増やしたくない、灯りが怖い、寝落ちしたい。

公開日: : 最終更新日:2017/04/05 やりたいことほしいもの, ミニマルライフ

NY ホテルエジソン窓からの景色

ベッドに入ってから寝付くまでの間、ついつい手に取ってしまうスマホ。

就寝前にブルーライトをビシバシ浴びるなんてあまりいい習慣とは言えません。さらに寝ている間にあれこれ考える癖がついてしまっているのもお休み前のひとときの影響では、と考える。

関連 スマホがベッドにある弊害。

できれば、寝る前にはスマホを見たくない。よって早急に対策します、と言いつつもしていなかった件について。

気持ちよく寝落ちするのに最適なアイテム

manybooks

対策します、と書いた時点では部屋の照明用リモコンを導入すると決めていました。

現在寝室の照明は壁のスイッチでON/OFFするタイプ。よって、寝るときにはベッドを置いてある窓際とは反対側の壁まで移動してスイッチを操作する必要があるのです。

ちっちゃなことですが、これが面倒で。なぜなら私、寝る前にベッドで本を読みながらそのまま寝落ちするのが好きなのです。

ああもうちょっと読みたいな、でも眠気が来たぞ、ああ読もうか寝ようか、とか考えているあの気持ち良さ。けれど、よし寝るか、となったときにわざわざベッドから出てスイッチ操作をすると目が冴えちゃってうっかりスマホに手が伸びてしまう。

紙の本で寝落ちするのとスマホでのそれはなんだか違う。やっぱり寝る前の読書は紙にするかなと思ったのです。

で、これを導入しようと。

 

工具いらずで簡単にペンダントライトがリモコン操作可能になる優れもの。実はこれ、20年以上前にまだ実家で暮らしていた頃に愛用していたアイテムなのです。リモコンのデザインも全く一緒。とんだロングセラー商品なのですね。

リモコンが小さいからうっかり見失ってしまいがちなのがたまにキズだったけれど、今ある照明器具は取り替えずに済むのは嬉しい。しっかりしたブックライトやフロアライト、熱くなるクリップランプみたいなものをベッド周りに置くのはどうしても怖い私が寝落ちするにはちょうどよさすぎる代物なのです。

まああの頃はまだスマホもなかったしね。

あらあら懐かしいわあ、やっぱりこれよね、と発注しかけていやまてよ、と。もう少し踏み込んで入眠の儀式を考えたほうよくないか、と。

いつものアイテムでもしもに備える

蛍光灯の白い灯りが苦手なので部屋の照明は電球色でやや暗めにしています。よって元々落ち着いた室内ではあるのだけれど、寝る前はもう一段暗く落してよし寝るぞ感を体に知らしめるほうが深い眠りにつけそうな。

でもしっかりした読書灯を枕元に置くのは怖いし、ものはあんまり増やしたくないし、本につける携帯ブックライトみたいなのも気分じゃないしなあ。とあれこれ探していると、今は充電式のLEDライトみたいなのがいっぱいあるんですね。

LEDは熱くならないので安心。そして充電式なら好きな場所に移動させられるから枕元に常駐させる必要なし。さらに万が一の時の灯りとしても使えるなと。

関連 持たない暮らしともしもの備え。災害時の備蓄を考える。

緊急時用の懐中電灯は住居に設置されているのだけれど、小まめにチェックしていなければいざという場面で電池切れ、なんてことも起こりうる。わざわざ点検を必要とするような専用品じゃなく、日常的に使うアイテムがもしもの時にも役立つってのはなかなかいいじゃないか。

そう考えて結局小型のLEDテーブルランプを購入しました。

サクラ満開に邪魔されて

table-lamp

毎度のことだけど、いやあー決めるまで時間かかった。

USB充電可能なLEDライトという条件で探すと同じような商品がいろんな価格でいろんなところから販売されているんですよ。おそらくOEM製品なんでしょうな。

中にはライトとスピーカーが一体型になっているものもあって、おおこれなら睡眠導入BGMを流しながらいい感じの明るさで本読んで寝落ちできるじゃないか、うっとり。なんて考えたのだけど、別にそれは今もスマホやパソコンでやってることなんだから重要じゃないわ、などとまた必要のないお得情報に惑わされていることに気づいたり。

関連 花火は毎日上がらない。

さらにはレビューが怪しげな日本語によりサクラ満開咲き誇れ状態でかなりげんなり。そうこうしているうちに探すのが面倒になって放置、結局スマホを見ちゃうを繰り返した日々でした。

あまりのサクラっぷりにどれだけ酷いものが届くのかとビビりまくっていたけれど、なんだ、全然普通じゃないか。ちょっと拍子抜け。いや、返品しないで済んだのはよかったんだけど。

ミニマリストの持たない暮らし

まだ届いたばかりで使い勝手の程はこれからお手並み拝見といったところですが、心置きなく読書寝落ちが楽しめそうで嬉しい。早速今夜から活躍してもらうこととします。

まあ今紙で読んでるのは「呑めば、都」なんですけど。あんまり睡眠向けの内容でもありませんわね。

 




関連記事

ツイードジャケットコーデ

着るものがない、を抜け出すために 春に向けて買ったもの。

春に向けて何をどう着ようかなと考え始めています。 と言っても、何を買おうかな、ではなく、今ある

記事を読む

“BRAND COLLECT” にブランドアイテム買取を依頼してみた。

先日ZOZOとBrandearで買い取ってもらえなかったアイテムが返送されました。 >&g

記事を読む

フられてバンザイ。

お盆時期の電車は空いているのでは、と思っていたけれど、普段と大きく変わらぬ通常モード。いつも

記事を読む

ブログ書籍化の経緯、本当のテーマは何だ。

当ブログ、カリッとした毎日。がきっかけとなり、この度1冊の本が出来上がりました。 関連

記事を読む

思考停止ワンパターンコーデはおしゃれじゃない。

使わないものはありませんでした、が理想的だなあと常々思っております。 関連 旅の荷物を

記事を読む

毎日ひとつづつ捨てるという試み。

今日で7月も終わりですかー。 今月は新居での生活にも慣れ、新しい生活のペースを確立した

記事を読む

仕事も、人生も。「常識からはみ出す生き方」。

年末から暫く、頭の中が騒がしい気がしています。 その理由はあれこれやりたいことがあるお

記事を読む

臭くないバブーシュ

ルームシューズの寿命、臭い。

底が抜けました。 いえね、数日前からルームシュースのヘタリ感には気づいておったのですが

記事を読む

最小限の旅ファッション、問題はいつだって靴だった。

旅の荷物について考えています。 また旅行かよ!といい加減言われそうですが。 関連 旅人への道。

記事を読む

後悔しない生き方なんて。

免許の更新のため、最寄りの警察署に出かける途中で、そういや東京で免許の更新をするのは初めてだ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよ

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。
サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assada

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージ

未来はいつでも不確定、やりたいことが出てこない。

1月末か、2月初めには例の儀式をやるつもりだったんです。実は

→もっと見る

PAGE TOP ↑