AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gが届いた。

公開日: : 最終更新日:2016/02/03 やりたいことほしいもの, ミニマルライフ

package

昨日注文したレンズAF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gが今朝届きました。早い!

>>参考
Nikon D40が点検から戻ってきた。

compare

比べ方が悪いのでこの写真ではちょっとわかりにくいですが、もともと使っていたレンズよりこのAF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gは一回り小さいくて、軽いです。D40自体が小ぶりで軽量なカメラ。あまりごついレンズだとバランスが悪いのでちょうどいいサイズ感かも。

NikonD40にAF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G

setting

さっそくセットしてみると、うん!いい感じ。
小ささもD40の魅力のひとつですが、さらにコンパクトに収まりました。

今このタイミングで旧レンズが故障してしまったのも、このレンズにピンときたのも、なんだかすごくいい巡り合わせのような気がします。

ええ、何でもいいように考えるのは特技のひとつです。

 

絶妙のタイミングでやってきた、小さなレンズ

本体を買い換えることも考えて何度か店頭で最新機種をあれこれ試してもみたのですが、性能のよさはさすが!と感じるもののどうもしっくり来ず、画質の派手さにもなじめませんでした。

もしも本体が故障していたらどうしただろうと想像してみると、新しいカメラを買うのには戸惑いがあったかもしれないと思います。なぜなら今回、レンズのこともあって改めてこのカメラについてあれこれ調べたり考えたりしてみたら、自分にやっぱりぴったりくるカメラだよなあと感じたからです。

使いこなせないような多彩な機能は搭載されていない上に600万画素という数値的に最新機種と比べてかなり見劣りするD40。でもやっぱりこの気軽に持ち出せるサイズ感と仕上がりに愛着があります。次々とリリースされる新製品に目移りせずに気に入ったものと長く付き合いたい。そんな私にちょうどいいカメラのような気がするのです。

新しいレンズをセットして久しぶりにシャッターを切ってみると、このカメラを購入した頃の新鮮な気持ちが一気に蘇りました。

一度は別れを覚悟した大事なカメラ。
これからはメンテナンスも怠らず、できるだけこのコンビを長く使っていきたいと思います。

※追記 このレンズで撮った写真を掲載しています

関連 チェンマイナイトマーケット。人気のお土産は?

関連 モアルボアルのレストラン。モアルボアル滞在記録

関連 バルセロナからマドリードへAVEで列車移動してみた。

 




関連記事

収納がない部屋だからできる 地球家族ごっこ。

ようやく音楽CDのデータ化にも着手(まだ終わってないけど)し、順調にモノが減っています。

記事を読む

スマートフォンのない生活 ’18。

スマホ代わりに愛用中のiPod touchがそろそろヤバそうなので、買い替えを検討。

記事を読む

部屋を片付けるだけのぜいたくで孤独な休暇。

2019年は、ベトナムで寝台列車に揺られていた。ホーチミンからニャチャンまで、寝台列車で移動する。さ

記事を読む

RICHO caplio GX100

旅の荷物軽量化計画、コンパクトカメラの行方。

先日修理に出していたコンパクトデジカメが戻ってきました。 関連 手放すか否か。今、運命

記事を読む

買わない日々を経て、おっかなびっくり前進中。

By: momo[/caption] 7月は何かと物入りでした。 何事もいつまでもぐず

記事を読む

よその子を勝手に可哀想がるの謎。

By: Joel Kramer[/caption] 子供の頃、変身もののアニメをよく見ていま

記事を読む

最小限の旅の持ち物。長期旅行のスキンケア。

By: Tara Angkor Hotel[/caption] 日本を出て約1ヶ月が経過しま

記事を読む

今日捨てたもの 8/19 一人暮らしのタッパー適正数。

8月は毎日何かひとつづつ手放す月間と決め、毎日実行しています。 月半ばあたりには捨てる

記事を読む

年間通してこれ1枚でやりくりしている。

ぽっかりと口を開けて空を見上げたくなるほどにいい天気だったので、久しぶりに丸洗いしてやりまし

記事を読む

白シャツ一枚 装いプレイの可能性。

極端な話、仕事がらみの旅行じゃなければ洋服なんてラクなものが一番だし、枚数だって少なくていい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

白髪用カラートリートメント、2年愛用してもやっぱり不満

白髪ケアのためのカラートリートメントジプシー状態を脱却してか

ごぼうのひき肉炒め
ごぼうとひき肉の甘辛煮、菜の花の柚子味噌和え献立。

半世紀近く生きていれば調理機会も自動的に多くなるもの。自分一

自力で治療した手湿疹、次の一手は。

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど

豚ロースの柚子味噌焼き
豚ロースの柚子味噌焼き、もずく温やっこ献立。

ここのところ、日々の晩酌にゆずを多用していますねえ。鳥豆腐、

女は40から!とは、全然思えない。

テレビを持っていないので、しばらくは全く見ていなかったドラマ

→もっと見る

PAGE TOP ↑