない。

誰かに何かを贈るって、「モノ」それ自体がどうこうじゃなく、気持ちの問題。
そりゃあ純粋な気持ちだけでなく礼儀とかマナーだから、なんてのもあるけれど、それでも自分があげたいものと相手が喜ぶものが一致した時の楽しさを知っているからこそ、人はモノを介して気持ちを表そうとするのでしょう。

それが残るものにせよ、消えるものにせよ。

ミニマリストの持たない暮らし

さて、結局スペイン土産はチョコレートとお菓子類、そしていつものように現地から絵葉書を出すだけに留めた私。

オリーブもアンチョビも食べつけない両親への手土産は潔く東京駅で調達し、無事に喜ばせることに成功したのでした。

関連 品川名物「貝づくし」はかなり危険な駅弁だった。

まあどちらかというとこれに食いついたのは酒飲みの父のほうだったけどね。

 




関連記事

spainfood25

シンプルライフの成れの果て。

普段は朝と夜の1日2食体制を基本としていますが、誰かと一緒にとか、打ち合わせを兼ねて、なんて

記事を読む

filecase

散らかった部屋に隠された真実。

仕事の書類整理と保管方法を変えたいと考えていました。 関連 ごっそり捨てて、お金まわり

記事を読む

minatoku5

将来が不安で仕方がない。

数ヶ月前にこれまでとは全くの異業種に転職した友人のことをふと思い出し、週末に近況お伺いのメッ

記事を読む

By: Luigi Torreggiani

今日捨てたもの 9/28 洋服にも思い出は宿る。

By: Luigi Torreggiani[/caption] あれ、捨てたんだっけどうだっ

記事を読む

手湿疹ケア1ヶ月

指先がパックリ割れる季節になりました。

乾燥! いやー、こうもいきなり寒くなるとかないませんな。乾いた女には厳しい季節がヒタヒ

記事を読む

マキシワンピコーデ

思考停止ワンパターンワンピースはおしゃれじゃない・夏。

ちょろっと歩くだけでも汗だくになる季節がやってまいりました。 わたくし、あまり汗をかか

記事を読む

手湿疹ケア1ヶ月

トラブル肌のシンプルケア、例の不正入手問題で考えた。

今年は大きなトラブルもなく逃げ切れそうです。 関連 肌トラブルの原因を探る皮膚科で受け

記事を読む

flag.min

「365日のシンプルライフ」を観た。(ネタバレなし)

先日取り上げた映画「365日のシンプルライフ」を観てきました。 >>参考

記事を読む

By: Anthony Easton

70歳のライフプランシート。

By: Anthony Easton[/caption] 月曜日にふと気がついて検索してみた

記事を読む

snow

持たない暮らし、毛布のない家。

氷点下氷点下〜。 思わず口ずさんでしまうここ数日。もちろん、島倉千代子風に。明日も氷点

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

1905kakegawa_51
都田駅は「浜松の北欧」日本散歩・静岡県

静岡県のローカル鉄道、天竜浜名湖線散歩の続きです。 天竜

目玉焼き丼献立
休肝日ごはん 目玉焼き丼、にんじん葉のナムル献立。

炊きたてのごはんをどんぶりによそって、上手に焼いた目玉焼きをの

suginami_67
愚痴を聞くために呼び出される。

愚痴を聞いて下さい。 あまりにもあからさまなその要望に、

むね肉のにらだれ
むね肉のにらだれ、キャベツと卵のニョクマム和え献立。

鶏むね肉をいつものように蒸し鶏にして食べるつもりで帰宅。

1905kakegawa_29
天竜浜名湖鉄道に大興奮 日本散歩・静岡県

静岡県で天竜浜名湖線に乗ってきました。 静岡といえば、昨年の

→もっと見る

PAGE TOP ↑