40代、ヒールを長く楽しむための歩き方。

公開日: : 最終更新日:2016/03/22 ファッション




今日は久しぶりにヒールのあるパンプスで出かけました。

ヒールのある靴が大好きなので以前は毎日のように7cm~10cmヒールを履いていましたが、さすがにここ数年は毎日とはいかなくなりました。

おまけに元々腰痛持ち。

参考 腰痛緩和の簡単ストレッチを日課にしたい。

ヒールを履くのに適したコンディションではないのですが、やっぱりたまに履きたくなります。

カジュアルスタイルでも、靴を変えれば気分が変わる

今日のコーディネイトは

  • Tシャツ
  • カーディガン(肩かけ)
  • ボーイフレンドデニム
  • エナメルパンプス
  • 中折れ帽

という極々カジュアルなスタイル。サンダルでもスニーカーでも対応できそうな組み合わせですが、足もとをヒールのあるパンプスにするだけでシャキッと背筋が伸びるような感覚があります。

先日女性にヒールの着用を強要するような社会はおかしい、という記事を書きましたが。

参考 ビジネスファッション「女性はヒールが常識」ってホント?

自分が好き好んで履く場合、ヒールはやっぱりよいものです。なんだか気持ちが引き締まる。

ヒールを長く楽しむための歩き方

さて、昔はあまり深く考えずにヒールを履いていましたが、毎日は無理としても今後も細く長くヒールを楽しむために、これからは「正しい歩き方」を意識しようと思います。

参考 ハイヒールと腰痛の関係。痛みを軽くする対策教えます。(あかり整体院)

ハイヒールを履いているときはできるだけ腰を「前に」と意識するのです。お尻をグッと前に突き出すように歩きます。この状態のほうが自然のカラダの構造に近くなりますし「姿勢」も美しくなります。

ヒール自体不自然な履き物であることは間違いない。だからこそ、できるだけ体に負担をかけない正しい姿勢を意識することが大切なんですね。

美しい姿勢=身体に負担をかけない姿勢、とは、いやはや人間の身体ってよく出来てるわ。

まだヒールに慣れていない若い女性が不器用に歩いている姿はなんだか微笑ましくて可愛らしいですが、初心者の頃から正しい歩き方を身につけておくと後々ラクかも。
と、ヒール歴20年ですっかりベテランになった「つもり」だったのに、今尚身体を気遣った正しい歩き方ができていないと感じる40代は思うのでありました。




関連記事

洋服を捨てる基準とコツ。ルールを決めて洋服を減らす方法。

冷徹な目線で何もかもばっさばっさと捨てているように見えるかもしれませんが、自分が好きな分野の

記事を読む

ミニマリストの部屋着(冬編)

本当は12月に入ってから書こうと思っていたのですが、本日あまりに寒いのでもう冬が来たってことでい

記事を読む

「汚れてもいい普段着」の謎。

By: Luke Ma[/caption]   本気で寒い! というシ

記事を読む

少ない服でも頭を使う必要大ありの秋。

どれだけ服を減らそうと、手持ちの洋服を満遍なく着こなせるはずもなく。 特に秋物ってのは

記事を読む

髪を切ったら洋服も変える 春に頼るアイテムたち。

おじさん化という事実を前向きに考えるとすれば、洋服界隈でしょうか。 色気のないショート

記事を読む

カリッとした毎日。白湯。

足首のある暮らし、もうむくまない足。

越冬話ついでに、最近改めて感じることを。 祝・越冬。寒がりの冬を支えたアイテムたち。

記事を読む

EMILIO PUCCIのボストンバッグで冬支度。

By: Thomas8047[/caption] 去年の今頃は部屋が寒い寒いとのたうち回って

記事を読む

パンプスは40代のコンフォートシューズ。

その後も定期的にヒールのある靴を履いています。 履きたい気持ちはわかるが腰は大丈夫なの

記事を読む

女の朝支度 起きて15分で家を出られるか。

朝、起床してから家を出るまでどれくらいの時間がかかるか。 朝の時間の過ごし方は人それぞ

記事を読む

Ines de la Fressange×UNIQLO をチェックしてきた。

先日から気になっていたユニクロのイネスコラボコレクション。 今日大型店舗の近くを通りかかっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

おばさんのモーニングルーティン。

2週間が経過しました。 2週間でウエストマイナスんcm、お腹ぶよぶよ

生きていくために必要な最低限のものが揃ってさえいれば。

そういうことらしいので、久しぶりに電車に乗る。 早朝の東京は薄曇りで

折り返し地点で山動く。お腹ぶよぶよ大作戦。

すくすくと育った腹回りの肉に退去を迫る2週間、お腹ぶよぶよ大作戦。

もう増やさないルールを破り、新しくカードを作った理由。

ポイントカードやメンバーズカード、そしてクレジットカードはもう増やさ

ニャチャンでネムノンを食べる
戻したてのライスペーパーで手巻き。

昨年のベトナム旅行で仕入れたライスペーパーを使いこなせる気がせず、約

→もっと見る

PAGE TOP ↑