増やしたくない、灯りが怖い、寝落ちしたい。

公開日: : 最終更新日:2017/04/05 やりたいことほしいもの, ミニマルライフ

NY ホテルエジソン窓からの景色

ベッドに入ってから寝付くまでの間、ついつい手に取ってしまうスマホ。

就寝前にブルーライトをビシバシ浴びるなんてあまりいい習慣とは言えません。さらに寝ている間にあれこれ考える癖がついてしまっているのもお休み前のひとときの影響では、と考える。

関連 スマホがベッドにある弊害。

できれば、寝る前にはスマホを見たくない。よって早急に対策します、と言いつつもしていなかった件について。

気持ちよく寝落ちするのに最適なアイテム

manybooks

対策します、と書いた時点では部屋の照明用リモコンを導入すると決めていました。

現在寝室の照明は壁のスイッチでON/OFFするタイプ。よって、寝るときにはベッドを置いてある窓際とは反対側の壁まで移動してスイッチを操作する必要があるのです。

ちっちゃなことですが、これが面倒で。なぜなら私、寝る前にベッドで本を読みながらそのまま寝落ちするのが好きなのです。

ああもうちょっと読みたいな、でも眠気が来たぞ、ああ読もうか寝ようか、とか考えているあの気持ち良さ。けれど、よし寝るか、となったときにわざわざベッドから出てスイッチ操作をすると目が冴えちゃってうっかりスマホに手が伸びてしまう。

紙の本で寝落ちするのとスマホでのそれはなんだか違う。やっぱり寝る前の読書は紙にするかなと思ったのです。

で、これを導入しようと。

 

工具いらずで簡単にペンダントライトがリモコン操作可能になる優れもの。実はこれ、20年以上前にまだ実家で暮らしていた頃に愛用していたアイテムなのです。リモコンのデザインも全く一緒。とんだロングセラー商品なのですね。

リモコンが小さいからうっかり見失ってしまいがちなのがたまにキズだったけれど、今ある照明器具は取り替えずに済むのは嬉しい。しっかりしたブックライトやフロアライト、熱くなるクリップランプみたいなものをベッド周りに置くのはどうしても怖い私が寝落ちするにはちょうどよさすぎる代物なのです。

まああの頃はまだスマホもなかったしね。

あらあら懐かしいわあ、やっぱりこれよね、と発注しかけていやまてよ、と。もう少し踏み込んで入眠の儀式を考えたほうよくないか、と。

いつものアイテムでもしもに備える

蛍光灯の白い灯りが苦手なので部屋の照明は電球色でやや暗めにしています。よって元々落ち着いた室内ではあるのだけれど、寝る前はもう一段暗く落してよし寝るぞ感を体に知らしめるほうが深い眠りにつけそうな。

でもしっかりした読書灯を枕元に置くのは怖いし、ものはあんまり増やしたくないし、本につける携帯ブックライトみたいなのも気分じゃないしなあ。とあれこれ探していると、今は充電式のLEDライトみたいなのがいっぱいあるんですね。

LEDは熱くならないので安心。そして充電式なら好きな場所に移動させられるから枕元に常駐させる必要なし。さらに万が一の時の灯りとしても使えるなと。

関連 持たない暮らしともしもの備え。災害時の備蓄を考える。

緊急時用の懐中電灯は住居に設置されているのだけれど、小まめにチェックしていなければいざという場面で電池切れ、なんてことも起こりうる。わざわざ点検を必要とするような専用品じゃなく、日常的に使うアイテムがもしもの時にも役立つってのはなかなかいいじゃないか。

そう考えて結局小型のLEDテーブルランプを購入しました。

サクラ満開に邪魔されて

table-lamp

毎度のことだけど、いやあー決めるまで時間かかった。

USB充電可能なLEDライトという条件で探すと同じような商品がいろんな価格でいろんなところから販売されているんですよ。おそらくOEM製品なんでしょうな。

中にはライトとスピーカーが一体型になっているものもあって、おおこれなら睡眠導入BGMを流しながらいい感じの明るさで本読んで寝落ちできるじゃないか、うっとり。なんて考えたのだけど、別にそれは今もスマホやパソコンでやってることなんだから重要じゃないわ、などとまた必要のないお得情報に惑わされていることに気づいたり。

関連 花火は毎日上がらない。

さらにはレビューが怪しげな日本語によりサクラ満開咲き誇れ状態でかなりげんなり。そうこうしているうちに探すのが面倒になって放置、結局スマホを見ちゃうを繰り返した日々でした。

あまりのサクラっぷりにどれだけ酷いものが届くのかとビビりまくっていたけれど、なんだ、全然普通じゃないか。ちょっと拍子抜け。いや、返品しないで済んだのはよかったんだけど。

ミニマリストの持たない暮らし

まだ届いたばかりで使い勝手の程はこれからお手並み拝見といったところですが、心置きなく読書寝落ちが楽しめそうで嬉しい。早速今夜から活躍してもらうこととします。

まあ今紙で読んでるのは「呑めば、都」なんですけど。あんまり睡眠向けの内容でもありませんわね。

 




関連記事

東京タワーノッポン

話し方教室に行きたい。

話し方教室。 その名称はなぜだか慣れ親しんだもののように思えるのだけれど、自ら門戸を叩

記事を読む

手持ちの服で乗り切るオフィスカジュアル。

ふざけた、もしくはだらしない、いや、カジュアルすぎる服しか持ち合わせがないデタラメな人間が、

記事を読む

リストは心を導く道具。ドミニック・ローホー「ゆたかな人生が始まるシンプルリスト」

夕方の雷、凄かったですねえ。 そういや夏の夕方の雷雨を部屋から眺めるの好きだったなあ、

記事を読む

いつもの服でつくるこなれた感じのコーディネイト。

By: francois karm[/caption] 今回の旅は旅用の新しいアイテムを増や

記事を読む

散らかった部屋に隠された真実。

仕事の書類整理と保管方法を変えたいと考えていました。 関連 ごっそり捨てて、お金まわり

記事を読む

リ・ファウンデーション 買取額が確定した。

昨日、香水とサンダルのオンライン査定を依頼していたリ・ファウンデーションに現物を送付しました

記事を読む

2019年、買ってよかったものベスト3。

年明けには前年の買い物を振り返り「1年間で買ってよかったものベスト3」を選定しています。

記事を読む

見習うべきは、ていねいな暮らしなんかじゃない。

「ていねいな暮らし」なる表現がものすごく苦手なのは、自分がその対極に位置する人間だからという

記事を読む

しなかった、できなかったことで得たもの。

たとえ襟足を刈り上げたとしても、3ヶ月も経過すれば結べる長さになる。つまり、失敗しても時が必

記事を読む

減らす技術で、もっと小さく価値あることを。

30代の頃はよく、仕事の効率化や時間管理術の本を読んでいました。 仕事はもちろん、人生のあ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

さよならマエストロ。

エンニオ・モリコーネが亡くなった。91歳だった。なんだかんだ

価格大暴落にうろたえてメルカリ。

今更ですが、先日メルカリデビューしてみました。大昔はオークシ

50がらみの誕生日はうれしいか。

By: Will Clayton お誕生日おめでとうございます

今年後半の運勢を占う。選択肢は、案外多い。

奥さん、7月です。 6月は一丁前に忙しぶってほとんどブログに手出し

今治タオルトゥシェ フェイスタオル
仕事と風呂の類似点。

推しを求めて旅に出ていた、のではなく、普通に仕事をしていまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑