5年以上前に買った服がよれよれになっていない理由。

公開日: : 最終更新日:2015/09/23 ファッション




cakesでパーソナルスタイリストの大山旬さんという方の連載が始まっていました。

参考 必要なのはセンスではなく「技術」です(cakes)
※会員登録が必要なサイトです。

このタイトル、既読感があるなあなんだっけ?と考えてみたら、アレだ。某男性ファッション誌のキャッチだ。

さてこの連載、ベーシックアイテムで作る清潔感のある着こなしについて語られていくようですが、パーソナルスタイリストによるファッションに関する連載がcakes内のランキングで1位になっているのがちょっと意外。

ファッションで悩む人ってやはり多いのでしょうか。

5年以上前に買ったよれよれの服を着ている

さて、最近JACK HENRYのカットソーをよく着ています。

何の変哲もない長袖クルーネックなのですが、肌触りの気持ちよさと程よいストレッチによる腕まくりのしやすさ、ラインの美しさがお気に入り。

「お気に入り」とか言ってますが、これ、かれこれ8年くらい前に購入したもの。最初に黒を購入して気に入ったのですぐにカーキも買い足したので色違いで2枚所有しています。

大山氏の連載にイマイチな服装の例として

「5年以上前に買ったよれよれの服を着ている」

が挙げられていました。

氏のスタイリングではいくら気に入っていても、ベーシックなものであっても、時が経てばどうしても古さを感じてしまうので5年以上前に購入した服は手放しましょう、というルールがあるそう。

確かに一理あるなあとは思うものの、ものによっては10年着られるものもあるし、などと読み進めていて、あれ、このカットソーもだけど、そもそも私のお気に入りの服はなぜ5年経っても「よれよれ」にならないんだろうか?と考えました。

質がいいから、縫製がしっかりしているから。
確かにそれもあるかも知れませんが、もっと重要なことがありました。

着てないんだ。

お気に入りを活用できない理由

140826lg

気に入っているけど着ない服にはサイズが合わないとか好きなんだけど似合わないとか何かしら活用できない理由があるはず。使えないのなら気に入っていても思い切って処分しましょう― この意見、コーディネイトやワードローブの整え方のコツとしてよく出てきます。

が、件のカットソーは気に入っているしサイズも合うしベーシックなものだから似合う似合わない以前の問題だし、はて、なぜ着なかったのか。

情けないことに、カットソーすら「よそいき」に設定していたんですね。

参考 ファーベストのコーディネイトで考える「よそゆき」のこと。

すごくお気に入りの上質なカットソーを持っているのに着古すのが勿体無くて、似たようなカットソーを別にわざわざ購入して代替にする。わけわからん、と思うけれど考えればずっとそんなことをしてきたように思います。

お気に入りの服は大事にしまい込んで、そうでもない服ばかり活用する。

このカットソーは今でも着られるからいいけれど、そうやって大事に温存して結局旬を逃してしまったが故に手放してしまったものも多いのです。今思えば既に手放したchloeのサンダルも買った当時なら気合で履けてたのに温存し過ぎた。

なんなんでしょうね、これ。貧乏性なんですかね。

毎日よそゆきを着る勇気

毎日部屋でもパーティードレスや着物を着ましょう、というわけではないんです。せっかく持っているんだから、お気に入りの洋服を毎日着ればいいじゃない。

いい加減このもったいぶっていつまでも大事にする妙な癖を手放して、お気に入りの洋服の旬を逃さないようにしようと思います。しまい込むためじゃなくて、着て楽しむために買ったんだもんね。

ところで大山旬氏は本の表紙からしても男性専門のパーソナルスタイリストなのかな?と思ったのですが、そうではないみたい。イマイチな服装の例として「フリルがついているかわいらしい服が好き」というのも挙げておられるので、女性にも役立つヒントがあるかもしれませんね。

※追記 ↓この本チェックしてみました
参考 洋服が好きな人ほど妙なコーディネイトに陥ってしまう悲劇。

 




関連記事

カタチから入る趣味のスタイルに憧れはあるけれど。

私には趣味らしい趣味がありません。 趣味らしい趣味ってなんだって話ですが、なんでしょう

記事を読む

最小限の洋服で身軽におしゃれ、旅の持ち物リスト。

重いものを持つのがとにかくキライな私。旅の荷物はできるだけ少なく、軽く、コンパクトにまとめた

記事を読む

思考停止ワンパターンコーデはおしゃれじゃない。

使わないものはありませんでした、が理想的だなあと常々思っております。 関連 旅の荷物を

記事を読む

洋服を捨てる基準とコツ。ルールを決めて洋服を減らす方法。

冷徹な目線で何もかもばっさばっさと捨てているように見えるかもしれませんが、自分が好きな分野の

記事を読む

EMILIO PUCCIのボストンバッグで冬支度。

By: Thomas8047[/caption] 去年の今頃は部屋が寒い寒いとのたうち回って

記事を読む

女性のビジネスファッション「女はヒールが常識」ってホント?

By: Sam Churchill[/caption] へええ、と思ったのですが。 参考 女の

記事を読む

久しぶりのヒール、流行らないブーツ。

先日、久しぶりにヒールを履きました。ヒールといっても華奢なパンプスの類ではなく、ヒールありの

記事を読む

旅のファッション 荷物を少なくするため洋服は現地調達すべし?

By: 白士 李[/caption] そろそろ旅の準備をしなければ。 なんて言いつつも、旅は好

記事を読む

ミニマリストの部屋着(秋編)

真夏にこんな記事を書いていました。 参考 ミニマリストの部屋着 ここ数日はまた少

記事を読む

カリッとした毎日。白湯。

足首のある暮らし、もうむくまない足。

越冬話ついでに、最近改めて感じることを。 祝・越冬。寒がりの冬を支えたアイテムたち。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

生きていくために必要な最低限のものが揃ってさえいれば。

そういうことらしいので、久しぶりに電車に乗る。 早朝の東京は薄曇りで

折り返し地点で山動く。お腹ぶよぶよ大作戦。

すくすくと育った腹回りの肉に退去を迫る2週間、お腹ぶよぶよ大作戦。

もう増やさないルールを破り、新しくカードを作った理由。

ポイントカードやメンバーズカード、そしてクレジットカードはもう増やさ

ニャチャンでネムノンを食べる
戻したてのライスペーパーで手巻き。

昨年のベトナム旅行で仕入れたライスペーパーを使いこなせる気がせず、約

2週間でウエストマイナスんcm、お腹ぶよぶよ大作戦2020。

「お腹ぶよぶよ大作戦」とは、これからお腹をぶよぶよにするぞという意気

→もっと見る

PAGE TOP ↑