服を減らして旅から手ぶらで戻るには。

smb1709_2

旅の荷物を減らすポイントは洋服類と化粧品類。この2点に全てがかかっていると言ってもいいでしょう。

今回の旅鞄は大きめのショルダーでした。

秋・2週間の旅の荷物 ナイロントートひとつでまかなえるか。

もう一回り小さいナイロントートでもなんとかなりそうではあったのだけれど、季節の変わり目ゆえ長袖や羽織りものも必要だったので致し方なし。

鞄ひとつの旅で活躍したもの

150927lg

化粧品類に関してはずいぶん前からシンプル化に成功しております。メイクは元々技術不足でアレだったのですが、スキンケアを絞りに絞れたのはヘパソフトのおかげ。現在も肌の調子は高め安定で推移しています。

ヘパソフトとヒルドイドローション、比べてみたら全く違う。

さらに今回はクレンジングミルクを外して固形石鹸でクレンジングも済ませたのでさらなる軽量化に成功。クレンジングミルクごときでは大して減量にはなりませんが、こういう手もアリなのねという発見はありました。

そして、服。

今回の目的は両親のご機嫌伺いと徳島へのバス旅というお気楽なものであったので、フォーマルな装いは必要なしと判断、潔くラフ&カジュアル路線に舵を切りました。基本はデニム、デニム大活躍の巻。靴はスニーカーでした。

身軽な旅行。靴は何足、何をどう選ぶのか。

靴ってのは形状からして持ち運びが厄介なものですからね。もしかしたら服以上に旅の荷物の大きさを左右する要因かもしれません。

服を減らして旅から手ぶらで戻るには

skirt2

旅の服について書こうと思っていた時にちょうどairClosetの「手ぶら旅キャンペーン」なるものを目にしてへえ、と思う。

スタイリストが選んだお洋服が届くairClosetと、快適な旅をお届けするANAがコラボレーション!届いたお洋服で旅を楽しんだあとは、旅先から返却すれば帰りのお荷物が減り楽ちん!秋の行楽シーズンは、airClosetで手ぶら旅をお楽しみください。

内容としてはレンタルした洋服を旅先から返却できるから、帰りは空いたスペースにお土産詰めて帰れるよ的なごくシンプルなものなんだけど、なるほどなあと思う。

何がなるほどってあなた、ファッションレンタルサービスとANAがコラボしちゃうってことですよ。そうか、旅先での荷物を減らす為のレンタルという潜在需要もあるんだねと。

ファッションレンタル系は走りの頃からずっと注目しているものの、私にはどうも内容がコンサバティブすぎる気配がして未だ手出ししておりません。しかし、業態としては面白いと思う。洋服を買わずしていろいろ楽しめる点はもちろん、一般人がプロスタイリストをシェアできるという発想が楽しいじゃないですか。

40代はどこで服を買えばいいのか問題。

そしてこのキャンペーンで、何もファッションレンタルに限らず、国内旅行であれば荷物を送ってしまうという方法は当然アリだよなと思い出す。その昔、仕事の関係で1週間単位で国内を移動していた頃は、なんでもかんでも送りまくってたわ。忘れてた。

しかしながらそれは職場に毎日集荷に来てもらえて、自分がいなくても誰かに受け渡しを頼めるからできたことではあるし、荷物の為に時間合わせたり家で待ったりするのが面倒に感じてしまう今となっては、スーツケースの空港宅配サービスすら使ったことがない。勝手に失くなったことはあるけど。

フィリピン航空(PAL)で行くセブ島、ロストバゲージを体験。

結局、今の自分に適切な荷物の量は「持てる程度の最小限」ということになんでしょう。

 




関連記事

大人のシンプルコーディネイト。一番活躍したアイテムは何だ?

By: Jose Losada[/caption] 暑さが盛り返しても空はすっかり秋のそれ。

記事を読む

夏のサンダル、初ギョサンの条件。

夏ですね。ギョサンの季節がやって参りました(1年ぶり5回目)。 ギョサンの季節になりま

記事を読む

12月 1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの ’15

By: LASZLO ILYES[/caption] 現在スーツケースを持ってうろうろと移動

記事を読む

今年中に捨てたいもの 先延ばし常習犯の高等技術。

今年も残すところわずか1ヶ月となり、年内に片付けておきたいことを考え始める。 まずは物

記事を読む

燻製ポテトサラダ

干しキャベツの黒酢炒め、燻製ポテトサラダ献立。

只今絶賛禁酒中の身ではありますが、写真がたまっているので引き続き晩酌献立を記録しておきます

記事を読む

コツコツ貯めるか、さっさと使うか。

近所の八百屋とか居酒屋だとかの個人店舗は例外として、基本的に買い物の支払いはクレジットカード

記事を読む

オークション代行でトラブルに遭って考えた。

By: Andy Arthur[/caption] 手放したものの中でまだ使える、新しいもの

記事を読む

携帯電話を止めたのが一番よかったことかもしれない。

By: eyeliam[/caption] 昨年はいろんなモノを捨てたり、処分したり、手放し

記事を読む

少ない服で事足りる地味で孤独な引きこもり生活。

Vネックのニットの上から、まだライナーを取り付ける前のコートを羽織る。秋ですね。 男性

記事を読む

旅の荷物が少ないことのもうひとつの利点。

By: The Library of Virginia[/caption] 放浪癖があるので

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑